最終更新日:2021/7/29

(株)エム・アイ・ディー(m-i-d) 【M-PREMIER(エムプルミエ)/Aveniretoile(アベニールエトワール)/BLENHEIM(ブレンヘイム)】

  • 正社員

業種

  • アパレル(メーカー)
  • 専門店(アパレル・ファッション関連)
  • 商社(アパレル・ファッション関連)
  • サービス(その他)
  • 通販・ネット販売

基本情報

本社
大阪府

特集記事

女子学生ナビ

心から働きたいとプライドを持てる仕事。自身とブランドを磨き、お客様に幸せを届ける

充実のシゴトスタイル

PHOTO

好きを仕事にしながら、成長できる!そんな素敵な環境です。

井藤紫帆さん
西日本販売部/阪急うめだ本店BLENHEIM ファッションアドバイザー
2016年入社/発達教育学部 児童学科卒

美しいシルエットと品質にこだわったモノ作りをしているエム・アイ・ディー。エレガンスをテーマにライフスタイルに合わせた様々なオリジナルブランドを展開しています。
どのブランドも都会派のファッション感度や美意識の高い女性に絶大な人気を得ています。直営店で「ブランドの顔」として、ファッションアドバイザーを務めている井藤さん。彼女のコーディネート力は、お客様からも高く評価されています。そんな井藤さんに、会社の魅力や仕事のやりがいについて伺いました。

ブランドにかける情熱と人を大切にする社風。会社説明会での感動が、今でも忘れられません。

「大好きなものに囲まれているから、どんな時でも自然と笑顔で働けるのが嬉しいですね」と語る井藤さん。キラキラした瞳の輝きから、日々の充実ぶりが伺われます

子供が好きで、大学では児童文学を学び保育士免許も取得しました。ただ就職を考えたときに「本当に自分のやりたいことは何か」を考えるようになり、自分の興味があったアパレルやブライダルにもチャレンジしてみようと思うようになりました。就職活動を始めてすぐはナショナルブランドや自分が愛用しているブランドばかり見ていましたが、ピンッとくる会社がなく、物足りなさを感じていました。そんな時に業界研究を通してエム・アイ・ディーの存在を知り、自分の好きなテイストを取り扱っているブランドだと感じ、又「将来なりたい女性像」がイメージできたことがきっかけで、説明会に参加しようと思いました。

説明会では、服作りへのこだわり、今後のビジョン、新卒に対する想いを伺い、「なんて情熱のある会社なのだろう」と感銘を受けたことを、今でもはっきりと覚えています。面接では人事の方が、私の緊張をほぐすために笑顔で和やかに接してくださり、一方的な質問ではなく、時間をかけてシッカリとお話を聞いていただいたことに感動。

当時手掛けていらした人気ファッション雑誌とのコラボイベントについて質問してみると、イベントのことだけではなく、ブランドへの愛情や社員に対する想いなど、色々と丁寧に教えてくださり、面接を忘れてしまうほど楽しい時間を過ごしました。

どの学生に対しても、真っ直ぐに真剣に話される姿に感激しましたし、ブランドに対して熱意をもって働けるということや、社員を大切にしている社風を感じ、「この会社であれば、成長できる。」と素直に感じました。実際に入社してからこれまでずっと、あの時の印象は間違っていなかったと確信しています。

信頼できる先輩が、仕事からプライベートの悩みまで、しっかりサポートしてくれます。

お客様に一番近い、現場の意見を大切に考えるエム・アイ・ディー。ショップから提案した商品が店頭に並ぶことも多く、FAにとってのやりがいにつながっています。

エム・アイ・ディーでは、社員一人ひとりの成長をサポートしてくれているのですが、それを具現化しているのが、「エルダー制度」です。

この制度は、新入社員の教育を入社2~3年目の社員がマンツーマンで担当し、1年をかけてじっくりと業務やメンタル面においてサポートするというシステム。期間中は、新入社員もエルダーも両者がレポートを書き、店長やマネージャーが教育の仕方や成長度合いをチェックします。必要であれば、その都度アドバイスをくださいます。新入社員だけでなく、エルダーの社員がどんな活動をしているのかを皆が把握をし、それぞれの成長をサポートしています。

新入社員にとっては、エルダーの先輩に業務以外の悩みを相談できる心強い制度。私も辛いときに先輩に救っていただいたことが多々あります。実は、今でもいろいろと相談に乗っていただく関係ですよ。このような制度にも、人を大切にするという思いが込められていると思います。

エルダー制度のおかげで、当初は焦ることが多かった接客も次第に落ちついて対応できるように。自分らしさを活かした接客スタイルで、トータルコーディネートをご提案できるようになりました。今ではお名前を覚えてくださり、私の出勤日とあわせてご来店くださるお客様が増えました。このようなお客様との関係が、私のモチベーションとなっています。

入社2年目から私もエルダーを担当させていただき、教える立場を通して業務の復讐や「伝える」という伝達力の大切さを学べたことは、とても有意義な経験だと感じています。教育を担当した後輩が日々成長している姿を見ていると、自分のこと以上に嬉しくなってしまいますね!後輩から逆に私が学ばせてもらうこともあり、経験を積み重ねていくうえで良い刺激になっています。

商品企画や店舗マネジメントにもチャレンジ。ファッションアドバイザーとして確実に成長できます。

ブランドの顔として、現状に満足せず、常に着こなしや商品知識、立ち居振る舞い、言葉遣いなど全てにおいて注意を払っているという。

お客さまとの触れ合いも大きなやりがいですが、商品提案に携われることもエム・アイ・ディーの魅力のひとつです。

入社2年目の頃、社長から「阪急うめだ本店限定アイテムを作る企画で、ファッションアドバイザーの立場からアイディアや意見を聞かせて欲しい」とお話しがありました。私が提案したレースのセットアップが企画に採用され、実際に商品が店頭に並んだときは、本当に嬉しかったですね。ファッションアドバイザー一人ひとりの意見に真摯に耳を傾けてくれる風通しの良さは、エム・アイ・ディーがお客様はもちろん、社員を大切にしている証だと思います。

ファッション業界も接客も初心者だった私ですが、気がつけば後輩の指導を任され、店舗の運営にも責任を感じるようになりました。現在は月に1度、外部コンサルタントの講師を招いて店舗マネジメントの手法や売り場づくりのノウハウを指導していただいており、一歩ずつですが着実な自分の成長を実感しています。

ファッションに対しての情熱が入社当時に比べ、間違いなく高まっている現在。マネジメントスキルを高めるとともに、ファッションアドバイザーとしても、さらに幅を広げることが目標。あらゆるお客様に、その時のトレンドやお客様のスタイルにあったコーディネート提案ができる様に常に勉強しています。エム・アイ・ディーの販売部は、全員がこのような思いを持ち、お互いを高め合える環境がある素敵な職場。自分自身がモチベーションを高く持ち、お客様からも仲間からも信頼を寄せられる存在になりたいと思っています。

学生の方へメッセージ

企業研究をするにあたり、まずは「自分がほんとうにやりたいこと」をじっくりと探しだしてみてください。「会社名」や「規模」で会社を絞るのではなく、少しでも興味のある会社であれば積極的に説明会等に参加してみると、ネットやSNSでは得られない情報にたどり着けると思います。
とても勇気のいることですが、自分を信じてしっかり探していけば、きっと自分に合った会社に出会えるはず。大変かもしれませんが、長い目で見ると、大切にしなければならない部分だと思います。
新卒で入社できるのは、人生の中で一度きりです。そして、さまざまな会社の中をのぞけるチャンスがあるのも、新卒での就職活動の時期だけです。
「あの時に、こうしておいたら・・・」と後悔のないよう、納得のいくまでベストを尽くしてみてください。皆さまが「運命の会社」に出会えることを心から願っています。

PHOTO
一人ひとりの成長をしっかりとサポートできる環境が整っています。ファッションが好きで、向上心のある方であれば、何の心配も要りませんよ!

トップへ