最終更新日:2020/9/25

  • 正社員
  • 既卒可

(株)どんたく

業種

  • スーパーマーケット
  • 食品
  • フィットネスクラブ

基本情報

本社
石川県

8月に説明会・選考を予定している企業を教えて?

8月も説明会を行います(2020年7月31日)


当社では、8月も説明会を行う予定ですので
気軽にお申込みください。

「説明会・セミナー」画面から予約できます。

WEBセミナーと実地説明会、ご都合の良い方をご選択ください。
また、説明会と同時に一次選考を行う日程もございますのでぜひご検討ください。

※新型コロナウイルス感染リスクを踏まえ、超少人数での実施及び衛生面に配慮した内容となります。

仕事でつらいことや楽しいことを教えて

つらいことも楽しいことも前向きに!(2020年7月17日)

こんにちは!人事教育部の高橋です。

 今回は仕事での厳しさややりがいについてお話ししたいと思います。
私は入社1年目、店舗でレジ部配属となったのでこの1年で得た経験を基にお話しさせていただきます。

 現場での業務はつらいこと、楽しいことがはっきりしていると思います。レジでの仕事は接客が大部分を占めていますが、「接客」の難しいところは正解が無いという点です。レジでの一連の流れや動き、聞くべき文言などマニュアルはありますが、臨機応変な対応には自分の経験や気遣いなどがものを言います。その中には自分が良かれと思ったことでもお客様には喜んでもらえない事等もあります。自分の対応をお客様に満足していただけなかったり、言葉や気持ちが十分に伝わらなかったりしてお客様からお叱りの言葉をいただくことがあります。そういう時に仕事の厳しさを感じました。

 しかし、逆にやりがいを感じる場面もたくさんありました。お客様と対面で接する分、お客様の声や反応を直接受け取ることができます。「ありがとう」をいただくことができます。自分の対応に喜んでいただけた時、接客を褒めていただけた時、挨拶や声掛けにご反応いただけた時は非常に嬉しく思います。また、売場演出への反応や商品についての感想をすぐに・直接いただけますので、担当者にお客様の声を届けるというやりがいある役割も担うことができます。

 どんな仕事においても、つらいこと・楽しいこと2つの面があります。つらいことがあっても、初心・嬉しかったこと・目標・目的を思い返すなどして改めて仕事に向き合うことで乗り越えていくことができます。つらいことがあってこそ、やりがいを感じた時に嬉しさが倍増します。つらいことも楽しいことも前向きに捉えて励んでいく姿勢を持ち続けたいものです。

20年度4月入社の先輩社員は今何をしているの?

充実した研修・教育制度があります(2020年7月10日)

こんにちは!人事教育部の高橋です。

 今回は、2020年度入社の新入社員が今何をしているか、についてお話ししたいと思います。

 当社では、4月に入社して先ず2か月の研修期間があります。
研修期間と言っても、実際に現場で仕事をしながら行います。店舗や部門(青果・鮮魚・精肉・惣菜・食品・レジ)は仮配属という形で、数日ごとに上記6部門を経験します。本配属になる部門以外の仕事内容を知っていることは自身にとっても、店舗にとっても非常に重要です。
店舗はその店にいる従業員全員の力で成り立たせる必要があります。他部門で困っていることがあれば助けなければなりませんし、人員不足もお互い補い合わなければなりません。従業員全員が「店の一員」である責任と自覚を持つことで店舗を成り立たせることができます。また、他部門の仕事も経験しておくことで、食や接客に関する様々な知識を得ることができます。「食のプロ」としてお客様に対応するので研修期間に得た知識や経験は必ずいつか役に立ちます。

 7月からは本配属の店舗と部門で本格的に仕事を始めていきます。研修期間に学んだことを活かしながら先輩社員の指導の下、仕事を身に付けていきます。

他にも、外部から講師をお招きして社会人としての常識やマナー、会社人として働くための心意気を学んだり、様々な講座を受講したりします。今年度入社の新入社員はまだ経験していませんが、当社には入社半年後研修や1年後研修というものもあり、仕事に対する自分の姿勢を見直したり、初心を思い出したりする機会があります。研修制度・教育制度が充実していますので成長につながります。

仕事をし始めの頃は慣れないことばかりで緊張したり失敗をしたりすることが多くあります。ですがそのような経験を通して成長していくことができます。我々人事教育部は社員の方々を全力でサポートしたいと考えております。どんな経験もいつか役に立つという思いを持って新入社員には日々の仕事に励んで欲しいと思います。

勤務地や異動頻度について教えて

本人の希望を考慮するのが基本です。(2020年6月26日)

 勤務先は社員の通勤に要する時間を考慮して、基本的には本人の通勤可能圏内から決定します。
 異動に関しては、当社では年に1回自己申告表を提出する機会があります。現在の職種・部門に関すること、希望などについて書いていただきます。それに基づき、本人の希望と現状の人事配置を含めて移動が検討されます。キャリアアップとともに本人に適した職種・部門に異動することが可能です。
 
 当社では社員が人間的に成長することも重要視しています。勤務先や異動を決定する際に重要なことは、効率良く業務を取得できる環境を整え、より早くステップアップしてもらうことです。

先輩たちの入社理由を教えて

地域への思い、「高質」を目指す思い(2020年6月26日)

こんにちは!
株式会社どんたく 人事教育部の高橋です。

今回は、当社先輩社員の入社理由についてお話ししたいと思います。

 入社理由で一番多く聞かれるのは、「地元に貢献したかったから」というものです。
 株式会社どんたくは地域密着型の企業です。当社は石川県内のみに店舗を持っています。売り上げや業績のことのみ考えれば他県にも出店すれば良いのかもしれませんが、社として「地域社会の繁栄の為に邁進」するという経営理念を掲げていますので、地域のお客様に喜んでもらうということを大切に考えています。
 私たちの仕事は「小売業」という枠組みを超えた「地域支援業」です。地元の食材、伝統・文化、生産者・製造者を守りながらこれらとお客様を繋ぐ架け橋となり、地元石川県の活性化を目指しています。
 先輩社員の中では、「地元に貢献したい」という社の思いに共感した石川県出身の方が非常に多いです。

 また、当社は「高質」にこだわっています。この特徴に共感し入社を決めた先輩社員も多いです。安さのみを追求し結果「安かろう悪かろう」となってしまうとお客様は喜んでくださいません。かといって、どんなに品質が良くても値段が高すぎる商品はお客様が手に取ってくださる機会を減らしてしまいます。
 どんたくが提供するのは「激安」でもなく「高級」でもなく「高質」です。石川県産の食材を使用した独自化ブランドを展開したり、化学調味料不使用の商品、無添加にこだわった商品を置いたりして、「どんたくにしかない」、「どんたくがあって良かった」を目指しています。
 当社の仕事にはお客様の生活に携わり、地域の皆様を支えるという役目があります。「高質」なものの提供を通して地域のお客様の未来を守りたいと考えています。

 私自身が当社に入社を決めた理由も、主に上記の2点に共感したからです。「地元石川県の活性化に貢献したい」、「お客様の未来を考えたい」という思いを持っています。

 我々の思いに少しでも興味を持ってくださった方はぜひエントリーしてください。お待ちしています!

自分の良さをうまくアピールするコツを教えて

自己分析とオリジナル性を!(2020年6月24日)

こんにちは!人事教育部の高橋です。
 今回は、自分の良さをアピールする際のコツについてお話ししたいと思います。
とはいっても私は人事教育部担当になってからまだ日も経験も浅く、採用に関しての知識は豊富ではありません。今回は学生目線で、私が就活中に自分をアピールするために意識していたことをお話しします。

 まず取り組んだことは自分の良さをきちんと理解するということです。
就活で大事なことは「自己分析」だとよく言われていますが、自分のことを知っておくことは、就活軸を確立するだけでなく今後の自分の生き方を考える良い機会になります。私は今までの経験を振り返り、そこで発揮できた自分の長所や、なぜ成功できたかの理由などについて分析しました。また自分で振り返るだけでなく、今まで関わってきた友人や家族に自分はどういう人間か、自分の良い点悪い点も聞きました。そうすることで今まで気づかなかった自分の特徴を知ることができました。

 自己分析をした上で、次はそれを伝える方法です。自分をアピールする際に気を付けたことは、「人と被らないことを言う」、「人と被らない言い方で伝える」ということです。
人と被りそうなことを言っても、今まで多くの人を面接してきた担当者には伝わらないと考えたからです。人と被らない言い方で伝えるために自分の経験を交えて述べ、オリジナル性を出せるよう意識しました。例えば、「笑顔で人と接することができる」だったら、アルバイトにて笑顔で接したことでお客様に喜んでもらえた、といった経験を加えるとより一層良さが伝わります。

 面接という短い時間で担当者に自分の良さを最大限伝えるためにどのようなことを意識したら良いか、工夫しながら面接に臨んでみてください。

一緒に働きたいのはどんな学生?

「チーム」の一員として動けるようになりましょう(2020年6月19日)

こんにちは!
株式会社どんたく 人事教育部の高橋です。

今回は「一緒に働きたい人物像」についてお話ししたいと思います。

私が社会人として大事だと思うのは、「挨拶」です。
社会に出て企業の中で働くということは人との関わりが必要となります。人とのコミュニケーションは「挨拶」から始まります。挨拶をすることで相手の存在を認め、自分の存在を認めてもらうことになります。
挨拶をすればお互い気持ちよくなりますし、顔や名前を覚えてもらう良い機会になります。私は入社当時、一早く顔と名前を覚えてもらい馴染むために、元気で明るく、先手の挨拶を心がけていました。

 次に、「チームワーク」を大切にできることが必要だと思います。
会社や仕事は一人の力では成り立ちません。会社は1つの「チーム」です。
1人でできる仕事もありますが、そのような仕事の陰にも誰かの仕事があり成り立っています。人は支え、助け合いながら生きています。自分の意見ばかり通したり、人の意見に耳を傾けなかったりすると、チームとしての調和を乱してしまい、会社や仕事がうまく機能しなくなってしまうこともあるでしょう。周りの状況を見ながら考え行動したいものです。

 そして、「人と話すのが好き」というのも好まれる人物像の一つではないかと思います。
先ほどから述べているように、仕事をしていく上で人との関わりは欠かせないものです。話しかけてもあまり反応がなかったり、仕事の依頼をしても返事がなかったりすると一緒に働く人は不安になってしまいます。

 明るい挨拶から始まり、話している最中のリアクション、会話のキャッチボールがあるとお互い気持ちよく効率の良い仕事ができ、自分の会社への存在意義を感じることができると思います。
学生の間から身近な人への挨拶、友人との会話、アルバイトの現場を通して「チーム」の一員として動く習慣を身に付けていきましょう。

面接で緊張してうまく話せません

緊張して当たり前です!緊張を楽しみましょう(2020年6月12日)

こんにちは!
株式会社どんたく 人事教育部の高橋です。

今回のテーマは「緊張」
実は私も緊張しいで、人前に立つこと、話すことが苦手です。
特に相手が複数人だと一人で話すのは緊張します。
今回は、そんな私が就活中面接の際に意識していたことをお伝えします。

まず、「緊張したらダメ」と思わないことです。会社の採用担当の方や偉い方の前で自分のことを話すわけですから、緊張して当たり前です。緊張を隠そうとすればするほど余計に緊張すると思いますので、緊張を恥ずかしいと思わないようにしていました。

次に面接を「楽しむ」ことです。面接は自分のことを知ってもらえるチャンスです。なかなか難しいですが、自分のことを伝えるのは楽しいと思えるよう意識しました。自己PRや志望動機など、話すことを暗記して言おうとするのではなく、自分の心に落とし込んで自分の言葉で伝えようとすることが必要です。そうすると活き活きと話すことができ、元気で意欲的な印象も伝わると思います。

最後に、緊張を和らげるマイルールやルーティーンを持っておく、知っておくことです。深呼吸する、好きな音楽を聴くなど、緊張が紛れる方法を見つけ、実践していくと良いと思います。私は「面接なんてすぐ終わる、緊張するのはちょっとの間だけ」と思うと気が楽になっていました。


心理学や精神論のようになってしまいましたが、「緊張する」ということは、慣れないことに挑戦している、取り組んでいるという証拠です。緊張を経験し、乗り越える度に自分が成長できると考え、前向きに捉えましょう。

人事教育部も、どんな学生と出会えるのかドキドキワクワクしています。お互い緊張しますが、皆さんとお会いしお話できること楽しみにしています。

人事教育部 高橋

他社の選考状況は正直に言うべき?

正直に言いましょう!言ってマイナスになることはありません。(2020年6月3日)

こんにちは!人事教育部の高橋です。

今回は、選考や内定の状況について答えるかどうかというギモンにお答えします。
複数の企業の選考を受けながら、内定をもらいながら、就活を進めるということは大いにあり得ますし、採用担当者もそのことは重々承知しています。
そんな中、なぜ他社の選考状況を聞くのか。

それは、学生の皆さんが「自分の軸をしっかり持っているか」を確かめたいからです。

例えば、「地元に貢献したい」という思いを強調しているのに複数他県の企業を志望していたり、バラバラの業種を志望していたりすると話に一貫性が無いな、と感じてしまいます。

もちろん、就活する中で迷ったり、自分の思いや希望が変化したりすることはあると思います。私自身も、実は就活を始める前と後で志望する業種が変わりました。

ですが、「ここだ!」と思える企業と出会い、将来満足しながら仕事をしていくためにも自分の軸をしっかり固め、その軸を元に就活を進めていくことが大切だと思います。その軸は仕事を始めてから、仕事を続けていく上でも重要なものとなります。

自分の軸を持っていれば、他社での選考・内定状況を言ったからといってそれがマイナスにはたらくことはありません。むしろ、「軸をしっかり持っているな」「正直に答えてくれるんだな」と人間性をアピールするチャンスです。

高橋

面接で希望勤務地を言ってもいい?

OK! 希望は考慮させていただきます(2020年5月22日)

こんにちは!
株式会社どんたく 人事教育部の高橋です。

今回は希望勤務地についてお話させていただきます。

勤務地に限らず、面接で自分の希望を言うのは遠慮しますし勇気がいりますよね・・・。
ですが、自分の希望は伝えてなんぼだと思います。

最終的には人事の方が、希望と店舗のバランスを考慮して決めるので必ずしも希望が通るとは限りませんが、自分の希望を伝えるのはタダです。

言わなければ自分の考えや希望は伝わりません。

仕事がある日は毎度通うことになる勤務地。
自分の生活様式やライフプランなどを考えて「ここで働きたい」と思うこともあるでしょう。

どんたくでは基本的にはご自身がお住まいの場所から通える範囲での店舗に配属となります。
県外や遠方から入社された方については能登、金沢に当社の寮もございます。

また、年に1回自身の労働状況や思いを確認する自己申告表を提出するシステムがあります。それに基づき、希望と人員配置バランスを考慮して異動が検討されますので入社後に店舗が変わることもあります。

希望の勤務地を言ったため面接の評価が下がる・・・。
といったことはありませんので先ずは自分の希望は伝えてみましょう!

高橋

ページTOPへ