最終更新日:2021/4/30

司システム(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • ソフトウエア
  • 情報処理
  • 専門コンサルティング
  • インターネット関連
  • 通信・インフラ

基本情報

本社
東京都
PHOTO

どんなトラブルも自分で対処できる一人前のSEを目指して邁進中!

K.M
2017年入社
桜美林大学
リベラルアーツ学部

司システムに入社した理由

今のご時世、どの企業でもシステム化が進んでいるため、IT業界は今後も大きな発展が見込めると感じ、IT業界を中心に就職活動をしていました。そのIT業界において、司システムは教育に力を入れており、未経験の私でもSEとして活躍できると思い、入社を決めました。


研修について

入社後研修では3週間ほど、データベースについて多くを学べる期間がありました。私は未経験ということもあって、ついていくことに必死でしたが、大変だったぶん、吸収できることも多く、データベースに関する基礎知識を固めることができたと思います。


心がけていること

現在は規模の大きなプロジェクトに参画し、世界中の金融機関とやりとりするためのシステムの保守・運用を担当しています。保守・運用とは、トラブルが起きた原因の調査や解消などを行い、システムが正常に動いていくように見守るポジションです。常駐先の企業の規模はかなり大きく、アメリカやシンガポールなど海外でも使われているシステムなので、緊張感を持ちつつも大きい仕事を担当していることにやりがいを感じています。


仕事で大変なこと

文系出身者ならではの大変さだと思いますが、経験がまだ浅いため、システムの知識も基本的な内容しか理解できていません。そのため、トラブルが発生してしまうと一人だけでは対処できず、ふがいない気持ちになることがあります。その壁を乗り越えるためにも、まずは経験を積みたいです。
また、金融系のシステムを担当しているので、金融に関する知識が必要になるシーンが多々あります。システムを使う人の目線に立てるように、担当する現場の業界知識を勉強することも欠かせません。


司システムの魅力

当社の魅力は、人の良さだと思います。分からないことはしっかりと教えてもらえますし、私が関わっているシステムに関連する良書を先輩から教えてもらうこともあります。入社当社に感じた“教育に力を入れている”という部分は、「働くすべての人」に通じていると感じました。 そのような環境でスキルを磨きながら、ゆくゆくは自分の作ったシステムを世の中に発信したいと思います。今後も世の中のためになるシステムづくりに注力していきたいです。


トップへ