予約リストに追加した企業には、3/1の0時0分に自動的にエントリーされます。2/29まで追加・解除は自由にできます。

予約リストとは

最終更新日:2020/1/23

横浜トヨペット(株)

業種

  • 商社(自動車関連・輸送用機器)
  • 専門店(自動車関連)
  • 損害保険
  • サービス(その他)

基本情報

本社
神奈川県
資本金
4億円
売上高
1,181億8,462万円<2019年3月実績>
従業員
1,892名<2019年4月現在>
  • 業種 商社(自動車関連・輸送用機器)、専門店(自動車関連)、損害保険、サービス(その他)
  • 本社 神奈川県
  • 資本金 4億円
  • 売上高 1,181億8,462万円<2019年3月実績>
  • 従業員 1,892名<2019年4月現在>

「お客様第一主義」をモットーに、たくさんのお客様に愛され続けております。「人材=人財」のもと、社員も大切にする「横浜トヨペット」です!

会社紹介記事

PHOTO
ハリアー、アルファード、ハイエースをはじめとした時代のニーズにマッチした商品ラインナップが強みです。
PHOTO
お客様のニーズに合わせて各職種が協力し、一人ひとりのお客様と長くお取引き頂けるようにサービス展開しております。

まっすぐに、その姿勢の先に

■今までもこの先も、変わることなく…
横浜トヨペットは、創業以来「お客様第一主義」をモットーに、地域のお客様に愛され、信頼される企業を目指して活動をしてまいりました。2019年3月現在、従業員数1,892名、売上高1,181億円、神奈川県全域で77拠点を有する全国トップクラスの自動車ディーラーになるまで成長しました。横浜トヨペットがここまで成長してきた理由。それは、神奈川という魅力あふれるマーケットの存在や、プリウス、ハリアー、アルファードをはじめとした時代のニーズにマッチした商品ラインナップなど様々な要素があります。しかしなんといっても一番大きいのは、全国屈指のディーラーである横浜トヨペットを支持していただけるお客様一人ひとりの存在だと思います。

■私たちが大切にしていること
常にお客様の立場になって、物事を考えること。嘘のない、誠実で正直な販売を心がけること。その姿勢が、55年という長い期間にわたって神奈川県内新車販売台数ナンバーワン(※)という数字に繋がっているのだと思います。長年にわたってナンバーワンを続けているということは、それだけ多くのお客様がリピーターになってくれているということ。「お客様第一主義」という企業理念が全社員に徹底され、それを具体的に実行に移せているからこそ、多くのお客様から「次も横浜トヨペットで」とお声がけをいただいているのです。

■歩もう!私たちとともに
皆さんの中には、自動車に関する知識を心配する方もいるかもしれません。ですが、その点については、心配ありませんのでどうかご安心ください!新人導入研修をはじめ、年上の先輩社員が教育係となり皆さんの成長をサポート。更に新人育成3年間プログラムなどを用意し、神奈川県ナンバーワンディーラーに相応しい万全のサポート体制で皆さんをバックアップしていきます。また、当社のスタッフが口を揃えて言うのが「同期の仲の良さ」。同期はライバル、負けたくない。でも、必要な時はお互いに助け合える、かけがえのない存在です。そんな、互いに高めあえる仲間や信頼できる上司、更にお客様との素晴らしい出会いが、きっと皆さんを大きく成長させていくことでしょう。

※2018年12月 神奈川県自動車販売店協会調べ

会社データ

事業内容
【自動車に関連する様々なご提案を通して、お客様のカーライフをサポートします】

◆ トヨタ(新車)販売 
<セダン> プリウス、プリウスPHV、プレミオ、マークX、MIRAI、カムリ
<ワゴン> プリウスα
<ミニバン/キャブワゴン> アルファード、エスクァイア、シエンタ、ハイエースワゴン
<2BOX> アクア、タンク、ポルテ
<SUV> ハリアー、C-HR
<スポーツ> 86(ハチロク)
<ビジネス> ジャパンタクシー、サクシード、トヨエース、ハイエース
<福祉車両> ウエルキャブ


◆LEXUS(新車・認定中古車〈CPO〉)販売
LS、GS、GSF、IS、LC、RC、RCF、CT、LX、RX、NX

◆ U-Car(中古車)販売
高品質仕上げ「ここまでやるカー」「ここまでやるカープレミアム」を積極展開


◆ アフターサービス全般(車検、法定点検、各種整備、板金塗装)

◆ 自動車関連部品(用品、オイルなど)の販売

◆ 損害保険代理店業(自動車保険など)

◆ 生命保険代理店業

◆ 自動車のリース事業

◆ 自動車の買取り事業

◆ 携帯電話(au)販売
本社郵便番号 231-8530
本社所在地 横浜市中区山下町33
本社電話番号 045-662-5498(インターンシップ担当直通)
設立 1956年3月
資本金 4億円
従業員 1,892名<2019年4月現在>
売上高 1,181億8,462万円<2019年3月実績>
事業所 1.トヨタ新車店舗(全55店+1部)
 <川崎エリア>
  新百合ヶ丘店、登戸店、東名川崎店、中原店、北加瀬店、川崎店、鶴見子安台店、 鶴見中央店
<横浜エリア>
  あざみ野店、青葉台店、港北ニュータウン店、ニュータウン東店、十日市場店、池辺店
  鶴ヶ峰店、希望が丘店、港北店、片倉店、保土ヶ谷店、横浜店、ウエインズ山下公園店
  磯子店、金沢店、南店、港南店、戸塚店、東戸塚店、泉山手台店、大船店、トレッサ横浜、GR Garegeトレッサ横浜
 <横須賀エリア>
  横須賀店、横須賀西店、逗子店
 <県央エリア>
  海老名店、さがみ野店、大和店、相武台店、相模原中央店、橋本店、城山店、厚木平成橋店
 <西湘エリア>
  二宮店、秦野店、伊勢原店、開成店、小田原255店、小田原店、小田原ダイナシティ
 <湘南エリア>
  鎌倉店、湘南辻堂店、湘南台店、茅ヶ崎店、平塚花水橋店、
  四之宮銀河大橋店 
 <本部直轄>
  法人営業部

2.U-Car(中古車)店舗(13店+1事業部)
 <川崎エリア>
  向ヶ丘U-Carセンター
 <横浜エリア>
  ビークルステーション中川、ビークルステーション瀬谷、ビークルステーション根岸
  港北U-Carセンター、金沢U-Carセンター、港南U-Carセンター
 <県央エリア>
  相模原中央U-Car、橋本U-Carセンター、海老名U-Carセンター
 <西湘エリア>
  鴨宮U-Carセンター
 <湘南エリア>
  ビークルステーション湘南台 、ビークルステーション藤沢
 <本部直轄>
  本牧U-Car事業部

3.レクサス店舗(全5店)
 <横浜エリア>
  レクサスセンター北、レクサス港南台、レクサス山下公園、レクサス東名川崎、レクサスCPO横浜根岸
  
4.サービスセンター(全4拠点)
 <川崎エリア>
  鶴中サービスセンター、高津サービスセンター
 <県央エリア>
  橋本サービスセンター
 <湘南エリア>
  藤沢用田サービスセンター
取扱車種 1.トヨタ
  アクア、タンク、ポルテ、アルファード、エスクァイア、シエンタ、ハイエースワゴン、プリウス、プレミオ、マークX、プリウスα、C-HR、ハリアー、86、MIRAI、プリウスPHV、カムリ、ジャパンタクシー、サクシード、トヨエース、ハイエース、ウエルキャブ(福祉車両)
 
2.レクサス
  LS、GS、GSF、IS、HS、LC、RC、RCF、CT、LX、RX、NX
主な取引先  ◆ トヨタ自動車(株)
 ◆ トヨタメトロジック(株)
 ◆ 東京海上日動火災保険(株)
 ◆ 損保ジャパン日本興亜損害保険(株)
 ◆ あいおいニッセイ同和損害保険(株)
 ◆ トヨタウエインズグループ協力会各社
CSR基本理念 私たちは法令遵守に基づく健全な事業活動を通じ
 ◆ 安心、安全でクリーンなカーライフの提供
 ◆ 地域社会との調和、相互に持続可能な発展
 ◆ お客様、取引企業、従業員とその家族の夢
を実現し、信頼される企業となることを目指します。
CSR基本方針  ◆ お客様に信頼され、選ばれる企業となること
  1.お客様第一主義に徹し、真に満足していただける優れた商品とサービスを提供します
  2.消費者保護法、個人情報保護法など関連法令を順守し信頼される営業活動を徹底します

 ◆ 地域社会、環境に対して貢献すること
  1.福祉、環境活動を通じて、地域社会との調和を図ります
  2.道路関連法令を順守し、地域社会の交通安全を積極的に推進します
  3.暴力団対策法、暴力団排除県条例に則り、反社会的勢力との取り引きを行わない
    ことに取り組みます。

 ◆ 取引企業と良好なパートナーシップを確立すること
  1.相互信頼に基づく、良好なパートナーシップを確立します
  2.独占禁止法、下請法など関連法令を順守し、公正な取引を徹底します

 ◆ 従業員が誇りをもって働ける企業となること
  1.従業員が働き甲斐を持ち、自己実現できるよう、個々の考え方、立場を尊重します
  2.労働関連法令を順守し、安全かつ健康的な職場環境づくりに努めます
経営基本姿勢  ◆ 全社員で「お客様第一主義」に徹し、高品質なサービスを提供する
 ◆ 法令順守と高い倫理観の下で営業活動をおこない、地域社会に貢献する
 ◆ 社員を大切にし、「将来に夢を持ち、安心して働ける」企業を目指す
 ◆ 自動車産業の一員として、安全でクリーンな環境の実現に取り組む
 ◆ ウエインズグループの総合力を向上し、強い絆を活かす経営をおこなう
社是  一、 一人一人がサービス精神に徹しよう
 一、 不屈の精神をもって努力しよう
 一、 常に創意工夫をこらし絶えず前進しよう
 一、 人の和を重んじ全員がひとつになろう
 一、 いつも明るく将来に希望をもとう
CSR活動への取組み ◆ 緑化推進と緑地保全活動
 横浜トヨペットはウエインズグループ各社と共同で、緑化推進と緑地保全の活動をおこなっています。2002年より現在まで、「かながわトラストみどり財団」 「日本ナショナルトラスト協会」などへの寄付を続けており、「グリーン&セーフティキャンペーン」による浄財や各店でお客様よりお預かりした浄財などを含め、その累計金額は1億4,000万円に達しています。

◆ よこはま動物園「ズーラシア」を支援
 2009年4月より、地域貢献活動の一環として、よこはま動物園ズーラシアで飼育 されているオカピやレッサーパンダ、スマトラトラなど絶滅危機にある動物の保護・ 繁殖活動に対する資金支援を、ウエインズグループ計4社のハイブリッド車の売上やレンタカー料金の一部より行っております。また、特別なラッピングを施したプリウス (2012年5月・2台目)、プリウスPHV(2017年6月・3台目)を寄贈するなど県民の動物園として定着した同園の活動を幅広くサポートしています。

◆ 交通安全啓蒙活動
 当社創業者である宮原漢二を中心として設立された「神奈川県自動車ディーラー交通安全対策推進協議会」。交通安全運動における安全運転の啓蒙活動や各種交通安全パンフレットの配布などをおこなっています。

◆ 「トヨタハートフルプラザ横浜」の展開
 2007年1月、当社本社2階に、神奈川県では初めてとなる福祉車両(ウエルキャブ)総合展示場「トヨタハートフルプラザ横浜」をオープン。グループ各社取扱いの福祉車両のラインナップを取り揃え、カタログだけではわからない実際のお車の使い勝手や機能、操作方法を体感していただけます。

◆ ISO14001の全店認証取得

◆ 「たすけあい110番」への参画
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 9.1時間

取材情報

「お客様第一主義」を胸に、横浜トヨペットを牽引する
期待の若手に聞いた、横浜トヨペットの仕事
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

あなたの閲覧履歴にもとづいたおすすめ企業はこちらです。

横浜トヨペット(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ