最終更新日:2019/10/7

社会福祉法人滋賀県障害児協会

業種

  • 福祉サービス
  • 財団・社団・その他団体

基本情報

本社
滋賀県
資本金
社会福祉法人のため記載無し
売上高
7億4,700万円(2019年3月実績)
従業員
170名
  • 業種 福祉サービス、財団・社団・その他団体
  • 本社 滋賀県
  • 資本金 社会福祉法人のため記載無し
  • 売上高 7億4,700万円(2019年3月実績)
  • 従業員 170名

福祉は学問ではありません。一番大切なのは「人の気持ちがわかるチカラ」です。

会社紹介記事

PHOTO
2019年6月 大津市月輪に「ぽのハウス」が誕生しました!皆さんの新鮮な発想で施設を彩ってみませんか。
PHOTO
自然に笑顔が溢れます。

ICT機器やシステムを積極的に導入して、業務の省力化を図っています。

PHOTO

どうすれば全ての社員に楽しく、気持ちよく働いてもらえるかを考える毎日です。

障がい福祉のトレンドが変わりつつあります。これまで、対象者と支援者というように、明確に立場が分けられていましたが、徐々にその境目がなくなりつつあります。
 例えば、支援者の家族が介護を必要とするようになる一方で、障がいがある人がICTを活用することで他者の支援を担うようになりつつあります。
 また例えば、郊外にひっそりと存在していた福祉施設が小規模化して、街のど真ん中にできるようになると、街の治安や共同性が改善してコミュニティーが再生しています。
 そこで働く人も、障がいがある人の支援をしながら、子どもが保育園で児童福祉を受けることで、持ちつ持たれつの社会になっていきます。
 施設へのボランティアから、地域貢献のためのコーディネーターに転身して、町おこしになくてはならない存在に育った人がいます。
 高齢になっても、短時間で就労できる業態や勤務環境の整備で、支援者として誇りをもって働く仲間もいます。
 私たちは、福祉や医療における高度なノウハウを維持しながら、あえて福祉という枠組を砕いて、街の中へ溶け込もうとしています。福祉が進めば進むほど街が豊かになって、誰もが暮らしやすくなる…そんな障がい福祉を目指し続けます。

会社データ

事業内容
生活介護事業
施設入所支援
短期入所事業(福祉型・医療型特定)
相談支援事業
日中一時支援事業
就労継続支援B型事業所
共同生活援助
居宅介護
重度訪問介護
レスパイト事業
保険診療所
法人本部郵便番号 524-0022
法人本部所在地 滋賀県守山市守山町168-1
法人本部電話番号 077-514-1685
設立 1996(平成8)年4月2日
資本金 社会福祉法人のため記載無し
従業員 170名
売上高 7億4,700万円(2019年3月実績)
事業所 滋賀県(長浜市、守山市、大津市)
沿革
  • 1956年
    • 滋賀県障害児協会の前身、社団法人滋賀県肢体不自由児福祉協会設置。
  • 1957年
    • 現在の父母の会の前身、滋賀県肢体不自由児父母の会連合会が誕生。
  • 1975年
    • 滋賀県肢体不自由児福祉協会が社会福祉法人として改組される。父母の会では、障がい幼児の母子療育の場作り、学齢を超過した重度障がい児の養護学校入学運動、学校卒業者の進路作りや作業所設置運動などに取り組み、この運動は県下に広がりを見せる。
  • 1989年
    • 母子通園センターの統廃合で、協会組織が社団法人へ改組され、父母の会と一体的な運営が行われることを契機に、父母の会が重度障がい者のための生活拠点と街創りを目的とした検討委員会と対策委員会を設置し、「タウンホーム構想」と「ホームタウン構想」を策定。
  • 1990年
    • 重度障がい者の自立と親亡き後対策を兼ねた、「タウンホーム構想」と「ホームタウン構想」、生活拠点創りの運動が開始。
  • 1996年
    • 父母の会会員の努力が実り、社会福祉法人滋賀県肢体不自由児協会が施設経営を目的に、社会福祉法人滋賀県障害児協会として改組。
  • 1997年
    • 重い障がい者の自立支援を目的とした湖北タウンホームが開設され、父母の会も「滋賀県障害児者と父母の会」と改名。地域医療を担う診療所「湖北グリーブクリニック」を開設する。
  • 2006年
    • 粘り強い運動が実り、重い障がいがある方の砦として湖南ホームタウンを開設。
  • 2007年
    • 福祉の街づくり拠点の一翼を担う「かいつぶり診療所」を開設する。
  • 2011年
    • 地域貢献に取り組む団体・ボランティアを支援する地域サポートシステム「おたがいさんネットワーク」を設立する。
  • 2013年
    • 相談支援センター「やじろべえ」を設立する。
  • 2016年
    • 地域交流型 コミュニティ広場を始点として、
      就労継続支援B型事業所:ハーティパーティーをオープン。
  • 2018年
    • ヘルパーステーション「かいつぶり」を開設する。
  • 2019年
    • 共同生活援助 グループホーム「ぽのハウス」を開設する。
平均勤続勤務年数
  • 2018年
    • 8.9年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 6.5時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 7.6日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 2名 0名 2名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 2名 0名 2名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2018年
    • 0.0%(9名中0名)

取材情報

大切なのは「チャレンジするココロ」と「気持ちを理解するチカラ」。
働きやすい環境があるから、仕事もプライベートも両立できます!
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

社会福祉法人滋賀県障害児協会と業種や本社が同じ企業を探す。
社会福祉法人滋賀県障害児協会を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ