最終更新日:2020/9/10

  • 正社員
  • 既卒可

埼玉新都市交通(株)【ニューシャトル】

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 鉄道

基本情報

本社
埼玉県
資本金(払込資本額)
20億円
売上高
36億179万円(2019年3月期)
従業員
138名<男性96名、女性42名>(2020年1月1日現在)
募集人数
若干名
  • 業種 鉄道
  • 本社 埼玉県
  • 資本金(払込資本額) 20億円
  • 売上高 36億179万円(2019年3月期)
  • 従業員 138名<男性96名、女性42名>(2020年1月1日現在)
  • 募集人数 若干名

大宮駅(さいたま市)と内宿駅(伊奈町)を結ぶ「ニューシャトル」の運行を通じて、沿線地域発展の原動力として、地域と共に歩み続ける会社です。

◇◆◇◆◇ ご 案 内 ◆◇◆◇◆ ~新型コロナウイルスへの対応~ (2020/09/10更新)

PHOTO

◇◆◇◆◇◆◇◆◇----------------------------------‐‐‐‐‐‐

埼玉新都市交通(株)総務部の採用担当です。
弊社のページをご覧いただき誠にありがとうございます。

※エントリーの受付は、終了いたしました。

----------------------------------‐‐‐‐‐‐‐◆◇◆◇◆◇◆◇◆

会社紹介記事

PHOTO
ニューシャトルは、軽量コンパクトなゴムタイヤ式の鉄道です。伊奈町、上尾市、さいたま市の沿線の皆さまの通勤・通学などの足として、地域社会の暮らしに貢献しています。
PHOTO
鉄道博物館へのアクセス路線としてもご利用いただいており、小さなお子さま連れからご年配まで幅広い層の鉄道ファンの皆さまにも愛される鉄道を目指しています。

鉄道の安全を担い、地域社会に貢献する、やりがいのある仕事に取り組める会社です!

PHOTO

車両は長さ8m、重量約10トンとコンパクト、車輪もゴムタイヤでバスに近いですが、三相交流600Vの電源を動力として、排気ガスの出ないエコロジーな公共交通機関です。

 私たちが運行する「ニューシャトル」は、定員約260人のコンパクトな列車ながら、一日あたり約52,000人のお客さまにご利用いただいています。一日に200本を超える列車を安全かつ正確に運行し、お客さまや地域の皆さまのご期待に応えるため約140名の従業員が日夜努力しています。鉄道事業者としては比較的小規模である分だけ、一人ひとりの従業員の守備範囲は広く、担当業務の垣根を越えて連携しながら日々の列車運行と会社経営を担っています。
 自治体等の支援を受けて開業したニューシャトルは、開業当初は赤字続きでしたが、お客さまの増加により経営は好転し、累積赤字も解消してきました。現在は、輸送サービスのレベルアップを図りつつ、自治体等のご負担を減らしていくため、完全自立経営に向けた財務強化に取り組んでいるところです。開業から36年が経過して設備更新も佳境を迎えている中で、効率化やコストダウンなどの課題も多く、日々の列車運行だけではない様々なフィールドで活躍する新しい力が求められています。
 鉄道の安全運行を担いつつ、お客さまや地域の皆さまのご期待に応えるやりがいのある仕事に、私たちと一緒にチャレンジしてみませんか。

<代表取締役常務 渡邉 哲>

会社データ

プロフィール

 当社は、埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル)を運行する会社で、1980年に設立した第3セクターです。現在は、埼玉県、さいたま市、上尾市、伊奈町の各自治体、東日本旅客鉄道(株)とそのグループ会社、東武鉄道(株)及び金融機関10社から出資いただいています。

 東北・上越新幹線の開業に際し、沿線の皆さまの通勤・通学などの足として、新幹線の高架橋を利用する形で1983年に開業しました。当時としては新しいコンパクトな車両とゴムタイヤによる新交通システムで、約1kmおきに駅を設置するなどバスと鉄道の中間を担う中量輸送機関と位置付けられています。

 開業以来、地域の皆さまの日常に欠かせない公共交通機関として、安全で安定した列車運行の提供を目指しつつ、沿線地域の発展と共に成長を続けています。



☆もっと知りたい!! ニューシャトル

●走行路は東北・上越両新幹線の高架張り出し部分を活用した高架方式です。

●車両は小型軽量でゴムタイヤのため騒音・振動は少なく、冷暖房も完備しており、乗り心地は快適です。

●列車は6両編成で中量輸送として人にやさしい交通機関と位置付けられています。

●ニューシャトルの最高速度は60km/hです。

●ニューシャトルの名称は、2点間を往復する交通機関などを示す英語の「シャトル(Shuttle)」で、大宮~内宿間を折り返し運転する新交通システム(中量輸送機関)という意図で名付けられました。

●駅はバス停並みに概ね1kmごとに設けられています。

●電車はコンピュータシステムによるATC(自動列車制御装置)やARC(自動進路制御装置)を採用し、安全が確保されています。

●沿線には鉄道博物館、伊奈町バラ園、無線山桜並木、原市沼古代蓮を抱え、多くの学校群(日本薬科大学、伊奈学園総合高校、大宮工業高校、栄北高校、国際学院高校ほか)、吉野原地区工業団地(大正製薬、北川鐡工所、信越ポリマーほか)、ショッピングセンター(ステラタウン、ウニクス伊奈、イオン)もあります。 

事業内容
(1)鉄道による一般運輸事業
(2)土地・建物の売買、賃貸借、管理及び建設業
(3)文化・娯楽・スポーツ施設及び駐車場の経営
(4)飲食業、物品販売業、旅行業及び広告業
(5)収入印紙、郵便切手及びたばこの販売業
(6)前各号に附帯する事業及び関連する一切の事業
本社郵便番号 362-0806
本社所在地 埼玉県北足立郡伊奈町小室288番地
本社電話番号 048-722-1221
設立 1980(昭和55)年4月1日
資本金(払込資本額) 20億円
従業員 138名<男性96名、女性42名>(2020年1月1日現在)
売上高 36億179万円(2019年3月期)
事業所 さいたま市、上尾市、伊奈町
売上高推移 決算期          売上高
────────――──――――――――──    
2013年3月期       32億3,651万円
2014年3月期       33億2,954万円
2015年3月期       32億8,431万円
2016年3月期       33億9,007万円
2017年3月期       34億2,483万円
2018年3月期       35億 610万円
2019年3月期       36億 179万円
株主構成 【株主19名】
■埼玉県及び沿線自治体(40%)
    →さいたま市、上尾市、伊奈町

■東日本旅客鉄道(株)及びそのグループ会社(40%)
          →(株)ルミネ、(株)鉄道会館、JR東日本テクノロジー(株)

■東武鉄道(株)(5%)

■金融機関(15%)
→(株)埼玉りそな銀行、(株)みずほ銀行、(株)三菱UFJ銀行、(株)三井住友銀行、(株)武蔵野銀行、埼玉縣信用金庫、(株)りそな銀行、三菱UFJ信託銀行(株)、
三井住友信託銀行(株)、みずほ信託銀行(株)
代表者 代表取締役常務  渡邉 哲
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 12.1年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 7時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 15.5日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 0名 10名 10名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 0名 1名 1名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2019年
    • 0.0%(29名中0名)

採用データ

問い合わせ先

〒362‐0806
埼玉県北足立郡伊奈町小室288番地
埼玉新都市交通(株) 採用担当宛 
TEL:048-722-1221(代表)
URL http://www.new-shuttle.jp/
交通機関 埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル) 丸山駅改札前
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp96662/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
埼玉新都市交通(株)【ニューシャトル】と業種や本社が同じ企業を探す。

埼玉新都市交通(株)【ニューシャトル】を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ