最終更新日:2020/5/25

  • 正社員

(株)Pacific Diner Service

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 各種ビジネスサービス
  • 冠婚葬祭
  • 人材派遣・人材紹介
  • 専門コンサルティング

基本情報

本社
大阪府
PHOTO

私たちに一番似合う顔、それは間違いなく“笑顔”です

熊田 健人
2014年
27歳
埼玉大学
経済学部経済学科
ホスピタリティマネジメント事業部 バンケットサービス【The Place Of Tokyo配属】
アシスタントマネージャー

『あなた』の入社までの経歴を教えてください!

兵庫・姫路市出身。中学よりバレーボールをはじめ、大学は夜間主コースに通いながらも、体育会バレーボール部に入部。ある日、対戦相手の先輩から「君、笑顔が素敵だからブライダル業界でも受けてみたら?」と声を掛けられ、人生が変わる。そこで出会ったのが、ダイナーサービスでした。


Pacific Diner Serviceへ入社のきっかけ、動機を教えてください!

「OMOTENASHIを極めたい。」「じゃあOMOTENASHIの頂点ってなんだろう?」「そうだ!結婚式だ!」っで飛び込んだブライダル業界。プランニングでもない。サービスがしたい。そんな中であったダイナーサービス。

こんな人たちと一緒に居たい。なにをするか?より誰といたいか?
この軸で考えたとき、迷いなく選んだのがダイナーサービスの方々だった…。入社のきっかけはこんな感じです。


Pacific Diner Serviceで働く上で、楽しさ・やりがいを具体的に教えてください!

入社して悩んでいたこと。自分がやっていることは、本当にお客様のためになっているのか?一緒に働くメンバーのためになっているのか?そんなことばかりを考えていたある日の披露宴。親族様ばかりのパーティでした。どこか迷いがある私の目の前に広がる光景は、お子様と楽しそうに遊んだり、おじいさまの思い出話を楽しそうに笑顔で聞くアルバイトメンバーの姿。お料理の魅力を一生懸命に伝える姿。どれもシンプルに、だけどお客様に向き合う姿でした。そうしたみんなを見たとき、私たちはサービスマンである前に、人間であって、ひとつひとつの瞬間の中で関わり合いを大切にしなくちゃいけないなって思ったパーティでした。そして何より、笑顔はすごいです。ひとを幸せにする。

そうしたパーティも結びを迎え、お見送りする際に、新郎のお父様から言われた一言。
「やっぱり笑顔って大事だね。心が洗われたようだよ。」

私たちは記録に残らなくても、記憶には残るかもしれない。
本当に大切なものに気付けた、そんな1日でした。
ひとりひとり答えは違うかもしれませんが、私は思います。
「私たちに一番似合う顔、それは間違いなく“笑顔”です」


挫折を味わった経験はありますか?そのエピソードを教えてください!

挫折…。アルバイトメンバーからの信頼を得られなかった話。

新規店舗立ち上げで、周りは先輩社員の方々とチームを組んだ時、私は一番下。もちろんポジションも一番下。あるアルバイトメンバーが言いました。「たけさんキャプテンじゃないから、私キャプテンの言う事しか聞かなーい。たけさんも一緒じゃん。」社員としての何もできない自分に心を痛めた瞬間でした。悩みに悩みました。自分にできること、存在意義…。そこで私は思いました。

「圧倒的アルバイトリーダーになる」その日から、社員用のスーツは着なくなり、アルバイトメンバーと同じ制服で、誰よりも声を出し、笑顔で居続けました。先輩社員の誰よりもアルバイトメンバーのことを知り、誰よりもメンバーの事を楽しそうに話せる自信がありました。その時からですかね、私がチームにいる意味を見出せたのは。アルバイトメンバーがいてくれるから、私たちはお客様をお迎えできる。大切にしなければいけないのは、いま周りに居てくれるメンバーだということ。これに気付いた時、自身が話す言葉や表情は変わったと思います、きっと。


将来、Pacific Diner Serviceをどのようにしていきたいですか?

働きがいのある会社ランキング1位を目指してみたい!これは私のミッションですね。(笑)
今が働き甲斐がない!と言っているわけではなくて、会社として、企業として確かな根拠をもって言えるようになりたいんですよね。労働環境や給与など確かな数字をもって。(笑)
伸びしろのある会社ランキングはずっと1位だと思っています。


ページTOPへ