最終更新日:2020/3/19

  • 正社員

はくさん信用金庫

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合

基本情報

本社
石川県
出資金
6億5,600万円
預金高
1,695億円【2019(平成31)年3月実績】
従業員
140名(正職員)
募集人数
若干名
  • 業種 信用金庫・労働金庫・信用組合
  • 本社 石川県
  • 出資金 6億5,600万円
  • 預金高 1,695億円【2019(平成31)年3月実績】
  • 従業員 140名(正職員)
  • 募集人数 若干名

個人・法人問わず「お金」に関するあらゆることを気軽にご相談いただける「信用金庫」です。

新型コロナウイルスへの対応 (2020/03/19更新)

PHOTO

3月に予定していた金庫説明会(座談会形式)は延期させていただきます。
今後の予定は未定ですが、開催が決まりましたらお知らせいたしますので、
まずはエントリーください。

会社紹介記事

PHOTO
温かみある、おだやかな応対が顧客との垣根を取り除く。地域との長い信頼関係を築き上げてきた”ほくしん”ならではのコミュニケーション力だ。
PHOTO
金沢市玉川町の本店のほか、金沢市周辺・白山市・野々市市・小松市に12の店舗を持つ北陸信用金庫。地域に密着し、きめ細やかなサポートで活性化と発展に貢献している。

地域に根づき、活性化をサポート。身近に相談できる頼れる存在に。

PHOTO

就職活動中のみなさんへ「人事担当者の人柄や雰囲気は、社風をイメージできる大きなポイントだと思います」と語る西田さん

出身地金沢への愛着や長男であることから県内での就職を決意。地元を基盤にした企業を調べるうち、信用金庫の理念が「地域の活性化」と知り、とても魅力を感じました。会社訪問する中で最もフランクな印象を受けたのが、当金庫でした。人事担当者の堅苦しくない距離感や親しみやすさが、私が描く信用金庫のイメージにぴったりだったからです。地域のニーズを捉え、貢献する仕事がここでならできると確信することができました。
入庫後、本店営業部に配属され1年目は融資係に。オペレーションなどの補助業務を行いながら、融資に関する知識を学びました。2年目からは渉外担当として、金沢北部エリアの法人・個人のお客様を訪問し、集金・両替のサービスや預金・保険・融資などのご提案を行っています。当初、苦労したのはやはりお客様とのコミュニケーション。訪問するだけでなかなかニーズを引き出すまでには至らなかったのです。何か工夫しなければ、とお客様に合った話題を準備して何度も足を運ぶうちに、次第に”ほくしん”というフィルターを超えて心を開いてお話してくださるように。お客様の目線に立ったご提案をしていくことで、誠意は汲み取っていただけると実感しています。
うれしかったのは、新店舗に関する融資に携われたことです。融資のプロセスで、お客様の笑顔が増え「ありがとう」という言葉を何度もいただきました。店舗が完成したときは自分のことのように感動しましたね。お客様のご要望をサポートできたことはもちろん、「地域の発展」という信用金庫本来の使命を果たせたという充実感がありました。こうしたさまざまな関わりの中で、お客様が当金庫に求める身近さ・親しみやすさが掴めてきましたし、相談中の表情や話し方からニーズを汲み取る力が少しずつついてきたように思います。
今、金融をめぐる情勢は目まぐるしく変化していますし、キャッシュレスの波は巨大なものとなるでしょう。しかし、こんな時期だからこそ信用金庫の役割はますます重要になってくると感じます。お客様の金融知識の情報格差を補ったり、キャッシュレスで広がる金融機関との距離を埋めることができるのは、日頃から身近に接している私たちだと思います。絶えず金融商品やツールなどの専門知識を学び続け、メリットやデメリットを含めて的確にお伝えできる、お客様にとって信頼できる存在でありたいです。<西田 圭佑/本店営業部/2016年入社>

会社データ

プロフィール

当金庫は地域に密着したコミュニティバンクとして、地域社会の発展と繁栄に貢献できる信用金庫を目指しております。

■金庫理念
・健全経営
 信用金庫の使命と公共性にかんがみ、信用を第一とし、健全経営に徹します。
・真心の奉仕
 地域社会の発展とお客さまの繁栄のため真心をもって奉仕します。
・理想の職場
 役職員一体となって明朗で活気に満ちた職場をつくり、 従業員の福利増進を図ります。
・向上発展
 一人ひとりが常に研究努力し、 誇りと自信をもって業績の向上発展に努めます。

事業内容

PHOTO

小松市の町並み景観事業の一環として、小松中央支店の壁面には「歌舞伎の町、小松」の象徴である絵が描かれている。

・預金業務
・貸出業務
・内国為替業務
・附帯業務
・窓口販売業務
・その他の業務
本社郵便番号 920-8674
本社所在地 石川県金沢市玉川町11-18
本社電話番号 076-233-1188
創業 1918(大正7)年8月16日
設立 1971(昭和46)年10月1日
出資金 6億5,600万円
従業員 140名(正職員)
預金高 1,695億円【2019(平成31)年3月実績】
貸出金 1,085億円【2019(平成31)年3月実績】
店舗 金沢市:本店、鳴和支店、新神田支店、金沢西支店
白山市周辺:野々市支店、松任支店、千代野支店、美川支店
小松市:小松中央支店、大川町支店、小松東支店、粟津駅前支店
平均年齢 42.5歳(男性44歳、女性40歳)
沿革
  • 1918年
    • 有限責任松任信用購買組合設立
  • 1924年
    • 有限責任小松庶民信用組合設立
  • 1927年
    • 有限責任美川信用組合設立
  • 1951年
    • 信用金庫法に基づき、松任、小松、美川信用金庫に改組
  • 1971年
    • 石川、小松、美川3金庫合併により、北陸信用金庫に改称
  • 1975年
    • 日本銀行歳入代理店指定
  • 1984年
    • 国債窓口販売業務開始
  • 1986年
    • 外国通貨両替業務開始
  • 2001年
    • テレフォンバンキング、モバイルバンキング、インターネットバンキング業務開始
      スポーツ振興くじ払戻業務開始
      損害保険募集人業務開始
  • 2002年
    • だいしん信用組合事業一部譲り受け(小松、若杉支店)
      生命保険窓販業務開始
      40年にわたる小学生珠算大会の開催に対して、第6回「信用金庫社会貢献賞」特別賞受賞
  • 2003年
    • 個人向け国債窓口販売業務開始
  • 2006年
    • 窓口営業時間を4時まで延長
      しんきんiネットATMサービス開始
  • 2007年
    • しんきん北陸トライネットサービス開始
  • 2011年
    • 「県民エコライフ大作戦」優秀協力団体感謝状を贈呈される
      「いしかわ版里山づくりISO」取得
      「第2回信用金庫保険窓販表彰制度」奨励賞受賞
  • 2012年
    • 「いしかわ男女共同参画推進宣言企業」として認定される
      「いしかわ事業者版環境ISO優良活動企業」として表彰される
  • 2015年
    • 子育てサポート企業として認定される(くるみん認定)
  • 2015年
    • 「第34回 信用金庫PRコンクール(カレンダー部門)」 優秀賞 受賞
  • 2016年
    • 「健康づくり優良企業」として認定される
  • 2017年
    • 元気に働ける職場を目指し「健康企業宣言」を発信する
  • 2019年
    • 子育てサポート企業として認定される(くるみん認定2回目)
平均勤続勤務年数
  • 2018年
    • 21年
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 2名 0名 2名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 2名 0名 2名

採用データ

問い合わせ先

〒920-8674
石川県金沢市玉川町11-18
総務部 人事担当 行松、森
TEL:076-233-1188(代)
URL http://www.hokurikushinkin.co.jp/
E-mail jinji@hokurikushinkin.co.jp
交通機関 JR金沢駅より徒歩約10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp82543/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
はくさん信用金庫と業種や本社が同じ企業を探す。

はくさん信用金庫を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ