最終更新日:2021/3/1

青森合同青果(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 商社(食品・農林・水産)

基本情報

本社
青森県
資本金
9,957万円
売上高
103億8,069万円(2020年3月)
従業員
54名(男性 39名 女性 15名)(2020年10月22日時点)
募集人数
1~5名

【青森市勤務・転勤なし】青森市中央卸売市場の青果部卸売業者です。青森県のために役に立ちたいと思っている「食」に関心のある方をお待ちしております!

  • My Career Box利用中

※3月26日(金)より会社説明会エントリースタート!もうしばらくお待ちください。。 (2021/03/01更新)

PHOTO

青森合同青果(株) 採用担当 小笠原です。

3月26日(金)より会社説明会エントリーを開始いたします。
今しばらくお待ちください。
なお、4月会社説明会日程は以下の通りです。

~会社説明会日程~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4月 3日(土)  10:00~12:00
4月10日(土)  14:00~15:30
4月17日(土)  10:00~12:00
4月24日(土)  10:00~12:00

※上記日程以外でもご都合に合わせた説明会の個別対応も可能です。ご希望の方は説明会予約画面の仮予約よりご予約ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

説明会当日は、市場のしくみや仕事内容など、出来るだけわかりやすくご説明いたします。また同時に会社見学も行いますので、職場の雰囲気を肌で感じていただけるかと思います。

当社のホームページでは就活生へ向けたプロモーションビデオも掲載しておりますのでぜひそちらもご覧ください。


※新型コロナ感染防止対策については説明会詳細ページにてご確認下さい。


青森合同青果株式会社
HP:http://www.aomorigodo.co.jp/
TEL:017-738-1111
E-mail:soumu@aomorigodo.co.jp

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
東京ドーム2.5個分の敷地面積を有する青森市中央卸売市場。青森県内はもとより全国から生鮮食料品が集まる、地域の食卓を支える流通拠点です。
PHOTO
仕事を通じて関係のできた全ての方々の幸せを願う「トータルウイン」を目指し、活力をもって楽しく仕事ができる職場づくりに努めています。

「農」と「食」を結び、支え、幸せに。

PHOTO

代表取締役社長 篠崎 真孝

「卸売業者の役割は?」「仕事の内容は?」企業説明会でよく質問されます。それもそのはず、市場内の取引は典型的なB to B、私たちの仕事が一般の方々の目に留まることはほとんどありません。ただし、皆さんがふだん食べている野菜や果物の大半は卸売市場を経由して販売されており、国産品に限定するとその割合は約9割。食べたい野菜や果物を、いつでもどこでも、新鮮な状態で好きなだけ手に入れられる豊かで便利な食生活は、国が1世紀かけて整備してきた卸売市場流通に支えられています。

当社が業務を行っている青森市中央卸売市場は、国が認定し青森市が開設した公共施設です。ここでの取引はすべて法令で規定され、公共性が強く求められます。卸売市場は、生産者に対しては確実で継続性のある販路を、小売業者やメーカーには効率的な取引の場を、消費者には合理性のある価格で安定的に生鮮食品を提供することで公共の福祉に寄与しています。

卸売業者である当社は、日本国内や海外から集荷した多種多様な青果物を、青森市および近隣市町村の消費者に安定供給するという責務を負っています。同時に青森県の特産野菜と果実を日本国内や海外へ販売することで本県の基幹産業である農業を支えています。出荷者の代理人である卸売業者のミッションは、商品が持つ価値と魅力をしっかりと伝え、買い手が納得した上で価格の最大化を図ること。つまり生産者の所得増大です。利害が反する生産者と需要者の双方に満足してもらえるよう、商品研究に努め、最適流通を追求し、精度の高い需給見通しに基づいて取引をコーディネートしています。

野菜と果物は私たちの命と健康を支える必要不可欠な食品であると同時に、食卓に季節感を演出し、行事食や地域の伝統食の素材として食文化を形成する役割も担っています。当社では野菜と果物の魅力や食文化に関する情報発信を行い、将来の需要者である子どもたちに食に関する正しい知識と選択力を身につけてもらうための食育活動に積極的に取り組んでいます。需要の創造と喚起も私たちの使命と考えています。

決して楽な仕事ではありませんが、社会に貢献し、地域のために働いているという自負を持てるやりがいのある仕事です。流通業は人と人を「繋ぐ」仕事。日々の取引は多くの方々に支えられています。仕事を通して関係のできたすべての方々の幸せを願う会社であり続けたいと思っています。

会社データ

プロフィール

公共施設である青森市中央卸売市場において、1972年に農林水産大臣の許可を受け青果部卸売業者として営業を開始しました。青森市および近隣市町村へ生鮮青果物を安定供給するとともに、青森県の特産野菜と果実の国内外への販路拡大により本県の基幹産業である農業を支えています。

事業内容
日本全国の生産者の方々や農協などから出荷いただいた青果物を仲卸業者や小売業者へ販売します。また、国内外の青果物を取り扱う商社などから購入し販売します。
本社郵便番号 030-0137
本社所在地 青森県青森市卸町1番1号
本社電話番号 017-738-1111
設立 1972年8月29日
資本金 9,957万円
従業員 54名(男性 39名 女性 15名)(2020年10月22日時点)
売上高 103億8,069万円(2020年3月)
平均年齢 40.7歳
平均勤続年数 17.7年
動画がHPにて見れます! 「農」と「食」を結び、支え、幸せに。
http://aomorigodo.co.jp/

仕事の現場を見ることができます!是非お時間のある際に見てみてくださいね!
県内はもちろん全国から集まった青果物の臨場感のある「セリ」は必見です!

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 20.1年
    2019年
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 0.6時間
    2019年
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10.7日
    2019年
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 0名 1名 1名
    2019年
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 0名 0名 0名
    2019年
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 16.7%
      (6名中1名)
    • 2019年

問い合わせ先

問い合わせ先 〒030-0137
青森県青森市卸町1-1
青森合同青果(株) 総務部 小笠原
TEL:017-738-1111
URL http://www.aomorigodo.co.jp/
E-mail soumu@aomorigodo.co.jp
交通機関 ○市営バス
「問屋町」行
→停留所「問屋町会館」下車(徒歩3分)

「横内環状線(八甲田大橋経由)」「流通団地」行
「青森公立大学」行、「モヤヒルズ」行
→停留所「問屋町入口」下車(徒歩10分)

○JRバス
「青森公立大学」行、「ヴィラシティ雲谷」行
「モヤヒルズ」行
→停留所「問屋町入口」下車(徒歩10分)

○乗用車・タクシー(駐車場完備)
JR青森駅より約20分(約8km)(タクシー料金約2,000円)
青森中央ICより約5分(約2km)(タクシー料金約1,000円)
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp107287/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
青森合同青果(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
青森合同青果(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ