最終更新日:2020/8/30

  • 正社員

(株)ツルハ【薬剤師職】(調剤薬局/ツルハグループ)

業種

  • ドラッグストア
  • 調剤薬局
  • 福祉サービス

基本情報

本社
北海道
資本金(単体)
42億5,200万円
売上高
4,093億5,000万円(2019年5月) 8410億3,600万円(2020年5月連結)
正社員数
4,561名(2020年5月) 9,284名(グループ全体:2020年5月)
募集人数
101~200名
  • 業種 ドラッグストア、調剤薬局、福祉サービス
  • 本社 北海道
  • 資本金(単体) 42億5,200万円
  • 売上高 4,093億5,000万円(2019年5月) 8410億3,600万円(2020年5月連結)
  • 正社員数 4,561名(2020年5月) 9,284名(グループ全体:2020年5月)
  • 募集人数 101~200名

北海道・東北地区で高いシェアを誇るドラッグストア。関東、関西への出展も強化中!地域密着型・調剤薬局&ドラッグストアを展開しています。

☆★ツルハへのアクセスありがとうございます!★☆ (2020/08/30更新)

PHOTO

みなさん、こんにちは! (株)ツルハです。
2021年卒採用(薬剤師職/総合職)を行なっております。
こちらのマイナビ掲載では【薬剤師職】のエントリー受付を行っております。

調剤併設型ドラッグストアで、地域の方々の健康をサポートするお仕事です。
当社へご興味・ご関心いただけた方は、ぜひマイナビよりエントリーしてください!!

◆【薬剤師職】薬剤師免許取得予定の方対象です。  

【総合職採用窓口はコチラ】
http://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp207537/outline.html

会社紹介記事

PHOTO
北海道・東北から関東・中部・関西、四国、そして海外へと店舗拡大。圧倒的規模を誇りながらも、店舗間や他エリアとの交流を日常的に行う“温かな風土”もツルハの強み。
PHOTO
調剤薬局併設店の多いツルハは、調剤報酬額がドラッグストア業界の全国3位。学術発表大会や学会発表など、向上心があればいくらでも成長できる環境が魅力だ。

薬剤師として、人として、成長を実感できる場所。それがツルハの調剤・ドラッグストア

PHOTO

2019年入社の同期でもある高松さん(上)と川嶋さん(下)。合同での新人研修も行っており、同期のつながりも強い。全国で活躍する仲間がいることは大きな励みにもなる。

●1年目から薬剤師の経験値を高めていける環境
患者様第一を掲げる薬局はたくさんありますが、その真価は患者様への対応の丁寧さや時間だと思います。ツルハは患者様とゆっくり話せる薬局であることだけでなく薬歴を充実させることで、それを見ればあの患者様だと思い浮かべられるように研修の段階から指導しているんです。

ツルハの姿勢が実際の調剤に役立った例があります。本人の希望があれば様々な地域の店舗を一定期間経験でき、私は台風19号の被災地の店舗に勤務しました。そこで患者様が来た際、最初は冷蔵保存が必要な薬を用意する予定でしたが、お話を聞くと被災されて冷蔵庫が使えない状態とのこと。そこで冷蔵しなくてもよい薬を検討し、しっかりと説明して調剤したんです。いろいろな事情をお持ちの患者様に対応し、経験値を上げていけるのも全国展開のツルハだからできることですね。

私は同じ薬学部に通っていた現在の妻と一緒に入社しました。2人で暮らす都内のマンションの家賃はほぼ会社負担。将来異動がある場合も、夫婦一緒に同じ地域での勤務を希望することも可能で、働きやすさの面でも恵まれていると感じています。
(高松さん/2019年入社)

●地域のため、患者様のために本気で向き合える薬局
ツルハは薬剤師を育てるのが上手で、研修も工夫しています。特に印象的なのは、北海道研修の最後に行ったツルハフェスタでのお客様の健康相談。そこではじめて多くのお客様とお話して、接客を経験した後に店舗配属されます。現在は独り立ちして間もない状況ですが、ツルハにはお手本にしたい先輩がたくさんいて、先輩を見ながら良い部分を学んでいるところです。

実際に働いて感じたことは、サプリメントと薬の飲み合わせなど、想像以上に多種多様な質問を受けること。大学でも飲み合わせは学びますが、患者様に曖昧な返事はできません。なのでじっくり調べて、後日患者様にお伝えしたところ、時間がかかったにも関わらず「やっぱり薬剤師さんは何でも知っているね」という言葉をいただきました。1年目で自分の知識不足を痛感していた時期だったので、患者様の言葉に救われた思いでした。

ツルハは薬剤師がいろんな将来像を描ける会社。本部でマネジメントや教育などに進む道もありますが、私は今後も店舗という現場で、1人でも多くの患者様の健康に貢献していきたいですね。
(川嶋さん/2019年入社)

会社データ

プロフィール

【社員教育制度の充実】
「医薬品・商品知識」「接客方法」を中心とした教育体系を構築、新入社員研修をはじめとした階層別研修を核に、職能別研修、資格取得講座や海外研修制度、通信教育制度があり、全社員が充分な教育を受けられるように整備されています。

【調剤併設店舗の展開】
現在、調剤薬局は併設店舗を中心にグループ全体で540店舗展開しています(2019年1月現在)。調剤薬局併設店舗の拡充により、店舗ネットワークを活かして面分業への対応をはかるとともに、お客様の個人データを集約した「薬暦管理システム」の構築で、質の高い医療サービスの確立を目指します。

【「介護のことならツルハへ」を目指して】
2005年11月にツルハドラッグ元町店(札幌市東区)に、ツルハホスピタリティプラザ「いきいき・らくらく」を開設しました。医療・福祉の有資格者が常駐しカウンセリングに重点を置いた特定福祉用具販売事業所(北海道知事の指定)として関連商品の販売とサービスの提供を実施しています。2007年11月には、旭川市に2号店(東6条店)が開設しました。今後は、基幹店舗として主要都市への拡充をはかる予定です。これと関連し「福祉用具専門相談員」の資格を持つ社員を増やし、オムツ用品を代表とする生活必需品を中心にしっかりと相談・アドバイス・販売ができる店舗づくりを行っていきます。
また、“支える人を支えるために”をテーマに「在宅介護フォーラム」を2006年より開催しています。介護に関する理解を深める場・笑顔を提供できる場としてお客様より好評をいただいております。

【育児短時間勤務制度の実施】
育児の支援に関して、短時間勤務制度を現在約200名の社員が利用しています。育児短時間勤務制度とは、出産後育児休業を終えて職場復帰した女性社員やその夫が子育て時間をとれるように短時間勤務を通常よりも2時間短い6時間にできる制度です。お子さんが小学校3年生を終了するまで適用できる、仕事と子育ての両立をサポートする制度となっています。

事業内容

PHOTO

調剤併設店を積極的に展開中

■地域に愛され、喜ばれる「日本一のドラッグストアチェーン」を目指して

●調剤事業
地域の皆様の「かかりつけ薬局」を目指し、医薬分業に対応した調剤部門【治療機能】と、セルフメディケーション意識の高まりに応えるOTC部門【予防機能】での総合的なサービスを提供するための体制づくりに力を入れています。地域の皆様にわかりやすく親切な健康相談、服薬指導などを行えるよう、調剤研修センターを利用した薬剤師のスキルアップや、グループ内の学術発表会を通した専門知識の向上などを行なっております。

●ドラッグストア事業
当社グループの中核をなすドラッグストア事業は、地域集中出店によるシェア拡大を早期に図るドミナント戦略を推進し、お客さまにとって、いつも身近にあるという「安心」と「信頼」のドラッグストアを目指しています。グループ体制の確立によるローコストオペレーション効果を商品価格へ反映させるほか、地域や特性に合わせた多彩なタイプの店作りを行い、お客さまの視点に立った、地域に愛され、喜ばれる日本一のドラッグストアチェーンの構築に取り組んでいます。

●介護事業
来るべき超高齢社会に向けて、ドラッグストア・調剤薬局としての店舗網を生かし、地域医療や介護ネットワークを担うサポートセンターを目指した介護サービスを推進しています。介護・福祉用品の充実を積極的に図るとともに、一部の店舗では専門スタッフによる介護相談窓口を設け、より利便性の高いサービスの展開に取り組んでいます。

●通信販売事業
2009年より、オンラインショップ「e-shop」を通じたネット販売、及び電話・FAX受注による通信販売を行っております。店舗販売で培ったノウハウを活用し、店舗展開地域以外のお客様も含め、全国に商品を供給するための販売チャネルを拡充しています。
医薬品、サプリメント、健康、美容、ダイエット用品など暮らしに役立つ商品を取りそろえております。また、お買い物の際はツルハグループポイントもご利用いただけます。

●グループサポート事業
当社グループは全国展開によるスケールメリットを最大限に発揮するため、グループ経営の効率化を図っております。

・物流・商品調達・MDサポート、PB商品企画開発、通信販売 -株式会社ツルハグループマーチャンダイジング(TGMD)
・生命保険・損害保険代理店業務-株式会社ツルハフィナンシャルサービス
本社郵便番号 065-0024
本社所在地 北海道札幌市東区北24条東20-1-21
本社電話番号 011-783-2755
創業 1929年(昭和4年)5月
設立 1963年(昭和38年)6月
資本金(単体) 42億5,200万円
正社員数 4,561名(2020年5月)
9,284名(グループ全体:2020年5月)
売上高 4,093億5,000万円(2019年5月)
8410億3,600万円(2020年5月連結)
平均年齢 35.3歳(2020年5月)
店舗所在地 2020年5月現在
ツルハ店舗数:1,185店舗(調剤薬局内数287店舗)
北海道:400店舗(98店舗)
東北:509店舗(99店舗)【青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島】
関東・甲信越:242店舗(61店舗)【茨城、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川、
                新潟、山梨、長野】
中部・関西:74店舗(25店舗)【愛知、滋賀、京都、大阪、兵庫、和歌山】
四国:21店舗(4店舗)【高知】
海外:22店舗【タイ】


※ツルハグループ合計:2,347店舗(調剤薬局内数639店舗)
※ツルハ出店地区:北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、
         茨城、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟
         山梨、長野、愛知、滋賀、京都、大阪、兵庫、
         和歌山、高知、沖縄、タイ
業績推移(連結)  決算期  売上高  経常利益  経常利益率
-------------------------------------------------------
(2014.5) 3,884億円  253億円  6.5%
(2015.5) 4,404億円  279億円  6.3%
(2016.5) 5,275億円  326億円  6.2%
(2017.5) 5,770億円  386億円  6.7%
(2018.5) 6,732億円  416億円  6.2%
(2019.5) 7,824億円  433億円  6.8%
(2020.5) 8,410億円  450億円  6.9%
持株会社 (株)ツルハホールディングス
グループ会社 (株)くすりの福太郎
(株)ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本
(株)レデイ薬局
(株)杏林堂薬局
(株)ビー・アンド・ディー
JR九州ドラッグイレブン(株)
沿革
  • 1929年
    • 5月 北海道旭川市に「ツルハ薬師堂」創業
  • 1975年
    • 5月 (株)クスリのツルハコントロールセンター 現:(株)ツルハを北海道旭川市に設立
  • 1985年
    • 3月 店舗数50店舗となる
  • 1987年
    • 6月 関東1号店(六郷店:東京都)開店
  • 1989年
    • 7月 店舗数100店舗となる
  • 1991年
    • 8月 (株)クスリのツルハコントロールセンターから(株)ツルハに商号変更、本社を札幌市東区に移転
  • 1995年
    • 1月 ジャスコ(株) 現:イオン(株)と業務・資本提携契約を締結
      10月 東北1号店(幸町店:秋田県)開店
  • 1998年
    • 6月 日本証券業協会に株式を店頭登録
  • 1999年
    • 4月 店舗数200店舗となる
  • 2001年
    • 2月 東京証券取引所市場第二部に上場
      11月 (株)リバース(神奈川県)を子会社化
      11月 店舗数300店舗となる
  • 2002年
    • 5月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
  • 2004年
    • 4月 店舗数400店舗となる
  • 2005年
    • 11月 持株会社(株)ツルハホールディングスを設立
  • 2006年
    • 8月 店舗数500店舗となる
      12月 (株)ツルハホールディングスが(株)くすりの福太郎と業務・資本提携契約を締結
  • 2007年
    • 3月 PB商品の企画・製造・販売促進専門会社(株)ウイング設立
      10月 店舗数700店舗となる
  • 2008年
    • 4月 (株)ウイングの株式を取得し子会社化
      5月 グループ売上高2,000億円突破
      5月 (株)スパーク(愛知県)の株式を取得し子会社化
      12月 (株)ツルハグループマーチャンダイジング設立
         (株)ツルハフィナンシャルサービス設立
  • 2009年
    • 1月 店舗数800店舗となる
      2月 (株)ウェルネス湖北(島根県)の株式を取得し子会社化
      3月 (株)ツルハeコマース設立
      11月 (株)セベラル(東京都)事業を譲受け
  • 2010年
    • 4月 店舗数900店舗となる
      6月 新業態店grouge1号店(グロージェ・泉大沢店:仙台市)開店
      10月 タイ国・サハグループとの業務提携およびタイ駐在員事務所開設
  • 2011年
    • 4月 (株)ウイングの株式を取得し子会社化
      12月 タイ国におけるサハグループとの合弁会社設立
  • 2012年
    • 4月 店舗数1,000店舗となる
      7月 タイ国1号店(ゲートウェイ・エカマイ店)開店
  • 2013年
    • 8月 (株)スパークを吸収合併
      8月 (株)ウエダ薬局(和歌山県)の株式を取得し子会社化
      10月 (株)かもめ(高知県)から15店舗の事業を譲受け
      11月 (株)ウエダ薬局を吸収合併
      12月 (株)ハーティウォンツ(広島県)の株式を取得し子会社化
  • 2015年
    • 5月 (株)ツルハが(株)リバースを吸収合併
      8月 (株)ウェルネス湖北(島根県)と(株)ハーティウォンツ(広島県)が合併し(株)ツルハグループドラッグ&ファーマシー(広島県)を設立
      10月 (株)レデイ薬局(愛媛)の株式を取得し子会社化
  • 2017年
    • 9月(株)杏林堂グループ・ホールディングス(静岡)の株式を取得し、同社および(株)杏林堂薬局(静岡)を子会社化
      10月(株)くすりの福太郎が(株)ドラッグ・アーバン(東京)からドラッグストア・調剤薬局3店舗の事業を譲受け
  • 2018年
    • 5月(株)ビー・アンド・ディーホールディングス(愛知)の株式を取得し、同社および(株)ビー・アンド・ディー(愛知)を子会社化
      8月 店舗数2,000店舗となる
      9月(株)ツルハが金秀商事株(沖縄)とフランチャイズ契約を締結
  • 2020年
    • 5月 JR九州ドラッグイレブン株式会社(株)(福岡)の株式を過半数取得し、JR九州ドラッグイレブン株式会社(株)(福岡)を連結子会社化
平均勤続勤務年数
  • 2020年
    • 9.1年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2020年
    • 7.4時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2020年
    • 7.4日

採用データ

問い合わせ先

〒065-0024
北海道札幌市東区北24条東20-1-21
(株)ツルハ 薬剤師職採用担当
TEL:011-783-2755
URL http://www.tsuruha.info/
E-mail yakugaku@tsuruha-cs.com
交通機関 地下鉄東豊線「元町駅」下車3番出口より徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp96791/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ツルハ【薬剤師職】(調剤薬局/ツルハグループ)と業種や本社が同じ企業を探す。

(株)ツルハ【薬剤師職】(調剤薬局/ツルハグループ)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

(株)ツルハ【薬剤師職】(調剤薬局/ツルハグループ)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ