最終更新日:2020/5/29

  • 正社員
  • 既卒可

(株)青森テレビ

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 放送

基本情報

本社
青森県
PHOTO

~Work as Life~好きを仕事に出来たほうが人生は面白い

永井 明徳
1998年入社
45歳
室蘭工業大学
電気電子工学科
技術局 技術部
番組制作や中継での技術的な事を全般に担当

現在の仕事内容

現在、技術部長として部員のシフト、勤怠管理などの管理業務をやりながら、プレーヤーとしても日々のスタジオでの制作業務や、中継番組のテクニカルディレクターとして業務を行っています。
ローカル局の技術部門の仕事は多岐にわたり、送信所の保守管理やマスターと呼ばれる放送がきちんとプログラム通りに放送されているかを監視する仕事、報道や制作番組においてカメラマンや音声さんなど様々なセクションで業務を行っています。
青森テレビではスポーツ中継に力を入れていて、特にサッカーではJ3チームのホームゲーム中継を年間20本弱制作しています。その他ラグビーやバスケットボールなどの中継も行っています。スポーツ中継は、様々な中継の中でも規模が大きく、関わる人数も多く様々な関係会社、協力会社との共同体となります。
思いがけないトラブルなどもあり、数万人の人が生放送で視聴することを考えると、絶対にミスは許されず、プレッシャーで眠れない夜もあったりしますが、無事に放送を終えた時の達成感は何物にも代え難いものがあります。


学生へのメッセージ

ワークライフバランスという言葉が定着していますが、私はワークアズライフ、つまり仕事も人生の一部であり厳密には区別できないものだと思っています。たとえキッチリと仕事とプライベートの区別をつけられたとしても、仕事を嫌々やっているのであれば人生はきっと面白く無いのでは?と思っています。
だって、起きている時間の半分は仕事をしているんですよ。それならば少しでも「好き」や「楽しい」を仕事に出来たほうが良いと思いませんか?
幸いな事に私はこの「好き」を仕事に出来ています。もちろん眠れないほどのプレッシャーや辛いこともありますが、好きな事をやっているおかげで乗り越えられています。
放送局の制作現場に同じ仕事はありません。毎日毎回常に違う仕事がやってきます。常に新しいことを考え、クリエイティブしなければならないのです。ワクワクしますよね! 
もちろん給与や福利厚生などの待遇も大切ですが、自分がワクワクできる仕事かどうかを想像しながら就職先を選んでみてもいいのではないでしょうか。
もしその先に我々の会社を選んでくれたとしたら一緒のチームでものづくりが出来ることを楽しみにしています。 


ページTOPへ