最終更新日:2020/3/25

  • 正社員

三福工業(株)

業種

  • 化学
  • タイヤ・ゴム製品
  • その他メーカー

基本情報

本社
栃木県
資本金
3,000万円
売上高
48億7,000万円(2019年3月実績)
従業員
175名(2019年4月1日現在)
募集人数
1~5名
  • 業種 化学、タイヤ・ゴム製品、その他メーカー
  • 本社 栃木県
  • 資本金 3,000万円
  • 売上高 48億7,000万円(2019年3月実績)
  • 従業員 175名(2019年4月1日現在)
  • 募集人数 1~5名

無限の可能性を秘めた複合資材である発泡体やコンパウンドの自社製品開発により、業界をリードする独立系の複合資材開発メーカーです。

何が生まれるのか、何を生み出すのか、可能性への知恵比べ。 (2020/03/25更新)

PHOTO

三福工業(株) 採用担当です。
弊社の採用ページにアクセスしていただきありがとうございます。

新型コロナウイルスの感染拡大が続いているため、
4月の会社説明会については中止をさせていただきます。

今後は状況を確認しながら開催時期は決定する予定です。

参加希望の方については、説明会再開時のご参加をお待ちしております。

会社紹介記事

PHOTO
栃木県佐野市の本社。独立系の複合資材開発メーカーとして、自社オリジナル製品の開発に力を注いでいます。特に、プレス発泡では業界トップレベルのシェアを誇っています。
PHOTO
自社で開発・製造した発泡体や樹脂材料のコンパウンドは、自動車や家電、建築・土木をはじめ、“産業とくらし”のあらゆるシーンで活躍しています。

チャレンジ精神旺盛な人財と一緒に、本気で日本一、世界一をめざしています!

PHOTO

代表取締役社長の三井福太郎氏。社員への感謝を忘れないオープンな経営をモットーに、日本一さらには世界一をめざした会社づくりに取り組んでいます。

●時代ニーズの変化に応えるオリジナル製品の開発を推進
私たち三福工業は、1948年の設立から70年以上の歴史を持つ独立系の複合資材開発メーカーです。今日では、フッ素(ゴム・樹脂・発泡体)製品、樹脂原料のコンパウンドやマスターバッチの開発・製造・販売を行うコンパウンド事業と、独立気泡構造をもつ樹脂発泡体を開発・製造・販売する発泡体事業を展開しています。
最大の特徴は、長年にわたって培った技術ノウハウをもとに、時代ニーズに応えるオリジナル製品の開発に力を注いできたことです。ときには、技術の進化に対応したシーズ(種)から提案型の製品にもチャレンジ。そうした取り組みの中から極めて高い衝撃吸収性を持つ「ミツフクフォーム」が誕生したほか、極限の環境である宇宙ステーションの船外実験装置にも、当社のフッ素ゴム連続気泡品がクッション材として採用されました。
今後は、理念のひとつである「小さな分野で必要とされる会社」を実現するために、これまで以上に独自技術の開発に力を入れていきたいと考えています。

●社員の誰もが主体的に会社づくりができる会社へ
こうした事業活動のカギを握っているのは、言うまでもなく“人財”です。私は入社後6年間、生産現場で経験を積みましたが、そこで実感したのは「会社は現場で活躍する1人ひとりの社員によって支えられている」という当たり前の事実でした。だからこそ社員の採用・育成はもちろんのこと、もうひとつの企業理念である「働く人がより快適な生活ができる会社をめざす」取り組みにも力を入れています。
例えば、経営をオープンにしているのも、その一環です。全社員が主体的に会社づくりに参加してほしいと願っています。また、働き方改革にも注力。栃木県の「いい仕事いい家庭つぎつぎとちぎ宣言」に参加し、ワークライフバランスを大切にできる職場づくりを積極的に進めています。
三福工業は規模こそ大きくありませんが、本気で小さな分野で日本一あるいは世界一をめざしている会社です。ぜひ一緒にチャレンジしてください。

会社データ

プロフィール

1つの素材が持つ可能性には限界があります。
しかし、素材と素材の組み合わせによる複合材には無限の可能性があります。
弊社は素材の組み合わせにより造り出される複合資材を開発・製造しています。
70余年にわたるゴム及び発泡体の研究開発における弊社独自の技術力は、年々高まる複合資材の要望を一足先取りしたかたちで世に送り出して来ました。
これらの複合資材の用途を研究開発し、飽くなき企業努力をもって具体化させていくことこそ弊社に期待し、支援して下さる皆様方に報いる最善の方法だと考えます。

●新しいポリマー技術を目指して
コンパウンド事業部では、樹脂やゴムに薬品を混ぜ合わせたコンパウンドやマスターバッチというものを生産しています。
このままの状態で皆様が目にすることは無いですが、最終的にはゴミ袋、レジ袋、自動車用部品、家電部品など、日用品から工業用品、土木分野にいたるまで様々なものに成型され、皆様の暮らしに多く関わっています。
当社では開発から行っていますので、混ぜ合わせる薬品によって様々な特性を作り出すことができます。
新しい素材のコンパウンディング・マスターバッチ技術を追求し、お客様のニーズに対応してまいります。

●様々な分野で活躍する発泡体
発泡体事業部では、樹脂やゴムを発泡させた発泡体というものを生産・加工しています。
発泡体製品は産業とくらしのあらゆる分野で活躍しています。
たとえば「ビート板」「体操マット」「スキーリフト座布団」といったスポーツ用具、玩具やバスマットなどの日用品から、住宅・土木目地材、看板、積み木、玩具、スリッパの心材、洗車ブラシなど、当社の発泡体製品は産業と生活に欠かせない様々なものに加工されて使われており、生産量(プレス発泡)及びフローリング裏打材と土木目地材の用途でのシェアはトップクラスです。
その用途は無限です。新たな価値・創造を目指して限りなく挑戦していきます。

事業内容

PHOTO

当社が長年に渡り蓄積してきた混練りの技術を活かし、「コンパウンド」及び「マスターバッチ」と「発泡体」の製造を手がけています。

◆コンパウンド事業部
・樹脂、ゴムの混練加工及び販売
 レジン(熱可塑性樹脂)にフィラー(充填材)を高濃度に練り込んだ、
 高濃度マスターバッチを開発、製造、販売しています。

◆発泡体事業部
・樹脂発泡体の開発、製造、販売
 オレフィン系樹脂(EVA、PE)を発泡させた、独立気泡構造の発泡体を
 開発、製造、販売しています。

日用品から工業用品、土木分野にいたるまで、
皆様の暮らしに関わる多くの中間製品を生産しております。
本社郵便番号 327-0835
本社所在地 栃木県佐野市植下町1248
本社電話番号 0283-23-4151
創業 1867年 (慶応3年)
設立 1948年4月1日
資本金 3,000万円
従業員 175名(2019年4月1日現在)
売上高 48億7,000万円(2019年3月実績)
事業所 本社・本社工場(栃木県佐野市)
佐野工場(栃木県佐野市 佐野工業団地)
葛生工場(栃木県佐野市)
福島工場(福島県田村市 牧野工業団地)
業績 決算期  売上高  経常利益
――――――――――――――
2019.3   4,807   153
2018.3   4,421    78
2017.3   3,927    73   (単位:百万円)
主な取引先 住友電工電子ワイヤー(株)、大中産業(株)、JSR(株)、アオイ化学工業(株)、三菱ケミカル(株)
関連会社 ダイミクス(株)、MITSUFUKU COMPOUND PRIVATE LIMITED(インド)、CS Mitsufuku Elastomers(タイ)
平均年齢 37.1歳(2019年4月1日現在)
平均勤続年数 12.57年(2019年4月1日現在)
沿革
  • 1867年
    • 米穀商・三井福次郎商店として創業
  • 1916年
    • 3代目三井福次郎が、味噌・醤油の醸造業を始め、その後も時代に適合した製品作りを志す
  • 1948年
    • 三福工業(株)を設立、ゴム布の縫製加工を開始
  • 1971年
    • 布靴から業種転換し、ゴム精練部門を本格稼働
  • 1974年
    • 「シャルルEVA」の商標で発泡体部門を本格稼働
  • 1985年
    • 葛生工場を開設、発泡体の加工能力を倍増させる
  • 1992年
    • 福島県田村郡大越町牧野工業団地に福島工場を開設、ゴム精練部門の生産能力アップを図る
  • 2004年
    • 栃木県佐野市栄町工業団地に佐野工場を開設、発泡体部門を集約し生産効率アップを図る
  • 2012年
    • インドにMITSUFUKU COMPOUND PRIVATE LIMITEDを設立
  • 2014年
    • 三井福太郎、代表取締役社長に就任。5代目三井福次郎、代表取締役会長に就任。
  • 2015年
    • 福島工場に第4工場(熱可塑性エラストマー製造工場)開設
  • 2017年
    • タイにタイ現地企業との合弁会社CS Mitsufuku Elastomers(フッ素ゴムコンパウンド製造販売)を設立
平均勤続勤務年数
  • 2018年
    • 12.5年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 16.3時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 11.4日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 0名 5名 5名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 0名 0名 0名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2018年
    • 25.0%(4名中1名)

採用データ

問い合わせ先

〒327-0835
栃木県佐野市植下町1248
三福工業(株) 総務部 森下
TEL:0283-23-4151
URL https://www.mitsufuku.co.jp/
E-mail mf-saiyou@mitsufuku.co.jp
交通機関 [電車でお越しの場合]
・東武鉄道 佐野線 佐野市駅下車 タクシー7分(徒歩17分)
・JR 両毛線 佐野駅下車 タクシー10分(徒歩26分)

[車でお越しの場合]
・東北自動車道 佐野藤岡IC より 10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp83082/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
三福工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

三福工業(株)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ