最終更新日:2020/5/28

  • 正社員
  • 既卒可

(株)友愛メディカル【友愛薬局】

業種

  • 調剤薬局

基本情報

本社
千葉県
PHOTO

患者様に真摯に向き合う薬局

関根 大介
2016年入社
25歳
北里大学
薬学部 薬学科
調剤業務、服薬指導等

入社から現在までの仕事内容

入社して最初の1か月は研修になります。研修では基本的な仕事の行い方を覚えつつ、複数の店舗を回ることになります。店舗を回ってたくさんの先輩方とお話しすることができ、また個々の薬局に特徴的な処方、機器などを見ることができてとても楽しく、充実していたことを覚えています。
研修が終わると配属になります。配属後はいきなり鑑査、服薬指導を行うことはなく、調剤から少しずつ業務を行っていくことになります。日々の調剤の中で知識を蓄え、理解を深めてから服薬指導へと移っていきます。また、指導係の先輩についていただき、一から熱心に、丁寧にご指導いただくことができます。私は特に服薬指導において、先輩にたくさん質問をさせて頂きました。始めの頃は患者様からの質問にどう答えればよいのかわからず、指導の度に先輩に質問をさせて頂いていました。先輩方はどんなに忙しくても優しく、丁寧に教えてくださりました。
入社から半年後の現在、調剤から服薬指導までの一連の業務をこなせるようになりましたが、まだまだ先輩方にご指導いただいている最中です。お世話になった先輩方に少しでも早く恩返しできるよう、日々の業務に一生懸命取り組んでいます。


仕事をしていて嬉しかったこと

服薬指導を通し、患者様にお礼を言って頂けたことです。
ある患者様へ服薬指導が終わった後の事です。投薬後、患者様は「ご丁寧にどうもありがとうございました。」と仰いました。それだけでとても嬉しいことですが、その患者様は私が調剤室に戻ってからももう一度、「どうもありがとうございました。」と言って深々と頭を下げてお帰りになりました。
薬剤師として働く中で、患者様に心から感謝されていることを感じて非常に嬉しい気持ちになりました。これからも患者様に対して真摯に向き合い、少しでもお役に立てるよう、丁寧に指導を行っていくつもりです。


就職を決めるきっかけとなったこと

会社説明会の際に常務取締役の先生、統括部長の先生とゆっくりお話しさせていただいたことが就職のきっかけになりました。お話を通して、患者様、従業員に対して本当に真摯に向き合っていることを感じ、「この方々なら社会人として、薬剤師として自分をしっかりと育ててくれそうだ。」と素直に思い入社しました。


仕事における必須アイテム

医薬品について調べたものと、業務内容を書いた2冊のメモ帳です。同じ失敗を2度起こさないよう、また同じ質問を先輩にしないように、わからないことがあったら逐一メモをするようにしています。また、ガイドラインやインタビューフォーム等から服薬指導に生かせそうな内容を抜粋し、メモして指導に活かしています。


学生へのメッセージ

学生時代は時間があります。その時間を有意義に使って、様々な経験をし、多様な価値観に触れてください。就職活動や国家試験など、大変なこともあるかもしれませんが、遊びに勉強に、メリハリをつけて一生懸命取り組んでください。


ページTOPへ