最終更新日:2020/11/19

  • 正社員
  • 既卒可

東亜建設技術(株)

業種

  • 建設コンサルタント
  • 専門コンサルティング
  • 情報処理

基本情報

本社
福岡県
資本金
4,000万円
売上高
17億4,800万円(2019年6月期実績)
従業員
115名【男性:99名、女性:16名】(令和2年1月1日)
募集人数
若干名
  • 業種 建設コンサルタント、専門コンサルティング、情報処理
  • 本社 福岡県
  • 資本金 4,000万円
  • 売上高 17億4,800万円(2019年6月期実績)
  • 従業員 115名【男性:99名、女性:16名】(令和2年1月1日)
  • 募集人数 若干名

【じっくりとお仕事を探したい方歓迎!】建設コンサルタントの実績と地理空間情報システムを駆使したノウハウを融合し「新たな価値」を創造します。

  • 最近1ヶ月以内に活動開始・再開

秋採用をスタートしました!! (2020/11/19更新)

PHOTO

東亜建設技術(株)の採用ページにアクセスして頂き、ありがとうございます。

採用担当の渡瀬と申します。

秋採用をスタートいたしました!


まずは当社の事を知っていただくためにも説明会にご参加ください。
測量や建設コンサルタントなど当社の商材を知ってください。

説明会のご予約、お待ちしております。


※新型コロナウイルス感染症の対策を取りながら、会社説明会を行っております。
 Webでも行っておりますので、ご興味がある方はお気軽にご予約ください。

 ご予約後、渡瀬からご連絡させていただきます。
 その際に、その後の流れなどをご案内させていただきます。

会社紹介記事

PHOTO
新卒入社の社員も増え、20代から30代の社員も多数。中堅・ベテラン社員の面倒見もよく、若手を丁寧に育てていこうという雰囲気が息づいている。
PHOTO
他部門のスタッフとチームを組んだり、業務のサポートをしたりと部門を超えて取り組む業務も多い。常にコミュニケーションを図りながら円滑に業務を進めている。

歴史ある確かな技術で、人々の役に立つ誇り高い仕事に取り組んでいます

PHOTO

「私たちの仕事で大切なのは現場を知ること。暑さや寒さに耐えながら現場調査に入ることもあるため、忍耐力も求められます」(米良)

■技術部 建設コンサルタントグループ(河川・防災) 主任 米良明博
(宮崎大学工学部修士課程土木環境工学専攻/2010年入社)

学生時代に建設・土木の学部で河川関係の研究室に在籍していたこともあり、学生時代に得た知識を活かせる仕事に就きたいと考えていました。当社に興味を持ったのは大学の先輩が当社の河川関連の部署に在籍していたことがきっかけです。正直な話、当時は当社のことを殆どしらなかったのですが、入社した後に60年以上の歴史がある企業であることや九州での知名度が高いことを知りました。

入社後は希望通り河川の計画に携わる部署に配属になり、現在は防災計画やハザードマップの作成といった防災関連の業務を担当しています。私たちの仕事は橋を架けるといった目に見える仕事ではありませんし、計画が中心ですので実際にモノとして残ることはそう多くはありません。それでも、私達の仕事は防災面から社会に貢献していると実感しています。また、クライアント(自治体など)に対して専門的な観点からアプローチをしたり、言われる前にニーズを察知して先に提案することに感謝していただくことも多いですね。クライアントやその先にいらっしゃる地域住民の方々に貢献できることに、この仕事のやりがいを感じます。

近年、日本を襲う自然災害が増えています。当社では避難勧告を迅速に発令するために、市町村ごとに発令に必要な防災気象情報を定め、各市町村オリジナルの防災情報集約システムを提供しております。本システムは、ICTコンサルタント部門と共同で開発しています。これまでは九州エリアが中心でしたが、最近では全国の自治体に広がってきており、世の中のニーズの高まりを感じています。人名や地域の財産を災害から守る防災情報集約システムに関わる誇り高い仕事に取り組めることも魅力だと思いますね。

入社して約10年が経った今、少しずつ自分なりの要素を業務に組み入れていきたいと思っています。それには相応の知識が必要となりますが、その知識を身につけるには、先輩や上司からの指示を待つだけでなく、自分自身の考えを持って仕事に取り組む姿勢が大切だと思っています。そのような観点から、後輩たちの指導・育成においても、まずは自分で考えさせることを意識し発言しています。今後も若手社員が自信を持って仕事に取り組めるような環境づくりにも努めていきたいと思います。

会社データ

プロフィール

東亜建設技術は、1954年の創立以来、測量、補償、ICT、設計の部門からなる総合建設コンサルタントして、社会資本整備の一翼を担う企業へと成長してきました。近年、我が国の社会・経済は、急激な少子・高齢化、人口減少、財政の悪化、国際競争の激化、AI技術の進化、働き方改革などにより、歴史的な変革期を迎えております。一方で、頻発する自然災害や、インフラの急激な老朽化、地方の疲弊など、社会資本に関わる課題は深刻さを増しています。またインフラ整備に対する国民の意識や価値観は多様化しており、我々建設コンサルタントが果たすべき役割と業務領域は拡大しております。

弊社は多様化・高度化するニーズに応えるため、これまで蓄積してきた実績や技術をベースに、企業の特性(強み)と総合力を駆使した新技術・サービスの開発に取り組んでいます。一例として、「避難勧告の発令システム」、「避難所の管理システム」、「災害対応の情報集約システム」などの防災システムや、「インフラの管理システム」などの維持管理システムを開発しております。
弊社はこれからも、時代のニーズを先取りしながら幅広い視点と発想から技術開発にチャレンジし、「まちづくりのコーディネータ」として、「インフラ整備の最適解」を提供することにより、安全で豊かな地域社会づくりに貢献してまいります。さらに、若者や女性の技術者育成と技術の継承に努めるほか、働きやすい職場環境づくりにも力を注ぎ、魅力ある企業への成長をめざして邁進しております。
 
【東亜建設技術の経営理念】
 ・まちづくりのコーディネータとして、時代のニーズを先取りしながら
  幅広い視点と発想から技術開発にチャレンジし、地域社会の発展の為、
  安全で豊かな地域社会づくりに貢献してまいります。
 ・技術者育成と技術継承に努め、働きやすい職場環境づくりに力を注ぎ、
  人が集積する魅力ある企業への成長をめざします。

事業内容
<総合建設コンサルティング>
▼設計コンサルタント
 土木設計(道路・橋梁・河川・砂防・構造物・上下水道関連 等)
 防災計画、都市計画、地域計画、交通計画 等

▼測量調査
 基準点・水準測量、一般測量、道路台帳作成・補正、用地調査 等

▼補償コンサルタント
 土地調査、土地評価、物件、機械工作物、営業補償・特殊補償、事業損失部門、補償関連 等

▼空間情報
 空中写真測量、地図調製、災害・防災ハザードマップ、リモートセンシング 等

▼ICTコンサルタント
 道路台帳・固定資産・上下水道施設管理システム、防災関連(砂防施設・防災情報・避難勧告発令支援)システム 等

その他にも、テレビ撮影などでも利用されているドローンを使った業務や、ゲームやアニメでお馴染みのVR機器を利用した3DCGに関する業務など、幅広い業務を行っております。
本社郵便番号 819-0046
本社所在地 福岡市西区西の丘1-7-1
本社電話番号 092-892-7710
設立 1954年6月9日
資本金 4,000万円
従業員 115名【男性:99名、女性:16名】(令和2年1月1日)
売上高 17億4,800万円(2019年6月期実績)
事業所 ■本社
 〒819-0046 福岡市西区西の丘1-7-1

■支社
・長崎支社
 〒850-0033 長崎市万才町3-4(長崎ビル7F)
・鹿児島支社
 〒892-0825 鹿児島市大黒町4-11(日宝いづろビル4F)
・東京支社
 〒100-0004 東京都千代田区大手町2-1-1(大手町野村ビル21F) 

■営業所
・北九州営業所 
 〒807-1133 八幡西区馬場山緑9-22-104
・熊本営業所
 〒862-0954 熊本市中央区神水2-10-7(光永ビル2F)
・宮崎営業所
 〒880-0825 宮崎市東大宮2-13-26
・大分営業所
 〒870-0049 大分市王子南町5-27
(ユナイテッドクリエーションビル2F)
・佐賀営業所
 〒840-0816 佐賀市駅南本町6-7
売上高推移 17億4,800万円(2019年6月期実績)
16億2,700万円(2018年6月期実績)
15億8,900万円(2017年6月期実績)
15億 100万円(2016年6月期実績)
14億5,000万円(2015年6月期実績)
主な取引先 国土交通省、国土地理院、全国地方公共団体 ほか
平均年齢 48歳
登録業種 建設コンサルタント登録建26-3711号
測量業登録第(15)-123号
補償コンサルタント登録補30-385号
一級建築士事務所登録1-11300号
沿革
  • 1954年
    • (有)東亜測量社として創業
      測量部門を設立
  • 1956年
    • 地図印刷部門、模型・工芸部門を設立
  • 1958年
    • 東亜測量(株)と改組
  • 1959年
    • 長崎出張所開設
  • 1963年
    • (株)生松原レクレーションセンター設立
  • 1967年
    • 航空測量部門を設立
  • 1970年
    • 長崎出張所が長崎東亜測量(株)として分離
  • 1973年
    • 新東亜ビル建立
  • 1980年
    • 情報処理部門を設立
  • 1984年
    • 補償コンサルタント部門設立
  • 1986年
    • GIS開発部門を設立
  • 1987年
    • 本社を福岡市中央区天神から中央区長浜へ移転
      建設コンサルタント部門設立
  • 1988年
    • 長崎東亜測量(株)を合併、長崎支社へ
      東亜建設技術(株)へ社名変更
  • 1991年
    • 鹿児島営業所開設
  • 1992年
    • 北九州営業所開設
  • 1993年
    • マルチメディア製作部門を設立
      熊本営業所開設
      佐賀営業所開設
  • 1997年
    • 大分営業所開設
  • 1998年
    • 宮崎営業所開設
  • 2000年
    • 全社的にISO9001を認証取得
  • 2001年
    • 鹿児島営業所を鹿児島支社へ変更
  • 2003年
    • 本社を福岡市中央区長浜から西区西の丘へ移転
  • 2007年
    • 情報システム関連がISMSを認証取得
  • 2012年
    • 東京支社を開設
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 14年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2019年
    • 17時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 7.6日

採用データ

問い合わせ先

〒819-0046
福岡市西区西の丘1-7-1
TEL:092-892-7710
e-mail:watase@toa-ct.co.jp
経営管理部 採用担当 渡瀬 まで
URL http://www.toa-ct.co.jp/
交通機関 西鉄バス「西市民プール前」停より徒歩3分、「ウエストヒルズ南」停より徒歩2分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp83322/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
東亜建設技術(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

東亜建設技術(株)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

東亜建設技術(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ