最終更新日:2020/5/21

  • 正社員
  • 既卒可

飛騨農業協同組合(JAひだ)

業種

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)
  • 共済

基本情報

本社
岐阜県
出資金
64億1,736万円(2019年3月31日現在)
事業総利益(売上高)
66億8,981万円(2019年3月31日現在)
職員数
965名(うち正職員675名)(2019年4月1日現在)
募集人数
26~30名
  • 業種 農業協同組合(JA金融機関含む)、共済
  • 本社 岐阜県
  • 出資金 64億1,736万円(2019年3月31日現在)
  • 事業総利益(売上高) 66億8,981万円(2019年3月31日現在)
  • 職員数 965名(うち正職員675名)(2019年4月1日現在)
  • 募集人数 26~30名

高山市・飛騨市・下呂市・白川村を事業区域とし、地域に密着した様々な事業を展開しています。あらゆる分野の事業を通して地域のさらなる活性化を目指しています。

  • 積極的に受付中

★企業説明会の開催/5月実施の採用試験について★ (2020/05/21更新)

PHOTO

【独自ガイダンス追加のお知らせ】

ご好評につき下記ガイダンスを追加しますので是非ご参加ください。

≪追加日程≫
 6月8日 ウインクあいち 10:00~12:00
 ※詳細はセミナー画面よりご確認ください 



-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

【ご確認ください】

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、
企業説明会の開催予定が変更となる場合がありますのでご了承ください。
なお、合同企業説明会の開催有無ついては説明会主催者の判断に従います。


【当組合の採用活動について】

政府による新型コロナウイルスの感染拡大防止のための緊急事態宣言を受け、
当組合では対象期間における対象地域での採用活動について中止または延期
させていただきます。緊急事態宣言解除後、情勢を判断し再開いたしますので
最新の開催予定については〔セミナー画面〕よりご確認ください。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-




【採用試験応募書類締切】

 6月試験 6月1日必着
   ・一次試験:6月15日(月)
 
 
 7月試験 7月1日必着

(試験日程については後日公表いたします)








******************************************
 飛騨農業協同組合  採用担当:谷口
 〒506-0001 岐阜県高山市冬頭町1番地1
 TEL:0577-36-5585 FAX:0577-36-3886
 E-mail:jinji@jahida.gjadc.jp
******************************************

会社紹介記事

PHOTO
約1,000人の職員全員が同じ仲間として働く喜びを共有できる職場です。一人ひとりの秘めた力を地域のために発揮できる環境です。
PHOTO
JAひだ「組合員・農家、地域住民に貢献する」ことを実践し、飛騨地域の皆様に心から満足いただけるよう、私たちは取り組んでいます。

飛騨の農業を支え次世代へつなぐ

PHOTO

「飛騨の生産物を全国の消費者へ届け、生産者に還元することで、日本の農業を支え次世代へつなぎたい」と語る駒屋氏。

 まず、みなさんに知っていただきたいのは、農協という組織は一般企業とは根本的に違うということです。一般企業は自社の製品や技術、サービスを消費者に供給し利益を上げ会社を維持経営していきます。

 しかし農協は「農家・組合員の豊かな生活に貢献し農業の振興を図る」ことを経営理念として成り立っている組織なのです。つまり農家の生産物を流通させ消費者まで届ける販売事業、そのための技術や経営指導、資材の供給。農家の生活を守る共済事業や信用事業などそれらはすべて、農家・組合員のための事業となります。

 飛騨は豊かな自然、環境に恵まれたすばらしい土地です。この土地で採れた米や野菜、くだもの、飛騨牛などは全国各地へ出荷されどれも高い評価と人気を得ています。日本の食糧自給率が40%を切る現在、飛騨の安心、安全な生産物を消費者に届け、生産者に還元する。それは日本の農業を支え、次世代につなぐことになります。

会社データ

プロフィール

 JAひだは飛騨地域でも有数の職員、資金量、営農、生活施設を有する協同組織体です。これらの資源を有効活用し、皆さまの「安全・安心」な食生活を守るための農業振興をはじめ、日常生活に欠かせない信用事業(貯金・貸付・為替)、共済事業(生命・損害保険等)、経済事業(営農・生活・自動車・燃料)、福祉事業などを総合的に営んでおります。
 そして、一般の企業とは本質的に異なる「営利を目的としない」という理念のもとで、「大きく強くなり組合員・農家、地域住民に貢献する」という経営目標を掲げ、組合員や地域の皆さまの暮らしや健康を守っていくこと、すなわち農業と地域社会に根ざした組織としての社会的役割を担っています。

事業内容

PHOTO

社屋外観(上)と先輩社員(下)。頼れる先輩が、あなたのやる気をサポートします!

■指導事業 (営農指導)農業の生産技術と経営のお手伝い「サポート」を行う
      事業
      (生活指導)食育教育や高齢者生活支援などのくらしのお手伝い
      「サポート」を行う事業
■販売事業 地域で育てた農畜産物の流通販売を行う事業
■利用事業 米の乾燥、野菜の集荷、選果を行う施設を運営する事業
■購買事業 (営農購買)肥料、農薬など農業生産に必要な資材を提供する事業
      (生活購買)食料品、生活用品、自動車、燃料など生活に必要な物
      資の提供をする事業
■信用事業 貯金をはじめ、ご融資や為替など、いわゆる銀行業務といわれてい
      るものを提供する事業
■共済事業 「ひと・いえ・くるま」の総合保障を行う、いわゆる保険業務とい
      われているものを提供する事業
■その他  訪問介護等を行う福祉事業等も行っています 
本社郵便番号 506-0001
本社所在地 高山市冬頭町1番地1
本社電話番号 0577-36-3888(代表)
設立 1995(平成7)年4月 合併
出資金 64億1,736万円(2019年3月31日現在)
職員数 965名(うち正職員675名)(2019年4月1日現在)
事業総利益(売上高) 66億8,981万円(2019年3月31日現在)
代表者 代表理事組合長 駒屋 廣行
事業所 本店 1
支店 30
営農センター 3
事業所 23 (2019年4月1日現在)
組合員数 正組合員 1万3,961名  
准組合員 2万2,915名  (2019年3月31日現在)
貯金残高 3,052億3,964万円(2019年3月31日現在)
貸出金 642億6,757万円(2019年3月31日現在)
長期共済保有契約高 7,869億9,180万円(2019年3月31日現在)
販売品取扱高 191億3,137万円(2019年3月31日現在)
購買品供給高 171億9,305万円(2019年3月31日現在)
沿革
  • 1995(平成7)年4月
    • JAひだは岐阜県飛騨地域1市2郡15市町村(当時)を管内とした6JAが、組織の基盤強化と経営安定、ひいては地域社会に貢献することを目的に合併し誕生したJAです。
  • 2001(平成13)年9月
    • 旧益田郡内4JAと合併し、飛騨地域1市3郡20市町村(当時)におよぶ岐阜県内でも有数の職員数、資金力、また営農・生活施設を有する協同組織体となりました。
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 15.5年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 11.2時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 4.1日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 10名 20名 30名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 10名 0名 10名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2019年
    • 8.5%(199名中17名)

役員  8.8% (34名中女性3名 2019年4月実績) 管理職 8.5% (165名中女性14名 2019年4月実績)

採用データ

問い合わせ先

〒506-0001
岐阜県高山市冬頭町1-1

JAひだ(飛騨農業協同組合)本店
総務部人事課 谷口・名倉
TEL:0577-36-5585(直通)
URL https://www.ja-hida.or.jp/
E-mail jinji@jahida.gjadc.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp85345/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
飛騨農業協同組合(JAひだ)と業種や本社が同じ企業を探す。

飛騨農業協同組合(JAひだ)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

飛騨農業協同組合(JAひだ)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ