最終更新日:2020/7/18

(株)とらや

業種

  • 専門店(アパレル・ファッション関連)
  • アパレル(メーカー)
  • 専門店(その他小売)
  • 専門店(食品・日用品)
  • 物流・倉庫

基本情報

本社
静岡県
資本金
2,880万円
売上高
24億円
従業員
279名
  • 業種 専門店(アパレル・ファッション関連)、アパレル(メーカー)、専門店(その他小売)、専門店(食品・日用品)、物流・倉庫
  • 本社 静岡県
  • 資本金 2,880万円
  • 売上高 24億円
  • 従業員 279名

社会貢献を軸に肌着類販売業から「バラエティストアとらや」へ!お客様をはじめ、とらやに関わる全ての人が幸せになることがとらやの掲げる社会貢献です。

会社紹介記事

PHOTO
【とらやとは】肌着の販売から始まり、肌着以外にも自社ブランドの衣料品をはじめ、キッチン用品や日用雑貨など取り揃えた『バラエティストア』へ成長しています。
PHOTO
誰にでも手に取ってもらえる商品作り、”売る努力よりも売れる仕組み”を確立する物流システム、丁寧な店舗販売。1つの商品が手に渡るまでのストーリーを紹介します。

国内1000店舗を目指す!とらやの人財!

PHOTO

◇とらやの教育制度
仕事は自分の価値を高めるためにするもの。とらやのテーマは「社会に貢献する喜び」ですが、仮に明日会社がなくなったとしても、あなた自身が社会に貢献できる人になれているように。とらやには「なりたい自分」への道が常にクリアに見通せるキャリアパスプランがあります。公平な機会と公平な待遇のもと、キャリアを積んでスキルと問題解決の方法を身に付けることができます。とらやの制度には曖昧なところが少しもなく、誰が評価しても同じ結果が出るガラス張りの評価制度です。「こんなに頑張っているのに評価してもらえない・・・」そんな思いはさせません。自分の能力で生んだ成果が正当に評価される喜びを実感して頂けます。

◇とらやの人材
商品部・杉山/私は、チーフバイヤーとして買付や売り場の設定・開発などを手がけており、何十億というお金を動かして、会社の1/3の売上を作っています。東京・大阪・奈良などの取引先を周り、商品の選定から値段交渉まで担当。売り場作りは全て本部で行い、お客様がいつどこの店舗に行っても、同じ商品を提供するための一括管理を任されており、自分の判断で切り盛りできることにやりがいを感じています。商品開発については、商品開発チーム内で相談しながら1年以上前から企画しています。色・素材・デザインなどの企画から始まり、工場の手配、見積り、生産、輸入、進捗管理まで携わるため、お客様に喜んでいただけると本当に嬉しいです。

会社データ

事業内容

PHOTO

「なんでもえらべるとらや」には衣料品をはじめ日用雑貨・食品などを取り揃えています。肌着靴下のとらやから、現在は写真のような品揃えで店舗を展開しています。

とらやの歴史は肌着の販売から始まり、創業から66年を超えた今、肌着以外にも自社ブランドの衣料品をはじめ、キッチン用品や日用雑貨、食料品など多彩な商品を取り揃えた『バラエティストア』として、お客様の欲しいタイミングで、安価で高品質な商品をご提供できるよう努力を重ねています。

◆自社ブランド衣料品の企画・生産
肌着、靴下、ナイティー、ランファン、紳士・婦人衣料、ベビー・子供衣料、服飾雑貨、日用雑貨の企画・生産・物流まで行います。

◆自社ブランド衣料品の販売
肌着、靴下、ナイティー、ランファン、紳士・婦人衣料、ベビー・子供衣料、服飾雑貨、日用雑貨の販売を行っております。静岡県内含め、埼玉県に合わせて32店舗を構えています。
【店舗一覧】
◇マックスバリュエクスプレス長泉店:駿東郡長泉町下土狩1350-1
◇新沢田店:沼津市若葉町3-50
◇沼津仲見世店:沼津市大手町5丁目9-21
◇西友松長店:沼津市松長字内林12-3
◇西友富士今泉店:富士市今泉3丁目5-1
◇イオンタウン蒲原店:静岡市清水区蒲原322-11
◇興津店:静岡市清水区興津中町620
◇清水梅田町店:静岡市清水区梅田町12-16
◇岡店:静岡市清水区月見町1-5
◇清水駅前銀座店:静岡市清水区真砂町4-3
◇高部店:静岡市清水区押切275-5
◇瀬名店:静岡市葵区瀬名川2丁目29-43
◇静岡千代田店:静岡市葵区千代田7丁目9-1
◇北安東店:静岡市葵区北安東4丁目6-16
◇籠上店:静岡市葵区籠上26-3
◇安倍口店:静岡市葵区安倍口新田575-1
◇羽鳥店:静岡市葵区羽鳥3丁目5-20
◇呉服町店(静岡伊勢丹ビル内):静岡市葵区呉服町1丁目7
◇駒形店:静岡市葵区駒形通り4丁目10-6
◇安倍川駅前店:静岡県静岡市駿河区みずほ4丁目9-1
◇新川店:静岡市駿河区新川2丁目9-23
◇用宗店:静岡市駿河区用宗1丁目32-7
◇丸子店:静岡市駿河区丸子4丁目2-77
◇薮田店:静岡県藤枝市下藪田63-1
◇田子重西焼津店:焼津市小柳津531
◇田子重登呂田店:焼津市東小川2丁目17-18
◇グランリバー大井川店:焼津市下江留1414
◇岡部店:藤枝市岡部町内谷928-1
◇白子店:藤枝市本町2丁目7-5
◇しずてつストア駿河台店:藤枝市駿河台2丁目17-1
◇島田六合店:島田市道悦1丁目15-1
◇ワオシティ三郷店:埼玉県三郷市三郷1-3-1

◆販売店舗の企画・運営・フランチャイズ制度管理
本社郵便番号 421-8782
本社所在地 静岡県静岡市清水区長崎210-1
本社電話番号 054-345-6721
創業 1953年1月
資本金 2,880万円
従業員 279名
売上高 24億円
事業所 【本社】
静岡県静岡市清水区長崎210-1

【店舗】
◇マックスバリュエクスプレス長泉店:駿東郡長泉町下土狩1350-1
◇新沢田店:沼津市若葉町3-50
◇沼津仲見世店:沼津市大手町5丁目9-21
◇西友松長店:沼津市松長字内林12-3
◇西友富士今泉店:富士市今泉3丁目5-1
◇イオンタウン蒲原店:静岡市清水区蒲原322-11
◇興津店:静岡市清水区興津中町620
◇清水梅田町店:静岡市清水区梅田町12-16
◇岡店:静岡市清水区月見町1-5
◇清水駅前銀座店:静岡市清水区真砂町4-3
◇高部店:静岡市清水区押切275-5
◇瀬名店:静岡市葵区瀬名川2丁目29-43
◇静岡千代田店:静岡市葵区千代田7丁目9-1
◇北安東店:静岡市葵区北安東4丁目6-16
◇籠上店:静岡市葵区籠上26-3
◇安倍口店:静岡市葵区安倍口新田575-1
◇羽鳥店:静岡市葵区羽鳥3丁目5-20
◇呉服町店(静岡伊勢丹ビル内):静岡市葵区呉服町1丁目7
◇駒形店:静岡市葵区駒形通り4丁目10-6
◇安倍川駅前店:静岡県静岡市駿河区みずほ4丁目9-1
◇新川店:静岡市駿河区新川2丁目9-23
◇用宗店:静岡市駿河区用宗1丁目32-7
◇丸子店:静岡市駿河区丸子4丁目2-77
◇薮田店:静岡県藤枝市下藪田63-1
◇田子重西焼津店:焼津市小柳津531
◇田子重登呂田店:焼津市東小川2丁目17-18
◇グランリバー大井川店:焼津市下江留1414
◇岡部店:藤枝市岡部町内谷928-1
◇白子店:藤枝市本町2丁目7-5
◇しずてつストア駿河台店:藤枝市駿河台2丁目17-1
◇島田六合店:島田市道悦1丁目15-1
◇ワオシティ三郷店:埼玉県三郷市三郷1-3-1

【ロジスティクス】
◇ディストリビューションセンター:静岡市清水区長崎210-1
◇トランスファーセンター:静岡市清水区長崎210-1
◇ウェアハウス半左衛門:静岡市清水区半左衛門新田118
◇ウェアハウス永楽町:静岡市清水区永楽町8-5
平均年齢 38歳
平均勤続年数 9年
沿革
  • 1953年
    • 清水市真砂町に(有)とらや設立 肌着類販売創業
  • 1997年
    • アメリカ視察(4名)(10名)、安倍口店移転拡張、グループ会社合併
  • 1996年
    • アメリカ視察(2名)(6名)、プロセスセンター設立、高部店移転拡張
  • 1997年
    • アメリカ視察(4名)(10名)、安倍口店移転拡張、グループ会社合併
  • 1999年
    • アメリカ視察(12名)、正社員・クルーキャリアパスプラン導入(人事評価制度改革)、中国開発輸入プロジェクト開始(広州交易会参加)、トラヤビジネスユニバーシティー開校、CottonSHOPライセンス取得 、田子重西焼津店・田子重登呂田店・西友富士今泉店・イオンタウン蒲原店開店
  • 2000年
    • アメリカ視察(7名)(3名)(4名)、CottonSHOP商品初入荷(オリジナルブランド)、コンピューターシステムアップ IBM AS-400導入(当社7世代目)、西友楽市沼津松長店開店
  • 2001年
    • アメリカ視察(5名)、静岡千代田店開店
  • 2002年
    • アメリカ視察(4名)、ヤオハン長泉店開店
  • 2003年
    • アメリカ視察(6名)、丸子店移転拡張
  • 2004年
    • (株)とらや と(株)マミーを合併、アメリカ視察(5名)、本部を清水区長崎へ移転
  • 2005年
    • トランスファーセンター配布システム導入、ワオシティ三郷店開店、コンピューターシステムアップ IBM AS-400(当社8世代目)
  • 2006年
    • アメリカ視察(8名)
  • 2007年
    • 全店レジをTEC(ShopWorksSRR2)に切替
  • 2008年
    • ヨーロッパ視察(6名)(3名)、瀬名店移転拡張、新川店開店
  • 2009年
    • ヨーロッパ視察(4名)、サーバー仮想化によるシステム統合
  • 2010年
    • 介護施設への訪問販売開始、羽鳥店移転拡張
  • 2011年
    • 沼津仲見世店・長谷通り店開店
  • 2012年
    • 安東店・しずてつストア駿河台店開店、コンピュータシステムアップ IBM AS-400(当社9世代目)、みずほ店・北安東店移転拡張
  • 2013年
    • (株)とらやと(株)トラヤを合併、アメリカ視察(8名)、インターネットでオンラインショッピング開始(楽天)、新川店・安倍口店をバラエティストア化
  • 2014年
    • 高部店をバラエティストア化、羽鳥店拡張リニューアル、岡部店開店
  • 2015年
    • 新沢田店開店、アメリカ視察(5名)、インターネットでオンラインショップ開店(Amazon)
  • 2016年
    • トランスファーセンターPASシステム導入、アメリカ視察(2名)
  • 2017年
    • 新レジシステム導入(自社開発)
  • 2018年
    • 島田六合店、用宗店、籠上店、グランリバー大井川店、清水梅田町店開店
  • 2019年
    • 薮田店開店、トランスファーセンター運搬用ロボット(AMS)導入、安倍川駅前店移転拡張
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 9年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2019年
    • 18時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2019年
    • 9日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 0名 0名 0名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 0名 0名 0名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2019年
    • 37.5%(8名中3名)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2021に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2022年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)とらやを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ