最終更新日:2021/6/3

社会福祉法人宝山寺福祉事業団【保育士採用窓口】

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 幼稚園・保育園
  • 福祉サービス

基本情報

本社
奈良県
PHOTO

子どもたちの「もう一つのおうち」で一緒に働きましょう!

中西 華奈美
大阪総合保育大学
児童保育学部 児童保育学科
いこま乳児院

いこま乳児院での仕事内容は?

いこま乳児院では、様々な事情により家庭で養育できない乳幼児を預かり育てています。
保育士の他に、看護師・管理栄養士・調理師・臨床心理士・医師(嘱託医)等様々な専門職の方々と1つのチームとなって共に意見交換しながら働いています。
乳児院は、子どもたちにとって「もうひとつのお家」です。そのため、保育士は子どもたちの保護者に代わって遊びはもちろんのこと、授乳や食事介助、オムツ交換、着替え、入浴や寝かしつけといった生活の全般を支えています。また、子どもが病気にかかった時には病院を受診し、看病しています。24時間、365日預かっているため、夜勤もあります。
子ども1人ひとりの発達に応じた対応を心掛け、大人と密な関わりが持てるよう個別担当制を実施しています。そのため、担当児の個別的な計画を立てたり、お誕生日会をしたり、アルバムを作成する等の担当業務を行います。
乳児期という人間形成の土台となる最も大切な時期を預かり、子どもたちの抱える様々な生活背景に目を向けなければならないので、その責任の重さと意義は自分の成長に繋がる素敵な仕事だと思います。


いこま乳児院での保育の取り組みは?

いこま乳児院では、巣作りルーム事業を行っています。保育園でのコーナー保育のようなものです。大人が選んだおもちゃで遊ぶのではなく、子どもたちが主体となって設置されているおもちゃを選んで遊びます。過ごしたい空間で安心して過ごせるようにし、子どもたち1人ひとりの落ち着ける居場所が作れるよう心掛けています。
食育活動を行っており、季節の野菜を育て、収穫し、農作物に興味・関心を持てるようにしています。また、1カ月に一度、子どもたちと食材に触れながら目の前で一緒に料理することを大切にしています。食材の色や形、その手触り、料理中の音やにおい、自分たちで作った物のおいしさ等、五感全てを使い、食に対する興味・関心を深められるようにしています。
小規模グループケアを行っており、院内の年長児4人は日中宿舎の1部屋を利用し、お家に近い環境の下で過ごしています。職員との個別的な関係を重視し、よりきめ細やかな保育を行っています。
年間の行事を子どもたちが知り、経験できるよう、各行事担当の職員を2~3人ずつ決め、その日の行事保育を行っています。


雰囲気はどうですか?

生駒山の緑に囲まれているので、自然を生かしながら静かでゆったりとした雰囲気の中で保育を行っています。
職員間でコミュニケーションがとれ、子どもたちの楽しい話題で盛り上がれる、とても良い雰囲気で仕事ができる職場です。
職員全員が母親代わりとして、様々な事情を抱えた子どもたちの全てを受容し、寄り添いながら愛情を注ぎ、成長を促し見守っていくことを責務だと考え、子ども1人ひとりのことを大切にしています。その為、気付いたことを共有しあい、チームワークを取りながら保育することを心掛けています。
先輩方は、面倒見の良い人たちばかりで分らないことや不安なことを相談すると、親切・丁寧に教えてくれます。また、悩みを理解してくれており、言葉に出して相談しなくてもそれを感じ取って、時には見守り、時には優しく声をかけてくださり、適切なアドバイスをいただけます。そのような素敵な先輩方を見習って、私も後輩には気づいた時に手助けができるよう心掛け働こうと思える職場です。
レベルに合わせた仕事を任せていただけるので、楽しいだけでなく、良い緊張感をもって働ける職場だと思っています。


仕事のやりがいは?

乳児院は新生児から預かります。首の据わりや寝返り、初めて1歩歩いた時や、言葉を話せるようになった時等、1つ1つの成長にとても感動させられます。そんな心と身体が日々大きく成長していく子どもたちを母親代わりとして間近で感じられることは何よりの喜びです。『あと少しでできる』という次のステップへどんどんチャレンジしていく子どもたちの成長を促すことは、保育士としてやりがいのある仕事だと思っています。
保育士はそれぞれ担当の子を1:1で受け持ちます。担当の子どもとは、特に関係が深くなります。出勤した時に、子どもが担当の私の姿を見つけると、遊んでいたおもちゃを放り出してでも抱っこを求め駆け寄ってきます。その姿はとてもかわいく、また、はじめて名前を呼んでくれた時は、言葉で言い表せないほど嬉しく思います。
この仕事を通してたくさんの喜び・感動に出会えます。しかしその反面、子どもとの関わりに悩むことも多いです。子どもたちと一緒に一生懸命努力した分、子どもたちと共に成長できるやりがいのある仕事だと思います。私はこの仕事が年々好きになっています。


就活アドバイス

・学生時代にしておくべきこと
私は学生時代、インターンシップやボランティアを通して実際に保育の現場に出ることを大切にしていました。子どもへの言葉掛けや、遊びに悩んだ時のレパートリーが増やせたので、実際に子どもや保育者の姿を見て学ぶことは大切であったと思います。
また、大学の授業での学びも大切になります。子どもの成長・発達過程や、病気について等、学生時代に授業で学んだことは保育をしていく上で知っておくべき基礎知識です。しっかり振り返っておいてください。

・乳児院の求める人材
いこま乳児院の求める人材は、24時間365日子どもたちと生活を共にする場所なので、子どもたちの母親代わりになってくれるような人です。
子どもたちのお母さん代わりになってみたいと思う方。子どもたちの安心できる「もう一つのおうち」をぜひ一緒に創っていきましょう。
宝山寺福祉事業団では、就職説明会を複数回行っています。実際に現場で働く先輩方の話も聞けます。ぜひ参加して、自分でいろいろ意見を聞き、感じてみてほしいと思います。


トップへ