最終更新日:2021/5/6

(株)マルタマ

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • アミューズメント
  • 不動産(管理)

基本情報

本社
宮城県
資本金
2,000万円
売上高
75億円(2020年3月期)
従業員
109名
募集人数
6~10名

【NHK様『ドキュメント72時間(2018年6月8日放送分)』にて当社が特集されました】世代を超えてイキイキ過ごせる、豊かな「宮城」の実現に貢献

  • My Career Box利用中

会社説明会の開催情報! (2021/05/05更新)

PHOTO

5月13日(木)AM
5月14日(金)PM   他

■場所:マルタマ本社2階会議室
■時間:AM→10:00~12:00、PM→14:30~16:30

地元宮城のエネルギーになりたい皆さん、ぜひご予約下さい!
たくさんの方にお会いできることを楽しみにしています。

【新型コロナウイルス対策について】
新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、ご参加の皆さんには、マスクの着用と入口でのアルコール除菌をお願いいたします。
なお、会場内は除菌処理を徹底してお迎えし、隣の方との間隔を十分空けております。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
お客様が過ごす時間や空間を輝かせることを大事にしているからこそ、パチンコをする方もしない方も心地よく過ごせる空間づくりに強いこだわりがあります。
PHOTO
当社は、宮城の発展とともに歴史を歩んできました。これからも「地域とともにある会社」No.1を目指し、地域の皆さんとともに、元気の「わ」をひろげていきたいと思います!

「For Your JOY.」 と 「I’m home」

PHOTO

代表取締役社長 竹田 隆

仙台空襲後、焼け野原となった宮城を見て、「宮城の人々に元気や笑顔を取り戻したい」「街に活気を取り戻したい」との想いから創業したのが当社のルーツです。
そんなマルタマの、創業時から変わらない根っこ。


「For Your JOY.」
私たちは、ここ宮城で生まれ、 宮城の方々と共に歩んでまいりました。「宮城の方々に最高のJOYをお届けする」それが私たちの使命です。 何年経っても変わらぬ思いで、 使命の実現に取り組んでまいります。これまでも、これからも。

「I'm home」
皆様にご提供するJOYは、心あたたまる、ほっとするものです。 私たちは、「I’m home.(ただいま)」と言っていただける、家族や我が家のようなあたたかさを感じていただきたいと思っています。マルタマや、スタッフとのふれあいを通し、皆様に「元気がもらえた」「ほっとする」と言っていただけるよう尽力してまいります。

会社データ

プロフィール

宮城県で創業し、今年71年を迎えます。
県内に5店舗の「パチンコまるたま」を構え、他にも学生マンションの賃貸や駐車場の運営等、不動産事業も行っています。
売上や利益至上主義ではない、地域と共にある会社を目指しており、事業や活動を通し「豊かな宮城の実現」に貢献していきたいと思っております。
『みやぎ元気の「わ」プロジェクト』として様々な地域活動も行っているのが特徴の会社です。

事業内容
■パチンコ事業(県内5店舗)
■不動産開発事業(学生マンション賃貸、駐車場運営等)
※2020年4月、新規学生マンションを2物件建設しました。
 「マルドミ米ケ袋」は初めて当社が自社でデザイン、プロデュースした物件です。
 http://marudomi-komegafukuro.com/

PHOTO

本社郵便番号 984-0075
本社所在地 宮城県仙台市若林区清水小路8番地 マルタマファイブリッジビル3階
本社電話番号 022-227-1341
創業 1950(昭和25)年6月
資本金 2,000万円
従業員 109名
売上高 75億円(2020年3月期)
事業所 本社:仙台市若林区清水小路8番地 マルタマファイブリッジビル3階

店舗:まるたま山田店 、まるたま中田店、まるたま泉中央店
まるたま石巻店、まるたま名取店
主な取引先 (株)七十七銀行
関連会社 (有)竹田
マルタマのこだわり 「レジャーとしてのパチンコ」

私たちは創業以来、『レジャーとしてのパチンコ』にこだわりを持っています。
余った時間やお金の範囲で、手軽で身近に「ちょっとした楽しさ」「ちょっとした居心地の良さ」をご提供できるのが、パチンコ本来の魅力です。マルタマはその魅力をお届けできる、パチンコ店のあるべき姿を追求してきました。今では当たり前になった「1円パチンコ」を県内で先駆けて導入したのもそのためです。今日来てくださる地域のお客様に感謝し、そのことを本当に大事にしながら仕事を続けてきた積み重ねが、70年以上の歩みに繋がっています。そしてこれからも変わることなく、マルタマは、地域に愛され、「地域と共に歩む企業」でありたいと考えています。
CSR活動 社会貢献最優秀賞受賞『みやぎ元気の「わ」プロジェクト』

【2015年 社会貢献賞 組合ホール部門 最優秀賞受賞】
この度、当社の地域活動『みやぎ元気の“わ”プロジェクト』が、
全日本社会貢献団体機構による「社会貢献賞 最優秀賞」を受賞致しました。


発信が苦手な私たちですが、実は『みやぎ元気の「わ」プロジェクト』と題して、様々な地域活動を行っています。
単にお金を寄付する活動だけではなく、自分たちの足をつかい、地域の方と直接かかわる機会が多いのが、当社の活動の特徴です。

(一例)
◇地域清掃活動
◇小学生向けフットサル大会の開催
◇老人ホームさんでのパチンコ大会の開催
◇仮設住宅さんでの落語会の開催
◇県内作家さんの作品展示会開催
◇音楽フェスティバルの開催
◇若林区沿岸部での復興マラソンの開催 その他


地域の方々に支えられている私たちだからこそ地域のためにできることがある!
地に根を張った活動で、この街に恩返しを!
マルタマは、これからも地域活動を続けていきます。
社風 ■私たちの仕事=『空間を創る(デザインする)』ということ

当社にご来店いただいているお客様は「パチンコ店」に何を期待しているのか。どんな空間があれば居心地よく過ごしていただけるのか。1,000冊を超えるマンガ本コーナーや本格派コーヒー機の設置。コンセント付カウンターの他、床や壁の材質、インテリアに至るまで、お客様の過ごし方を想像しながら空間づくりに臨みます。お客様一人ひとりのことを考え抜き、最適な過ごし方を設計する。それが私たちの仕事です。
組織の特徴 ■「チームマルタマ」の一員として、成長の可能性は無限大

「パチンコ店」には社会からの厳しい目があります。それは私たちスタッフに対しても同様で、「パチンコ屋は大学を出てまで働く場所じゃない」というお言葉をよく頂きます。しかし、私たちの仕事はそんな簡単なものではありません。転換期を迎える業界の中、「地域社会やお客様から愛され続ける会社」である為に何ができるのか試行錯誤しています。常に社会や競合他社の変化と、自社のコアとなるコンピタンスを客観的に捉えながら、「お店づくり」に反映し、お客様との対話を通して検証する。日々お客様と接するのはもちろん、新サービスの提案、店舗のリノベーション、制度改革、そして新規事業の展開など、様々な角度から「新たな価値の創造」に取り組んでいます。
沿革
  • 1950年6月
    • 仙台市五橋に、「まるたま会館」としてパチンコ遊技店第1号店を開業。
  • 1956年4月
    • (有)マルタマ商会を設立。初代社長に竹田吉伸が就任。
  • 1960年7月
    • 第2号店として、仙台市一番町に「パチンコまるたま一番町店」開店。
  • 1962年5月
    • パチンコ業界初の任意社会保険加入を達成。
  • 1969年6月
    • 第3号店として、仙台駅前に「パチンコまるたま駅前店」開店。
  • 1970年7月
    • 第4号店として、仙台バイパス中田地区に初の郊外店舗として、「パチンコまるたま中田バイパス店」開店。
  • 1983年11月
    • 竹田愛子が代表取締役社長に就任。
  • 1986年11月
    • 3期連続で税務当局より、優良申告法人として表敬状を受ける。
  • 1990年5月
    • 竹田隆が代表取締役社長に就任。
  • 1993年2月・3月
    • 第1号店の五橋店を、都市計画事業(市道拡張)により閉店。
      五橋店の代替店舗として、仙台市山田地区に「パチンコまるたま山田店」開店。
  • 1995年7月・10月
    • 第5号店として、仙台市泉区に「パチンコまるたま泉中央店」開店。
      駅前店を、ビル建替のため休業閉店。
  • 1997年4月
    • 駅前店をリニューアル。
  • 1998年4月
    • 組織を「(株)マルタマ」に変更
  • 2000年12月
    • 第6号店として、東松島市に「パチンコまるたま石巻店」開店。
  • 2002年4月
    • まるたまの企業理念・姿勢をご理解いただくため、新TVCMを放送。
  • 2004年10月
    • 接客業のレベルアップのため、営業部に接客推進課を新設。また、専任インストラクターも配置。
  • 2006年11月
    • 宮城県内で初めて、低貸玉営業を開始。
  • 2008年5月
    • 弊社代表竹田が「宮城県遊技業協同組合理事長」に就任。
  • 2010年3月・6月・8月
    • まるたま会館五橋店跡地に本社ビルとして、「マルタマファイブリッジビル」完成。
      第2号店の一番町店を、老朽化のため閉店。
      第7号店として、名取市に「パチンコまるたま名取店」開店。
  • 2013年12月
    • 泉中央店をリニューアル。
  • 2014年7月・10月
    • CSR活動『みやぎ元気の「わ」プロジェクト』スタート。
      経営企画室、総務部HR推進課を新設。
  • 2015年7月・9月
    • 『みやぎ元気の「わ」プロジェクト』が、社会貢献大賞ホール部門最優秀賞を受賞。
      第3号店の駅前店を、設備老朽化のため閉店。
  • 2016年6月・10月
    • 名取店をリニューアル。
      デザイン室、総務部管財課を新設。
  • 2016年12月
    • 石巻店をリニューアル。
  • 2018年3月
    • 山田店をリニューアル。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 7.5年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 0.9時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 8.2日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 0名 0名 0名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 0名 0名 0名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 50.0%
      (6名中3名)
    • 2020年度

取材情報

目指すのは社会に通じる「魅力人」の育成。地域の方々と触れ合いながら成長できる職場
ホール接客の第一線で活躍する先輩社員が語る、仕事の魅力とは?
PHOTO

先輩情報

勇往邁進~夢は見るものではなく叶えるもの~
菊地 大暉
2018年
25歳
東北学院大学
教養学部 地域構想学科
本社 HR開発センター
お客さまのお困りごとや遊技台のトラブルなどを解決します
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒984-0075
仙台市若林区清水小路8番地 マルタマファイブリッジビル3階

(株)マルタマ
022-227-1341
HR開発センター 菊地大暉
URL https://www.maru-tama.com/
E-mail d.kikuchi@marutama.co.jp
交通機関 仙台地下鉄南北線 五橋駅
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp102259/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)マルタマと業種や本社が同じ企業を探す。

あなたの閲覧傾向にマッチした企業はこちらです。

(株)マルタマを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ