最終更新日:2019/6/1

環境未来(株)

  • シンクタンク・マーケティング・調査
本社
長野県
資本金
3,000万円
売上高
8億8,000万円(2018年6月30日現在)
従業員
115名
  • 業種 シンクタンク・マーケティング・調査
  • 本社 長野県
  • 資本金 3,000万円
  • 売上高 8億8,000万円(2018年6月30日現在)
  • 従業員 115名

  ~地球環境の未来をみつめて~ 測定・分析を通じてわかる環境のこと

会社紹介記事

PHOTO
当社は、最新の設備と豊富な技術で、環境検査・測定を行う専門会社。環境の“今”を形にして伝えることで、“未来”の生活の安全・安心に貢献している。
PHOTO
調査・分析の対象は水や空気、温泉、食品など幅広く、検査方法や分析項目も多種多様。高精度の分析結果は多くの分野で信頼を得て、ニーズも高まっている。

おいしい水や空気のために調査・分析をし、縁の下で地球環境の未来を支えています

PHOTO

調査スタッフは現場でお客様と調整し、測定することが多い。人との関わりが多のも醍醐味のひとつ

当社の仕事は主に、分析室で行う【環境分析・衛生検査】と、測定現場で直接行う【環境調査】があります。

【環境分析・衛生検査】は最新の検査・分析機械を操作し、水や空気、土壌、衛生など、経済活動による自然環境への負荷をチェックする専門的な内容です。
就活の際、「理科の実験みたいな仕事です」と説明を受け、このひと言で決めたと言っても過言ではありません。もちろん、仕事は理科の実験よりも高度ですが、「理科の実験」という易しい言葉で表現することに、当社のやわらかい雰囲気が表れていると感じます。
仕事は、入社後の研修とOJTリーダーがマンツーマンで指導してくれます。先輩方も「分からないことは、分かるまでどんどん聞いて」と言ってくれるので、何度も質問を繰り返しながら、自分で習得していけます。その上で、正確な数値を導き出せた時には、まさに理科の実験で得た新鮮な気持ちと同じような達成感を味わうことができます。

【環境調査】は、水や大気、騒音・振動などを実際に現場で採取・測定・調査し、結果を報告する仕事です。同じ調査項目でも、現場によって状況が異なるので、臨機応変さが求められ、毎日が新しい発見と様々な出会いの連続です。また、直接お客様とお話する機会も多く、「測定結果を見て安心したよ」など、感謝のお言葉をいただける瞬間は、とてもやりがいを感じます。

当社の使命は、「依頼された検体に対して精度の高い正確な分析結果を出すこと」。一人ひとりが測定・分析と向き合い、正確な結果を出すことが非常に重要です。
また、高い精度を維持するために、第三者機関による客観的な精度管理も行っています。
厚生労働省をはじめ、全国給水衛生検査協会などで行うクロスチェックや技能試験などには積極的に参加し、検査機関としての信頼を高めています。こうした精度管理で明らかになるのは技術力。検査機器にかける前段の処理や、機械のメンテナンスなど技術者の腕前が重要なのです。

一人前になるには、高度な知識と技術の習得が必要ですが、コツコツと積み上げていくことが自分の成長となり会社の信頼へと繋がります。

会社データ

事業内容

PHOTO

環境分析は資料によっても手法が異なるため、日々勉強することが重要。知識と技術の向上に皆で努めている。

●環境調査
・大気汚染・騒音・振動・臭気・シックハウス・土壌・アスベストなど

●環境分析
・水道水・飲料水・河川水・排水・農薬・浴槽水・温泉成分など

●衛生検査
・腸内細菌検査(検便)・食品細菌検査・尿検査・異物検査
本社郵便番号 390-1242
本社所在地 長野県松本市和田4010-5
本社電話番号 0263-88-3911
設立 1996(平成8)年6月25日
資本金 3,000万円
従業員 115名
売上高 8億8,000万円(2018年6月30日現在)
事業所 ・本社・総合検査センター(長野県松本市)
・山梨検査センター(山梨県中央市)
・技術センター(長野県佐久市)
・北陸検査センター(石川県金沢市)
・長野営業所(長野県長野市)
・飯田営業所(長野県飯田市)
・中部営業所(愛知県名古屋市)
・東京営業所(東京都八王子市)
平均年齢 42歳
沿革
  • 平成 8年 6月
    • 環境未来(株)を発足(長野県松本市波田)
  • 平成 8年 9月
    • 濃度・大気の環境計量証明事業を開始
      (事業登録 現:総合検査センター)
  • 平成11年 3月
    • 長野県飯田市に飯田営業所を開設
  • 平成11年11月
    • 厚生労働省水道法20条に指定登録機関として事業登録を取得
      (現:総合検査センター)
  • 平成12年12月
    • 長野県東筑摩郡朝日村に分析センターを開設
  • 平成13年11月
    • 作業環境測定の事業を開始
      (現:総合検査センター)
  • 平成14年10月
    • 騒音・振動の事業を開始
      (現:総合検査センター)
  • 平成15年 3月
    • 本社を長野県松本市本庄へ移転
  • 平成16年 3月
    • 長野県長野市に長野営業所を開設
  • 平成17年 2月
    • 長野県佐久市に技術センターを開設
  • 平成21年 1月
    • 細菌検査業務を開始(衛生検査事業登録)
      (現:総合検査センター)
  • 平成24年 8月
    • 愛知県小牧市に中部営業所を開設(名古屋市東区に移転)
  • 平成24年12月
    • 水道GLP認定取得
      (現:総合検査センター)
  • 平成25年 3月
    • 石川県金沢市に北陸営業所を開設
  • 平成25年 5月
    • 山梨県甲府市に山梨営業所を開設
  • 平成25年 6月
    • 厚生労働省簡易専用水道検査機関に登録
      (現:総合検査センター)
  • 平成27年7月
    • 甲府タカヤマ環境計量(株)を吸収合併し、山梨検査センターとして事業開始
  • 平成28年 1月
    • 長野県松本市和田に本社・総合検査センター統合移転。
  • 平成29年 7月
    • 東京都八王子市に東京営業所を開設。
  • 平成30年 2月
    • 石川県金沢市に北陸検査センターを開設
月平均所定外労働時間(前年度実績) 20時間(2017.07月~2018.06月実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

環境未来(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
環境未来(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ