最終更新日:2021/7/16

社会福祉法人親愛会

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 福祉サービス
  • 医療機関
  • 専門コンサルティング
  • 教育

基本情報

本社
埼玉県
資本金
社会福祉法人のため資本金なし
売上高
15億4,916万円(2020年3月期)
従業員
265名 男性  103名 女性  162名
募集人数
6~10名

【エントリー受付中!】学生インタビュー掲載 夏採用スタート8月予約開始♪ 「生きるを支える」お手伝いしてみませんか? ※新型コロナウイルス対応※

【8月説明会・見学会】開催します!WEBorリアルでお待ちしています♪ (2021/07/16更新)

PHOTO

♪8月 暑い夏を乗り越えよう!見学会・説明会開催します ♪

親愛会では、高齢者・障害者の施設を運営しています。

親愛会の説明会は座談会形式!
親愛会の取り組みや想い、職員の働き方などをご説明し、
採用担当者に就活の不安や悩みなども相談出来ちゃいます。

通常の説明会・見学会とWEBを選べます!
お好きな方をお選びください。
当法人の説明会は私服での参加もOK♪
暑い夏は、クールビズでご参加くださいね。

選考は面接のみ。スピード選考で、面接から内定まで1週間です。
面接では、人間性や内面をしっかりと判断させていただきます。
ご希望の方はWEB選考も行います♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【新型コロナウイルスへの対応】
親愛会では、新型コロナウイルスへの対応として、説明会を開催するにあたり下記の点に留意いただいております。
・施設内に入る際は、マスクの着用・アルコール消毒、手洗いうがいを行う
・見学会は一部のみ(外観のみ室内には入らず)
・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)などの症状がある場合は見学日程の変更

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セミナー/説明会から日程を選択し、登録ください。
指定の日程以外でも個別の説明会も受け付けております。

みなさんの参加をお待ちしています(^0^)

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
クラブ活動もたくさん!「マラソンクラブ」には40名近い職員が参加します。
PHOTO
川越市で40年以上福祉事業を運営してきました。若い職員たちがどんどんいろんなアイディアを出し、活躍しています。

利用者の”生きるを支える” 職員の”生きるを支える”

PHOTO

埼玉県職員として、福祉事業に従事し、幅広い見識で親愛会を支えています。

 皆さんは、これからいよいよ社会人ですね。私自身は、初めて就職した時は、不安だらけの状態でした。でも、大丈夫です。
 最初から仕事ができる人などいるわけがありません。失敗があってもあたりまえです。むしろ、その失敗経験を活かし、日々ほんの少しづつ進歩していくことが大切なのです。
 親愛会は、利用者様一人ひとりを大切にしています。同様に職員の皆様一人ひとりを大切にし、福利厚生も充実しております。誰にも個性があり、得意分野もあれば苦手なこともあります。仕事では、苦手なことを克服するよりも、得意分野にみがきを掛けたほうが良いと思います。
 学歴や経験、知識の有無は問いません。実際の仕事でキャリアを積んでみましょう。日々経験を重ねれば、3年後には自信を持ち、10年後には誰からも信頼されるプロになれます。
 親愛会は、皆さんのキャリアアップを全力で支えてまいります。

理事長 渋谷 宏明

会社データ

プロフィール

大学生が親愛会の職員にインタビュー!「InterTour」に掲載中♪
https://intetour.jp/intetour_corp/sinaikai?type=corp

私たちは 人の「生きるを支える」仕事です。
人が生きるとは、自らの使命を知り、世の求めに応じ、自身に課した役割を、生涯を通じて果たすことです。

親愛会は、福祉サービス(障がい者、高齢者など)を介して、家族、そして社会の一員としての利用者の一人ひとりの人生を応援し、常に質の高い支援、介護を目指すことによって、日々の生活に喜びを感じ、笑顔あふれる人生、その人生を支えることを使命とします。

あなたも、私たちと一緒に、人の生きるを支えて 
一人ひとりの大切な人になりませんか?

●親愛会での働き方●
人の生きるを支える仕事は、言い換えれば、人の人生に寄り添って、幸せな生き方のお手伝いをする仕事だと思います。
そんな大切な仕事、人の人生に寄り添うためには、職員自身の生活が豊かで幸せでなければならないと思います。
そのために、職員がそれぞれのプライベートな時間も大切にすることで、より良い仕事ができると考え、ワークライフバランスが保てるよう、福利厚生面や各種制度、そして日々の関りから職員をサポートしています。
親愛会は私たちが提供するサービスをご利用される方体はもちろん、それを支える職員も同じように大切に考えています。

●法人の強み・特徴●
親愛会では障がい福祉・高齢福祉の多くの事業を展開しています。それは、働く上での選択肢も多岐にわたっていることを意味します。
法人内の事業所間の異動があるため、一つの事業所だけでは得られない経験を積むことで、支援をする視野が広がり、自分自身の成長を感じることができます。
また、親愛会では「人材」を「人財」と捉え、できるだけ長く親愛会で働いてもらいたいと考えています。
そのため、福利厚生を充実し、ワークライフバランスを保てるように職場環境を整えています。
子育て中の職員も多く、男性職員も積極的に育人に参加していて、休暇制度を利用して行事に参加したり、残業をせずに帰宅することが出来ています。

事業内容
・障害者支援施設:2カ所
・多機能型障害福祉サービス事業所(就労支援他):1カ所
・相談支援事業所:1カ所
・グループホーム:8カ所
・障害者就業・生活支援センター:1カ所
・地域生活定着支援センター:1カ所
・自立生活支援センター:1カ所
・特別養護老人ホーム:1か所
・デイサービス:1カ所

PHOTO

同期のつながりを大切に。内定者研修から新任職員フォロー研修まで、しっかりサポートしています。

本社郵便番号 350-1150
本社所在地 埼玉県川越市中台南2丁目15番地10
本社電話番号 049-246-6800
設立 1979年2月
資本金 社会福祉法人のため資本金なし
従業員 265名
男性  103名
女性  162名
売上高 15億4,916万円(2020年3月期)
事業所 ●法人本部
 〒350-1150
 埼玉県川越市中台南2丁目15番地10
 事務局として、総務庶務(人事・システム)・管理運営(企画広報)・財務・経理(会計・保険)を設置し、制度改革への迅速、適切な対応を行い、理事会、評議員会、各委員会と各事業所とのスムーズな連携を目指しています。

<障害者向けサービス>
【障害者支援施設:2カ所】
●川越親愛センター
 施設入所支援では生活全般の支援を、日中活動支援では軽作業を中心にした日課を提供しています。
また、余暇支援の充実と地域活動への参加を積極的に行っています。
 
●親愛南の里
 親愛南の里は、高齢者・病弱者・重度者支援施設として、一人ひとりの笑顔を大切にした支援を行っています。また、余暇支援の充実としてグループ外出や園内行事の多様化を図っています。
 

【多機能型障害福祉サービス事業所:1カ所】
●ワークスしんあい
 ワークスしんあいは、就労移行支援事業・就労継続支援B型・生活介護事業を行っている多機能型事業所です。各事業所では、働く場を意識したプログラムのもと日々の活動に取り組んでいます。主に作業中心の日課を組み、働く中で喜びや楽しみを分かち合い、生きる力を伸ばす支援を行っています。また、一般就労を目標に職場訓練や職場実習等の取り組みも実施しています。
 また、川越市高階市民センター内に茶房「ひととき」を開設。

●茶房「ひととき」

【グループホーム:8カ所】
●グループホームしんあい「サンハイム」
●グループホームしんあい「どりーむ」
●グループホームしんあい「あっとホーム」
●グループホームしんあい「はみんぐ」
●グループホームしんあい「かがやき」
●グループホームしんあい「みらい」
●グループホームしんあい「すまいる」
●グループホームしんあい「ふれんず」
 
【相談支援事業所:1カ所】
●しんあい相談支援センター
●あんしんネット親愛
 
【障害者就業・生活支援センター:1カ所】
●障害者就業・生活支援センターかわごえ
 
【地域生活定着支援センター:1カ所】
●埼玉県地域生活定着支援センター
 
【こどもの発達支援巡回事業所:1カ所】
●こどもの発達支援巡回事業

<高齢者向けサービス>
【特別養護老人ホーム:1カ所】
●みどりのまち親愛

【デイサービス】
●みどりのまち親愛併設
平均年齢 正規職員(法人全体):36歳 
生活支援員(川越親愛センター):31.9歳
生活支援員(親愛南の里):34.6歳
介護職員(みどりのまち親愛):34.7歳
平均給与 平均年収415万円
沿革
  • 1979年2月
    • 社会福祉法人川越親愛会設立認可(2月20日)
  • 1979年5月
    • 精神薄弱者更生施設「川越親愛学園」開設(定員40名)
  • 1981年2月
    • 法人名「川越親愛会」を「親愛会」に変更
  • 1981年7月
    • 川越市心身障害児(者)緊急一時保護事業開始
  • 1981年9月
    • 社会福祉法人親愛会川越親愛学園後援会発足
  • 1990年8月
    • 生活ホーム「サンハイム」開設(定員9名)
  • 1991年11月
    • 埼玉県心身障害児(者)地域療育拠点施設事業開始
  • 1995年4月
    • 心身障害児者地域デイケア施設「デイケア親愛」開所(定員19名)
  • 1998年10月
    • 「デイケア親愛」を「川越親愛学園通所部」に変更
  • 2001年10月
    • 知的障害者更生施設親愛南の里開設(定員50名)
  • 2001年10月
    • 「川越親愛学園」を「川越親愛センター」に施設名変更
  • 2002年4月
    • 苦情解決のための第三者委員の設置
  • 2002年10月
    • 生活ホーム「どりーむ」の開設(定員4名)
  • 2003年4月
    • オンブズマン制度の設置
  • 2003年10月
    • 親愛南の里分場「ひまわり」開設(定員19名)
      グループホーム「あっとホーム」開設(定員4名)
      生活ホーム「どりーむ」をグループホームに変更(定員5名)
      生活ホーム「サンハイム」をグループホームに変更(定員7名)
  • 2004年4月
    • グループホーム「はみんぐ」開設(定員5名)
  • 2004年10月
    • 「川越親愛地域生活支援センター」開設(地域療育等支援事業移転)
      「ホームヘルプサービスしんあい」開設
  • 2006年10月
    • グループホーム4ホームを「グループホーム・ケアホームしんあい」に変更
      川越市委託事業「しんあい相談支援センター」開設(地域療育等支援事業の廃止)
  • 2006年11月
    • 生活サポート事業「ハローしんあい」開設
  • 2007年6月
    • 障害福祉サービス事業所「ワークスしんあい」開設
      (就労移行事業6名、就労継続支援事業B型14名)
  • 2008年4月
    • 4月
      グループホーム・ケアホームしんあい
      「みらい」(定員4名)、「かがやき」(定員4名)開設
      8月
      親愛南の里分場「ひまわり」閉所し、ワークスしんあいに生活介護事業20名併設
      10月
      親愛南の里が障害者支援施設として、新体系に移行
      (施設入所支援40名、生活介護40名)
  • 2009年4月
    • 川越親愛センターに作業棟(新館)を整備し、障害者支援施設として、新体系に移行
      (施設入所支援40名、生活介護54名、自立(生活)訓練6名)
      「障害者就業・生活支援センターかわごえ」開設
  • 2010
    • 5月
      「埼玉県地域生活定着支援センター」開設
      11月
      グループホーム・ケアホームしんあい
      「すまいる」(定員4名)、「ふれんず」(定員4名)開設
  • 2015年7月
    • 特別養護老人ホーム「みどりのまち親愛」開設
      デイサービスセンター「みどりのまち親愛」開設
  • 2018年11月
    • 「埼玉県自立生活支援センター」設立

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 7年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 3.3時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9.9日
    2018年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 5名 2名 7名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 0名 2名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 36.4%
      (22名中8名)
    • 2020年度

先輩情報

障がいのある方たちの生活をサポートしています。
高橋生活支援員
2016年4月入社
24歳
東洋大学
総合情報学部総合情報学科
障害者支援施設 川越親愛センター
知的障がいのある方たちの生活・余暇支援
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 社会福祉法人 親愛会
〒350-1150 埼玉県川越市中台南2丁目15番地10

<法人本部> TEL:049-246-6800(金島)
URL ■親愛会HP
http://www.sinaikai.or.jp/

■親愛会公式YOUTUBE
https://www.youtube.com/channel/UC2aP4-8lz6AT5VgbOvR2Wiw


↑URLをコピーペーストして、ぜひアクセスしてみてください
E-mail ■採用担当アドレス
sinaikai@to.email.ne.jp
交通機関 ●みどりのまち親愛、川越親愛センター
 JR川越線「川越駅」または東武東上線「川越駅」より
→西武バス「今福中台」行きに乗車
→「今福中台」で下車。バス停より徒歩6分。

●親愛南の里
 JR川越線「川越駅」または東武東上線「川越駅」より
→西武バス「新所沢」行きに乗車
→「東洋インキ前」で下車。バス停より徒歩5分。
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp102695/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人親愛会と業種や本社が同じ企業を探す。
社会福祉法人親愛会を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ