最終更新日:2021/8/19

(株)大光食品

  • 正社員

業種

  • 食品

基本情報

本社
長崎県
資本金
2,000万円
売上高
100億円(2020年度6月期決算)
従業員
259名(うち正規社員121名、非正規社員138名)
募集人数
若干名

創業50周年を迎え、年商約100億円の安定基盤を確立している食品メーカー。地元である長崎県産の食材にこだわり、全国規模でブランド展開を推し進めています。

営業職・事務職の追加募集開始! (2021/08/10更新)

PHOTO

このたび営業職・事務職の追加募集をさせていただくこととなりました!
★8/24(火)会社説明会開催(予約開始:8/11(水)12:00~)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新型コロナウイルス感染防止のため、下記の対策を行います。

・WEB採用の実施(説明会、選考会)

【対面の場合】
・ソーシャルディスタンスの確保、三密の回避
・入口での非接触型体温計による検温、手指のアルコール消毒
・会場設備の消毒、定期的な換気
・対応スタッフのマスク着用
・最少人数での対応

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(株)大光食品のホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://shimabarakobo.com/

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
女性活躍を重要な課題と位置づけ、女性が安心してキャリア形成できる環境づくりにも力を入れています。産休・育休を取得した女性社員たちの復帰率はほぼ100%です。
PHOTO
積極的に開発を続けている自社ブランド商品の数々。島原が誇る美味しい食品を、長崎県内はもちろんのこと、日本全国へと送り出していくダイナミックなやりがいがあります。

人々の楽しみが少ない状況だからこそ、「食」を通じてたくさんの喜びを提供したい!

PHOTO

山中社長(左)と村山さん(右)。創業50周年の変革期にある中で、ますます若手のアイデアが求められており、社歴や年齢などに関係なく活躍できるチャンスがあります。

私たちが創業50周年という記念すべき節目を迎えた2020年、新型コロナウイルス感染症の発生により、社会は大きな変化を余儀なくされました。外食産業に食材を卸している当社にとっても、その影響は決して小さくありません。しかし、これを機にインターネットでの通信販売、SNSを使ったプロモーションを強化。近年、自社ブランドの確立に向け注力してきた『島原ハム』や『雲仙しまばら鶏』、『雲仙しまばら豚』、『長崎じげもん豚』などをエンドユーザーに向けて販売する、新しい事業を本格化させたのです。現在は、さまざまなイベントが中止されたり、スポーツも無観客で実施されたり、自由にどこかへ遊びに行くこともままならない状況。個人や家族の楽しみが大変少なくなっています。だからこそ、私たちは「美味しいものを食べる喜び」を世の中に提供したい。当社はこのコロナ禍を、デジタルを始めとした手法により、家庭内消費へ訴求する良いチャンスだと捉え、Webを通じた情報発信など、新たな挑戦を始めています。「美味しく、健康に育てられた商品づくり」というこだわりを守りながらも、変化する時代のニーズへと柔軟に対応する。そこから、次なる50年の歴史が幕を開けると私は考えています。
<代表取締役/山中 数浩>


大学で食品衛生監視員の資格を取得していたので、私は品質管理への配属を希望していました。しかし、採用担当の方から「営業のほうが向いているのでは?」とご提案いただき、挑戦してみることに。実際に始めてみると、やはり営業で良かったと実感しています。と言うのも、私は大学までずっと野球をしていました。そのため一日中工場の中で仕事をする品質管理よりも、フットワーク軽く外に出て仕事をするほうが性に合っていたんでしょうね。きっと採用担当の方も、それを見抜いてくれていたんだと思います(笑)。そして、現在は先輩に同行してお客様との人間関係づくりに取り組みながら、美味しいお肉を見抜く力を身につけようと努力しているところ。この目利きがきちんとできるようになれば、一人立ちしてもお客様から頼られる存在になれると考えています。
▲村山 廣太(2020年入社)/島原営業所
※近畿大学産業理工学部生物環境化学科卒

会社データ

プロフィール

大光食品は、1970年に創業した長崎県島原市にある食品メーカーです。日本名水百選に選ばれた島原湧水群に囲まれた環境のもと、安心・安全な食品を全国の皆様にお届けしています。当社の特徴は選びぬかれた素材を万全の品質管理のもとで加工することで、お客様から支持される環境を整えています。
当社で取り扱っている食品は、牛(国内・輸入)、豚(国内・輸入)、鶏(国内・輸入)、冷凍食品、冷凍野菜、冷凍魚介類、惣菜 、飼料までさまざま。その中でも、地元のブランド肉である「雲仙しまばら豚」「雲仙しまばら鶏」「長崎じげもん豚」を中心に、付加価値の高い食品も提供しています。「広く地域社会に貢献を」をモットーに活動し、吟味された飼料の提供から始まり、生産指導、精肉としての一次加工品、未加熱加工品、加熱加工品まで幅広く製造。 長崎県内はもちろんの事、自社配送にて物流しており、かつ、営業所、工場にかかわらず、品質・衛生面を厳しく管理し、我社が求める「生産から食卓まで」の安全、安心を守り続けています。

事業内容
食肉処理、食肉販売、飼料販売、食肉製品製造販売、調理冷凍食品製造販売など

PHOTO

株式会社大光食品 本社

本社郵便番号 855-0062
本社所在地 長崎県島原市本町甲183-1
本社電話番号 0957-64-4750
設立 1970年9月
資本金 2,000万円
従業員 259名(うち正規社員121名、非正規社員138名)
売上高 100億円(2020年度6月期決算)
事業所 本社=長崎県島原市
工場=長崎(島原市、雲仙市、大村市、佐世保市)
営業所=長崎(島原市・大村市・佐世保市)
    福岡(古賀市)、東京、大阪
代表者名 代表取締役 山中数浩
販売品目構成比 食肉販売60%、冷凍食品販売30%、飼料販売10%
主要販売品目 牛(国内・輸入)、豚(国内・輸入)、鶏(国内・輸入)、冷凍食品、冷凍野菜、冷凍魚介類、惣菜 、飼料
主要取引先 味の素冷凍食品(株)、(株)ニチレイフレッシュ、日本食研(株)、伊藤忠飼料(株)、
イオン九州(株)、マックスバリュ九州(株)、(株)サンリブ 他 (順不同、敬称略)
取引銀行 十八親和銀行
経営理念 大光食品は、「広く地域社会に貢献を」をモットーに活動しております。長崎県の水の都「島原」に畜産の本拠を置き、雲仙岳の裾野で、豊富な水を利用した養豚、養鶏に広く関わっております。
吟味された飼料の提供から始まり、生産指導、精肉としての一次加工品、未加熱加工品、加熱加工品まで幅広く製造しております。
営業、工場にかからわず、品質・衛生管理に重点を置き、我社が求める「生産から食卓まで」の安全・安心を守り続けていきます。
こうした企業理念の下、我々は常に消費者の方々のニーズにお応えすべく全社員一丸となって、頑張っております。

【経営理念】
一、我々は、お客様に、より安心、より美味しい食品を提供する
一、お客様の立場になって仕事を行う
一、社員の健康とゆとりの追求に努力をはらう
一、広く社会に貢献する
経営方針 当社の社訓でもあります「有言実行」「初心忘れるべからず」「仲よく明るく」の3つを常日頃から心がけております。

「有言実行」の言葉の通り率先して意見、アイデアを出し、実行へスピーディーに移ること。

「初心忘れるべからず」で決して慢心することなく、感謝の心を大切に。

「仲よく明るく」は社内・社外を問わず、常にコミュニケーションを取り、迅速に積極的に行動すること。

また、障がい者雇用促進事業に取り組んでおり、当社社長は職業訓練法人長崎能力開発センターの副理事も務め、卒業生の雇用促進と施設での生産物の販売協力を行っております。

最初のもの作りから、加工、物流の全てに関わることにより安心で安全なものをお届けしています。
更に、消費者のニーズを生産へフィードバックできるシステムの強化も行っております。
国内畜産のみでなく、海外原料、海外生産品に関しても「自分達の目で確認する事」が大切だと考えております。

海外原料に関しましては、商品課を中心にカナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、中国など自ら足を運んでおります。
海外生産品は商品課と生産管理部門がタイアップして、現地生産のチェックも含めて自分たちが納得する商品を自信を持ってお届けしております。

長崎県島原で、 「美味しさ」「安心」「安全」の情報発信基地として育てていきます。
沿革
  • 1970年9月
    • (有)大光食品 設立 大洋漁業(株)畜産グループとして、食肉(牛・豚)カット製造加工販売業として設立
  • 1974年11月
    • 事務所・工場新設(有明町)
  • 1977年5月
    • ブロイラー処理加工工場新設操業
  • 1978年4月
    • (有)大光ブロイラー設立
  • 1978年6月
    • (有)大光食品本社、工場、事務所新設(島原市)
  • 1978年7月
    • (有)大光食品を組織変更により(株)大光食品設立
      新港工場設立(島原市大手原町)<豚カット肉・加工ライン>
  • 1985年8月
    • 本社社屋及び冷蔵庫新設操業(島原市本町)
  • 1985年9月
    • 新港工場拡張 製造ライン・冷蔵庫新設
  • 1986年10月
    • 冷凍食品工場(株)エース・フーズ設立
  • 2001年4月
    • 佐世保営業所新設(佐世保市新田町)
      大阪オフィス新設(大阪市淀川区)
  • 2002年7月
    • 東京オフィス新設(東京都新宿区)
      長崎営業所新設(大村市溝陸町)
  • 2002年11月
    • 長崎パックセンター 工場新設(大村市溝陸町)
  • 2003年11月
    • エース・フーズ ISO9001取得
  • 2007年11月
    • 長崎パックセンター ISO22000取得
  • 2011年9月
    • 福岡商品課新設(福岡市博多区)
  • 2011年10月
    • エースフーズ ISO22000取得
  • 2011年12月
    • 佐世保パックセンター工場新設(佐世保市大塔町)
  • 2012年1月
    • 佐世保営業所移転(佐世保市大塔町)
  • 2013年12月
    • 一般社団法人 光  光事業所設立
  • 2014年2月
    • 久留米出張所を新設(福岡県久留米市東合川)
  • 2015年1月
    • 一般社団法人 光  エース光事業所設立
      (株)大光ファーム設立
  • 2015年7月
    • (有)大光ブロイラーを吸収合併
  • 2016年7月
    • (株)大光食品 本社開発棟新設(島原市本町)
  • 2017年8月
    • (株)大光ファームより「(株)島原ハム」へ会社名変更

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 7.0日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 3名 2名 5名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 3名 0名 3名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 9.5%
      (21名中2名)
    • 2020年度

    2020年7月時点の数字です。

問い合わせ先

問い合わせ先 〒855-0062
長崎県島原市本町甲183-1
(株)大光食品
採用担当
TEL:0957-64-4750
URL http://shimabarakobo.com/
E-mail kawahara@daiko.org
交通機関 ○電車:島原鉄道三会駅より 徒歩25分
○バス:二軒茶屋バス停より 徒歩5分
○自家用車でのご来社も可能です。(無料駐車場あり。)
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp100413/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)大光食品と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)大光食品を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ