最終更新日:2020/4/10

  • 正社員

(株)フレーベル館

業種

  • 出版
  • 商社(教育関連)
  • 商社(文具・OA関連・日用品)

基本情報

本社
東京都
資本金
5,000万円
売上高
社内規定により非公開
従業員
415名(2020年1月現在)
募集人数
若干名
  • 業種 出版、商社(教育関連)、商社(文具・OA関連・日用品)
  • 本社 東京都
  • 資本金 5,000万円
  • 売上高 社内規定により非公開
  • 従業員 415名(2020年1月現在)
  • 募集人数 若干名

出版社?ものづくりの会社?いえ、〈子どもたちの育ちを支える〉会社です!

●▲■伝言板●▲■ (2020/02/28更新)

PHOTO

フレーベル館の採用ページをご覧いただき、誠にありがとうございます!
以下、選考のステップについてご案内いたします。


※現段階の予定につき、状況により変更となる
 可能性がございます。
 詳細につきましては、各ステップごとに
 対象者へご案内いたします。


【WEBエントリー】〈4月10日(金)17:00締切〉

※エントリーの際、質問にご回答いただいた方が
 選考の対象となりますので、ご注意くださいませ。
   ↓
1)WEB選考
   ↓
2)書類選考
   ↓
3)適性検査
   ↓
4)面接選考 ※2~3回予定
   ↓
 【内定】 

*選考結果は全ての方へご通知いたします*

会社紹介記事

PHOTO
【出版事業】『アンパンマン』や『ウォーリーをさがせ!』をはじめ、世代を超えて愛される絵本を世に送り出しています。保育従事者向けの保育図書の出版も行っています。
PHOTO
【保育事業】保育所や幼稚園で用いられる保育用品を扱う保育事業にも力を入れています。企画・開発から販売まで、一貫して「子どもたちのため」を体現しています。

明治40年創業より、事業の根底にあるのは「子どもたちのため」

PHOTO

わくわく!ドキドキ!幼児期の経験を、あなたは今も覚えていますか?当社は、子どもたちの無限の可能性を一つひとつ具体的にするための支援を目指す企業です。

このたびは、当社の企業活動にご興味を持っていただき、誠にありがとうございます。

突然ですが、皆さんが当社にご興味を持たれた「きっかけ」はどのようなものでしたでしょうか。
多くの方が『アンパンマン』や『ウォーリーをさがせ!』など、絵本の存在を挙げてくださるかと思います。

しかしながら、当社の人員構成の半分以上は、【保育事業】と呼ばれる事業が占めています。

保育事業とは、保育所や幼稚園などの託児施設を対象に商品やサービスをつくり出し、提案・販売する事業のことを指しています。これらの活動を通して、子どもたちが多くの時間を過ごす保育環境を支援し、さらには保育の質向上へ貢献することを目指しています。

このほか、商業施設内の室内遊び場をプロデュースする事業や、子ども向けコンテンツを配信するテレビ事業など、様々な事業を行っております。

多くの事業を手がけるフレーベル館ですが、全ての事業の根底には、【子どもたちの育ちを支える】という企業理念があります。
創業当時から変わらない企業理念を持ち、現在でも社員一人ひとりがその意味を理解し、日々の企業活動に活かしています。

私たちの想いに共感し、一緒になってこの理念を体現してくださる方に出会えることを、心から楽しみにしています。

会社データ

プロフィール

フレーベル館が創業したのは、今から100年以上も前のこと。

創業以来110余年、日本ではじめての保育絵本『キンダーブック』や、園の先生と保護者をつなぐ「出席カード」、今も多くの子どもたちから愛されている『アンパンマン』や『ウォーリーをさがせ!』シリーズなど、長く愛されるコンテンツをつくり続けてまいりました。

多くの方々に親しまれている出版事業のほか、保育所や幼稚園などで扱われる保育用品の開発・販売事業(保育事業)にも力を注いでいます。
積み木をはじめとする教育玩具や、ハサミ・のりなどの制作用品、机・椅子などの保育家具、大きなものは園庭の遊具まで…
もしかしたら、皆さんが子どものころに使っていたものは当社の商品かも知れません。

いついかなる時も、次世代を担う子どもたちが安心・安全に伸び伸びと育つ環境づくりを行っていけるよう、これからも様々な角度から挑戦を続けてまいります。

事業内容

PHOTO

昭和2(1927)年、日本ではじめての保育絵本として誕生した『キンダーブック』。今もたくさんの園児たちに愛され続けています。

■図書の企画出版・販売

■保育用品の企画・開発・販売
 ※扱うものは…
 ◇月刊保育絵本(『キンダーブック』)
 ◇机や椅子、園児服などの保育備品
 ◇ハサミや出席カード、積木などの教材教具や玩具
 ◇園庭遊具や室内生活遊具などの大型遊具  など、多岐にわたります。

■商業施設内のキッズスペースや空間の企画・提案

■保育関連用品の輸入

■地上波・CS放送(テレビ)を活用したコンテンツ提供

■知的財産権の許諾および海外版権の売買

■認可保育所の運営(東京都内一箇所)

■その他上記各項に付帯・関連する各種事業
本社郵便番号 113-8611
本社所在地 東京都文京区本駒込六丁目14番9号
本社電話番号 03-5395-6600 (代表)
創業 1907年4月21日
設立 1920年11月27日
資本金 5,000万円
従業員 415名(2020年1月現在)
売上高 社内規定により非公開
事業所 本社および全国19箇所の営業拠点
(北海道支社・埼玉支社・千葉支社・東京支社・西東京支社・神奈川支社・山梨支店・新潟営業所・岐阜支店・名古屋支社・京都支社・大阪支社・神戸支店・姫路支店・岡山支店・広島支社・徳島支店・福岡支社・長崎支店)
株主 凸版印刷(株)
沿革
  • 1907年
    • フレーベル館のはじまり。
      高市次郎が東京麹町区飯田町四丁目に白丸屋開店。
      保育用品の研究製造販売を開始。
  • 1908年
    • 店名をフレーベル館と改称。
      日本玩具研究会設立。
  • 1910年
    • 日英大博覧会に恩物を出品し受賞。
  • 1921年
    • 神田区今川小路に新社屋落成。
      東洋一の児童デパートと宣伝される。
      運動遊具の鉄製化が進む。
  • 1927年
    • 幼稚園令交付に伴い、観察絵本「キンダーブック」創刊。
      創刊号は「お米の巻」。
  • 1959年
    • フレーベル少年合唱団結成。
  • 1973年
    • あんぱんまん『キンダーおはなしえほん』に初登場。
  • 1987年
    • 「ウォーリー」シリーズ第1巻『ウォーリーをさがせ!』を
      刊行し大反響を呼ぶ。
  • 1993年
    • 本社を神田小川町より文京区本駒込に移転、現在に至る
  • 2002年
    • 本社に直営店舗「えほんとおもちゃのお店」開店。
  • 2007年
    • 創立100周年。
      「キンダーブック」創刊80周年。
      横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール内に
      「森の本屋さん」オープン。
      第1回キッズデザイン賞にて
      「キンダーマーカーたふっこ」金賞(経済産業大臣賞)受賞。
  • 2008年
    • 「ウォーリー」の絵本 累計1,000万部突破。
  • 2009年
    • 「それいけ!アンパンマン」キャラクター数1,768体で
      ギネス認定。
  • 2015年
    • 子育て支援施設「フレーベルこどもプラザ」を開設。
  • 2016年
    • 有料室内遊び場施設「Kinder Platz」第一店舗開設。
      子ども向けアニメ番組「きんだーてれび」を
      テレビ東京系で放送開始。
  • 2018年
    • 認可保育所「フレーベル西が丘みらい園」開園。
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2018年
    • 13.4%(67名中9名)

採用データ

問い合わせ先

総務部 採用担当
URL https://www.froebel-kan.co.jp/
E-mail saiyo1@froebel-kan.co.jp
交通機関 東京メトロ南北線「駒込駅」下車 2番出口より徒歩およそ6分
JR山手線線「駒込駅」下車 南口より徒歩およそ8分
都営地下鉄三田線「千石駅」下車 A3出口より徒歩およそ10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp89798/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)フレーベル館と業種や本社が同じ企業を探す。

(株)フレーベル館を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

(株)フレーベル館を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ