最終更新日:2021/1/27

  • 正社員
  • 既卒可

(株)アブアブ赤札堂

業種

  • スーパーマーケット
  • 専門店(アパレル・ファッション関連)
  • 専門店(食品・日用品)
  • 商社(アパレル・ファッション関連)
  • 給食・デリカ・フードビジネス

基本情報

本社
東京都
資本金
10億円
売上高
300億円(2018年2月実績)
従業員
940名(2018年1月現在)
募集人数
6~10名
  • 業種 スーパーマーケット、専門店(アパレル・ファッション関連)、専門店(食品・日用品)、商社(アパレル・ファッション関連)、給食・デリカ・フードビジネス
  • 本社 東京都
  • 資本金 10億円
  • 売上高 300億円(2018年2月実績)
  • 従業員 940名(2018年1月現在)
  • 募集人数 6~10名

【転勤なし】スーパーマーケットとファッション・アパレル専門店の2業態で首都圏を中心にチェーン展開

  • 積極的に受付中

※新型コロナウイルスの対応※ (2020/03/23更新)

PHOTO


新型コロナウイルスの流行に伴い
弊社では、説明会の開催を延期しております。
日程が決まり次第随時情報をアップしてまいりますので
エントリーしてお待ちください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。
(株)アブアブ赤札堂の採用担当者です。

説明会日程は随時アップします。

みなさんにお会いできることを楽しみにしております。
ぜひご参加ください。
尚、一次選考会は任意になります。

会社紹介記事

PHOTO
鮮度の良い食品が並び、豊富な品ぞろえとリーズナブルな価格帯で多くの人々が訪れる赤札堂のスーパーマーケット。地域密着型で、1日に何度も訪れる顧客も多い。
PHOTO
カジュアル系からギャル系、さらに大人の女性向けのファッションまで、人気のトレンドアイテムを揃えているABAB上野店。外国人旅行客も多く訪れる活気ある店舗だ。

首都圏中心の展開で1世紀以上の歴史を持つアブアブ赤札堂。若手社員が活躍できる環境

PHOTO

早期に憧れのバイヤーとなり活躍する戸高さんと、頼れる店長として人気の冨永さん。若い社員が実力を発揮しやすく、働きやすい環境も同社の大きな特徴の一つだ。

●入社後間もなく花形職・バイヤーとして活躍
「ファッション関係の仕事に就くならバイヤー」。アパレル業界を目指す人の本音だと思います。しかし現実的には入社後10年ほどでやっと仕入れに携われることがほとんどです。私は当社の説明会で「若いうちからバイヤーとして活躍できるチャンスをもらえる」と聞いて、入社を決めました。実際にその言葉どおり、入社2年目から服飾雑貨のバイイングを行っています。発注はもちろん展示会への参加や、実際に商品を仕入れた後の売り方を考えるのもバイヤーの仕事。“先を読む力”が問われます。

何気ない会話も先を読むためのヒントです。2019年夏にワンピースが大流行しましたが、その兆候は2018年の年末から表れていました。おしゃれにあまり興味のない妻が「ワンピースが欲しいなあ」と珍しく話し、改めてトレンドを調べるとヒットの兆しがありそうでした。大量に仕入れたところ、春夏の売り上げが過去10年で1番になりました。私以外に、入社数年目で韓国や中国で雑貨のバイイングを行っている社員もいます。若手社員へ大きな裁量権を与えてくれることも当社の特徴ですね。(衣料品マネージャー 戸高祐也さん 2010年入社)

●赤札堂最大面積店の店長に
スーパーマーケットのような小売業は、お客さまから感謝していただける機会が多い仕事です。とりわけ赤札堂は地域密着型で、まるで冷蔵庫のように1日に何度も利用されるお客さまもおられます。私は深川店の青果部門を皮切りに、町屋店の青果サブチーフ、堀切店の青果チーフを経て、現在売り場面積が最も大きい深川店の店長を務めています。店長職は簡単に言うと「人・モノ・お金」の管理を行うわけですが、店長になった今でも一番大切にしているのは接客です。

スピーディーな昇進・キャリアアップの秘訣があるとしたら、お客さま第一に頑張ってきた姿勢かもしれません。青果や総菜など各売り場やレジの担当者が、それぞれに常連客を持っていることがスーパーマーケットの面白さであり、存在価値だと思います。お客さまの質問に情報量の多い返答ができるよう商品知識を蓄える努力も必要です。チームで動く接客業ですから、元気で好かれるキャラクターだと仕事もしやすいでしょう。若手の頑張りや努力をちゃんと評価してくれる会社です。(赤札堂深川店・店長 冨永裕史さん 2007年入社)

会社データ

プロフィール

食品を中心としたスーパーマーケットと上野ABABを核とするヤングファッション専門店の2路線により首都圏で店舗を展開しています。

事業内容
スーパーマーケットとファッション専門店の2業態で首都圏を中心に17店舗をチェーン展開。
スーパーマーケット『赤札堂』(Akafudado)は都内で地域ドミナント戦略を展開中。
アパレル・ファッション専門店『ABAB』(アブアブ)は上野店を核店舗として首都圏にヤングファッション店を展開しています。
本社郵便番号 110-8541
本社所在地 東京都台東区上野4丁目8番4号(ABAB上野店 8階)
本社電話番号 03-3831-8321
創業 1917(大正6)年10月
設立 1971(昭和46)年2月
資本金 10億円
従業員 940名(2018年1月現在)
売上高 300億円(2018年2月実績)
売上構成 スーパーマーケット部門 70%
ファッション専門店部門 30%
事業所 ■赤札堂(12店舗)/都内 12店
■ABAB(5店舗)/都内2店、千葉2店、栃木1店
関連会社 東天紅、トラベル日本、富士サファリパーク、大分アフリカンサファリ、KGカン全日本ガードシステム、ジーエムシー
平均年齢 41歳 (男性 45歳、女性 28歳) ※正社員のみ
代表者 代表取締役社長 小泉 和久
沿革
  • 1917年
    • 東京門前仲町深川に赤札堂洋品店として創業
  • 1970年
    • 上野ABAB誕生、ファッション専門店がスタート
  • 1971年
    • (株)アブアブ赤札堂に社名変更 ※2業態(スーパー・ファッション)による経営戦略が確立
  • 1999年
    • 清澄店オープン
  • 2000年
    • 深川店リニューアルオープン
  • 2002年
    • 川口店、船橋店リニューアルオープン
  • 2003年
    • 堀切店リニューアルオープン
  • 2004年
    • 柏店オープン
  • 2005年
    • 池袋店リニューアルオープン
  • 2006年
    • 町屋店リニューアルオープン、ラブミー町屋店オープン
  • 2008年
    • 堀切菖蒲園店オープン
  • 2012年
    • ラブミー宇都宮店オープン
平均勤続勤務年数
  • 2018年
    • 16.9年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 12.8時間

採用データ

問い合わせ先

〒110-8541
東京都台東区上野4-8-4
総務部人事・給与厚生課
TEL:03-3831-8321
URL http://www.ababakafudado.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp91771/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

(株)アブアブ赤札堂を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

(株)アブアブ赤札堂を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ