最終更新日:2020/5/31

  • 正社員

(株)埼玉種畜牧場【サイボクハム】

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 農林・水産
  • 食品
  • 専門店(食品・日用品)
  • 外食・レストラン
  • レジャーサービス

基本情報

本社
埼玉県
資本金
9,200万円
売上高
62億円(2019年3月実績)
従業員
580名
募集人数
6~10名
  • 業種 農林・水産、食品、専門店(食品・日用品)、外食・レストラン、レジャーサービス
  • 本社 埼玉県
  • 資本金 9,200万円
  • 売上高 62億円(2019年3月実績)
  • 従業員 580名
  • 募集人数 6~10名

牧場、工場、店舗のすべてを自社で行う完全一貫経営。自社牧場のブランド豚を使用したハム・ソーセージを扱っている企業です。

【新型コロナウィルスへの対応】採用担当者からの伝言板 (2020/05/31更新)

PHOTO

【選考活動の中止について】
2021年度入社の新卒採用募集を中止することに決定いたしました。
これまでの間、選考再開の可否について慎重に検討してまいりましたが、新型コロナウイルスの影響は非常に大きく、長期化することも予想されるため、中止することとなりました。
皆様にはご迷惑をお掛けすることになり大変心苦しく思いますが、何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

会社紹介記事

PHOTO
自社の牧場で飼育された豚を精肉・製造・加工し販売まで行っております。社内一貫体制だからこそ安心安全に徹し、かつ新鮮で美味しい商品を提供することができます。
PHOTO
豚を育てるための飼料や水におけるまで、原材料はすべて自社管理。独自工程で作られる商品の美味しさは、由緒あるヨーロッパの国際コンテストでも高い評価を得ています。

チャレンジを応援してくれる社風の中で、のびのびと個性を伸ばしてください。

PHOTO

「自分が面白いだろうなと思えた企画はどんどんチャレンジさせてくれる気風の会社です。これからもより広く食べることの楽しさを伝えていきたいですね」(玉木さん)

サイボクの魅力は商品力です。現代は食の安全性が重視されている時代、味も品質も心から自信を持って販売できる商品を手掛けられるのは、仕事をする上でも大きな魅力です。

もう一つの魅力は、広い敷地内にハム・ソーセージ工場、ミートショップ、レストラン、地場野菜の直売所に温泉施設とさまざまな施設があり、イベントやお祭りが行われている“楽しさ”ではないでしょうか。大人から子供まで楽しめるテーマパークで、美味しいお料理を味わい、心も体も楽しんでリフレッシュして、トータルで健康になっていただきたいという思いが込められています。私たち従業員も、毎日楽しいことが起こりそうなワクワクする雰囲気の中で働いています。

私は、入社1年目は精肉売場で対面販売を担当し、お肉の部位の特徴やお料理方法を学びました。同じ部位でも場所によって味に違いがあるなど、知識や経験は現在の企画広報課の業務に生かされていると思います。昨年にはゼロから立ちあげた「部位セミナー」などの企画が実現し、お客様から好評をいただき自信を得る大きな経験となりました。また、企画広報課は社内のよろず屋的存在なので、販売促進支援、広報活動、お客様への施設内ガイド、手作りウインナー教室、商品の魅力を伝えるためのイベント企画・運営などなど色々な業務を行っています。こうした多岐に渡る業務がこなせるのも、お肉の知識をしっかりと身につけたからです。仕事を通じて商品の魅力を伝えられた時には大きなやりがいを感じます。

当社には社員一人ひとりの個性をしっかりと見て伸ばす社風があります。適材適所の道を示してくれる上司や先輩たちは頼もしい存在です。本気で相談すれば、力強く背中を押してくれるので、新たな企画にも自信を持ってトライすることもできます。私もまた今年度には採用担当への異動という大きなチャレンジが待ち受けています。ただ、食の美味しさ楽しさをお伝えするという意味では、これまでと変わらないと思っていますので、経験を活かしながら楽しんで業務に取り組んでいきたいと考えています。当社には個性的な社員がたくさんいます。そうした人たちと一緒に、今以上にもっと面白いことをやってくれるような若い人たちを迎え、共に働けることを楽しみにしています。

(玉木明日香さん 総務部 総務課 2011年入社)

会社データ

プロフィール

埼玉種畜牧場(サイボク)は、1946(昭和21)年に創業、種豚の育種改良を中心とする牧場としてスタートしました。現在では、種豚・肉豚生産の畜産部門、自社牧場産の原料肉を使ったハム・ソーセージの加工部門、パン製造部門、精肉及び加工製品の直売を行うミートショップ・直営店での販売部門、レストラン部門を持つ完全一貫経営を展開するに至りました。また、自社牧場の堆肥を有効活用することで、地域の農家と提携し、地場野菜の直売も行っています。
敷地内では、日本温泉協会より最高ランクの評価を受ける天然温泉施設「花鳥風月 」の運営も行っています。
当社は、保存料や着色料を使わない安全で新鮮な食品の提供のほか、緑豊かな環境の中、温泉施設を備え、お客様へ心と身体の「豊かな暮らし」を提案しております。サイボク製品は、本場ヨーロッパのDLG(ドイツ農業協会)主催、国際食品品質競技会で、ハム・ソーセージ、調理食品部門で数々の金メダルを獲得するなど、世界的にも高い評価を得ています。

事業内容

PHOTO

1.自社牧場での種豚育種改良、肉豚生産
2.精肉、ハム・ソーセージ、パン製造販売、加工品及び食品販売
3.地元野菜の直売所
4.カフェテリア、レストランサイボクの運営
5.天然温泉「花鳥風月」の運営
本社郵便番号 350-1221
本社所在地 埼玉県日高市下大谷沢546番地
本社電話番号 042-989-2221
創業 1946(昭和21)年
設立 1955 (昭和30) 年
資本金 9,200万円
従業員 580名
売上高 62億円(2019年3月実績)
事業所 鳩山牧場(埼玉県鳩山町)、南アルプス牧場(山梨県早川町)、東北牧場(宮城県栗原市)
直営店 東武池袋店、伊勢丹浦和店、西武所沢店、丸広川越店、丸広入間店、仙台泉店、レストラン川越店、メッツァ店
関連会社 (株)サイボク、(株)サイボク飼料、(株)楽農ミート、(株)ミートピア、(有)ミートピア商事
沿革
  • 1946年   昭和21年
    • フィリピンの激戦地から九死に一生を得て戻ったサイボク創業者・笹崎龍雄は、荒廃した国土を目にし「食こそ人間の根本である」と考え、みずから牧場経営に乗り出す。
  • 1961年   昭和36年
    • 日本で初めて英国のランドレース種を導入し、現在に至る品種改良革命の先駆けとなる。
  • 1970年   昭和45年
    • 宮城県にサイボク東北牧場(108ha)を開設。優秀な種豚をベースに、安全で美味しい健康な肉豚の生産をスタートさせる。
  • 1975年   昭和50年
    • 近隣住民の声にこたえ、日高牧場内に6坪のミートショップをオープン。お肉(ミート)を中心にした理想郷(ユートピア)、『ミートピア』構想を打ち立てる。この年、長年の育種改良の成果であるゴールデン・ポーク(GP)が登場。
  • 1979年   昭和54年
    • 本物の食を追求し、手作りハム・ソーセージ工場を竣工。牧場から加工、販売までを直結した一貫体制を確立する。
  • 1983年   昭和58年
    • レストランがオープン。「緑の牧場から食卓へ」から、さらに一歩進めた食の提供を始める。自社牧場産のお肉、肉製品を中心に、有機生産の野菜・お米などの本物素材を使ったメニューを考案する。
  • 1997年   平成 9年
    • オランダで開催された第28回SLAVAKTO(国際食肉プロフェッショナル競技会)に初参加し、金メダルとクリスタル杯を受賞。サイボクの名が世界に認められるスタートを切る。
  • 1999年   平成11年
    • 地場産野菜の直売施設「楽農ひろば」がオープン。DLG(ドイツ農業協会)主催「国際食品品質競技会」に初挑戦。金メダルと「海外出品社・最優秀賞」の栄誉に輝く。
  • 2002年   平成14年
    • 長年親しんだ日高牧場が山梨県早川町に移転。「南アルプス牧場」が発足する。牧場の跡地を調査したところ、良質の温泉が湧出することが判明。
  • 2004年   平成16年
    • 日帰り天然温泉施設が落成。食べて、遊んで、癒される「食と健康のテーマパーク」へ発展。
  • 2005年   平成17年
    • 生産者と消費者をむすぶサイボクの情報誌「心友」が100号。DLGの総裁一行が来社し、サイボクの「新鮮・美味・安心」システムを視察する。
  • 2007年   平成19年
    • サイボク創業者・笹崎龍雄会長が長年にわたる社会的業績を評価され埼玉県より「渋沢栄一賞」を受賞する。
  • 2009年   平成21年
    • 2階建ての屋外ホットデリカ施設「サイボクキッチン」が竣工。手軽にサイボクの肉製品が食べられると好評に。
  • 2011年   平成23年
    • DLG(ドイツ農業協会)より連続金メダル受賞の実績により、アジアで初めての「最優秀ゴールド賞」を受賞。
  • 2014年   平成26年
    • レストランサイボクが埼玉県S級グルメ店舗に認定。メディアでは名物「とんかつ」が多く取り上げられ、県内外から大変多くのお客様にご来店いただいた。
  • 2018年   平成30年
    • こだわりの肉料理とクラフトビールが楽しめるレストラン「グリルアンドビア サイボク」が川越にオープン。
  • 2019年   平成31年
    • 「新工場」竣工。より衛生的な施設でハム・ソーセージを製造。
  • 2019年   令和元年
    • アスレチックひろば「サイボクの森」がオープン。広々した芝生とたくさんのアスレチックでお子様連れのお客様から好評をいただく。
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 3名 0名 3名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 3名 0名 3名

採用データ

取材情報

若手社員も最前線で活躍中。お客様に安心・安全でおいしい商品をお届けします
社員のチャレンジを応援する社風があるからがんばれる!
PHOTO

問い合わせ先

〒350-1221
埼玉県日高市下大谷沢546番地
(株)埼玉種畜牧場
総務部 総務課 採用担当(菊池)
TEL:042-989-2221
FAX:042-989-7933
URL http://www.saiboku.co.jp/
E-mail tonton@saiboku.co.jp
交通機関 【電車の場合】
西武新宿線「狭山市駅」西口下車 西武バス「サイボク」行き17分
東武東上線「鶴ヶ島駅」西口下車 東武バス「サイボク」行き25分
JR川越線「笠幡駅」下車     東武バス「サイボク」行き 5分
※バスの本数に限りがありますので、事前に時刻等をご確認ください。

【車の場合】
■ルート1
圏央道狭山・日高ICを川越方面へ下り、一つ目の信号を左折。
国道407号線に入り、田木交差点を右折し、道なりに約5分。
■ルート2
圏央道鶴ヶ島ICを国道407号線方面へ。
圏央道鶴ヶ島IC入口交差点を左折、高萩交差点を左折、一つ目の信号を右折し、さらに一つ目の信号を左折した後、道なりに進み、突き当たりT字路を右折してすぐ。
■ルート3
関越道川越ICより国道16号線八王子方面へ。
ロッテ工場とロッテリアのある新狭山2丁目交差点を右折し、入間川大橋を渡り、突き当たりの信号を左折。柏原交差点を右折した後、道なりに約3分。
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp82789/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)埼玉種畜牧場【サイボクハム】と業種や本社が同じ企業を探す。

(株)埼玉種畜牧場【サイボクハム】を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ