最終更新日:2021/4/13

(株)中部日本プラスチック

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 商社(機械・プラント・環境)
  • 環境・リサイクル

基本情報

本社
静岡県
資本金
3,000万円
売上高
137億円(2019年8月)
従業員
81名(2019年10月現在)
募集人数
1~5名

せっかくなら「仕事が楽しい!」と言える会社で働きたくないですか?

【グローバル×エコロジー】で急成長中、プラスチック専門商社 (2021/03/19更新)

PHOTO

【この急成長にはワケがあります】

・この10年間で売上5倍 同業中 静岡No.1 全国36位(※)
・インド、メキシコ、サウジアラビア、スロバキア、UAE、台湾、タイ等など、
 プラスチック原料調達のグローバルネットワークを構築
・お客様のご要望に合わせた高品質のカスタムメイド原料の製造

※2018年2月 帝国データバンク調べ


創業時、プラスチックの粉砕加工をするだけの小さな町工場だった当社。
それが今では「プラスチックのことなら何でもお任せ!」のグローバル商社を自負しています。

その原動力は、社員一人ひとりが持つ「仕事が楽しい!」という想いです。

■世界のお客様を相手に20~30代が多く活躍!
 頑張った人が認められる社風
■一人ひとりの裁量が大きく、若手のうちからビジネスをコントロールできる
■風通しがよく、どんな事でも議論できる環境
■成長しているからこそ、新しいことにチャレンジできる
■みんな明るくポジティブ、メンバー同士の仲が良い

「楽しい」と思えるからこそ、仕事に向ける熱量が多く、
自分の成長につながると思えるからこそ、会社に貢献したいという想いが強くあります。


☆詳しくはぜひ、スタッフBlogをご覧ください!!
http://www.cnp.co.jp/blog/


☆★ 会社説明会 日程情報 ☆★

静岡県浜松市の本社事務所にて会社説明会を実施致します。

説明会にご参加いただいた後、ご希望される方に
次の選考ステップに進んでいただく流れとなります。



 ~会社説明会~

日程/2021年4月16日(金)14:00~16:00(13:30受付開始)
   2021年6月25日(金)14:00~16:00(13:30受付開始)
場所/静岡県浜松市東区大瀬町1844番地
   株式会社中部日本プラスチック 本社2F事務所

☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆


選考とは関係なく、学生の皆様と本音トークができるよう、
オープンな雰囲気の説明会となっております。

様々な可能性を秘めた皆様とお会いできることを、
採用スタッフ一同、楽しみにしております!

お問い合わせ/参加予約 →人事部 亀井宛(etsuna@cnp.co.jp)にお気軽にご連絡ください!

会社紹介記事

PHOTO
若手の意見にも耳を傾けてくれて、どんどん仕事を任させてもらえます。失敗しても、それを生かして次にチャレンジできる社風なので、やりがいと充実感を感じる毎日です。
PHOTO
CSRの一環で『エコネット・プロジェクト』を立ち上げ、子供の頃からリサイクルやエコ活動に親しみを持ってもらえるよう活動しています。

日本スタンダードを世界へ伝えたい。求めるのは前向きな方です。

PHOTO

静岡から世界へ!!

Q 若手社員にはどんな風にキャリアアップをして欲しいですか?

仕事にはセンスが必要だと思っています。
ただ、そのセンスの見極めというのは難しいので、まずはそれぞれが興味のある仕事を任せたい。
そして本人の意見、潜在能力、私たちの判断をもとに仕事を任せる。
そうしていくなかでビジネスセンスを磨いてもらい、それぞれに適したポジションへ就いてほしいと思います。


Q 今後、将来の海外戦略について、「夢」を含め聞かせてください。

日本には、「礼儀」「作法」「技術」「サービス」など日本固有の素晴らしいものがあると思います。その"日本スタンダード”を世界に伝えたい。
海外とのビジネスをしていると、海外にはまた海外の文化に即した”海外スタンダード”があると感じます。
海外とビジネスをする際にはビジネスの標準を海外スタンダードに合わせるのではなく、日本スタンダードを維持したい。それは海外スタンダードを受け入れないということではなく、海外スタンダードを理解するということ。
ビジネスを通し、視野を広げ、自由な発想ができるようになってほしい。私たち中部日本プラスチックはその基盤、プラットフォームでありたいと思っています。


Q 新入社員が働き易いようにどんな取り組みをしていますか?

私たちは、経験に関係なく、新入社員の方がより良いパフォーマンスをするためのサポートを行っています。
それは誰に対しても画一的な対応をするということではなく、それぞれに必要な手助けをするということです。
県外から就職してくれる方には住む場所を一緒に探したり、食事の場所、買い物の場所を教えたりしますし、外国籍の方には安心してビザ取得できるようにサポートも行ないます。


Q 職場の雰囲気はどうでしょうか?

「オープン・明るく・前向き」です。
社内の80%は英語を話し、50%以上は海外で生活した経験があります。そのため、雰囲気はインターナショナルですよ。


■最後に

社会は学校では教えてもらえない様々なことが待っています。
成長を続けている我々は常に一緒に前進していけるチームメイトを募集しています。
お客様に喜ばれ、地球環境にやさしく、自己成長ができる職場です。
中小企業ならではのユニークでオンリーワンのビジネスモデルがあなたを待っていますよ。

会社データ

プロフィール

◇スタッフblogがございます → http://www.cnp.co.jp/blog/
 社内イベントや研修などを紹介していますので、ぜひご覧ください!


【中部日本プラスチックのウリ】

1. 同業中、売上は県内 NO.1 の成長中優良企業(※1)

この10年間で売上を5倍以上に伸ばしている"急"成長中の企業です。
そして10年間、赤字がない優良企業でもあります。

成長真っ只中の企業ですので、新しい仕事がどんどん増え、新たなポストも必要になっています。努力して成果を上げていけば、成長のためのチャンスは間違いなくたくさん巡ってきます。

プラスチックは地球上のあらゆる地域で必要とされ、ニーズはますます増えていますので、今後も成長していくと考えています。

(※1:2018年2月 帝国データバンク調べ)


2. 若くして海外ビジネス、新規事業に挑戦できる

やる気のある人には、どんどん仕事を任せて成長してもらいたいと思っています。

海外ビジネスというと英語力を気にする人もいると思いますが、英語はあくまでもツールです。英語力よりもコミュニケーション力が大事ですので、心配は無用です。

実際、当社にはバックパッカーで世界旅行をした経験を生かして、海外営業に携わっている先輩もいます。

若いうちに海外に行くことで大きな経験が得られますし、努力して成果を上げた人にはグローバルな仕事を任せていきます。


3. エコロジー企業

世の中の資源は有限です。当社は、その有限な資源であるプラスチックを買い取り、加工して再利用する事業に取り組んでいます。

ここ数年、エコロジーへの関心が高まってきたことを受け、多くのメーカーが再生素材の利用を始めています。

私たちは、こうした化学樹脂のリサイクルを通じて、地球環境保護にも取り組み続けていきます。

さらに最近は、生物資源(バイオマス)から作られたバイオプラスチックの生産、販売にも力を入れ、社会と地球環境に貢献しています。

事業内容
【中部日本プラスチックの強み】

弊社はメーカー機能を持つ商社というオンリーワンの事業を行っているので、複合的な提案ができるのが強みです。

ハイクオリティなプラスチック原料も、自社リサイクル品も、海外からの低価格のプラスチック原料も、お客様のニーズに合わせて提案することができます。


【中部日本プラスチックが行っていること】

まずはお客様のお話をじっくり伺い、お客様ごとに最適な提案を行います。

プラスチックのリサイクルも、原料販売も、個々のお客様ごとにニーズが異なるので、まずはお客様との信頼関係をきちんと構築し、安心して業務を委託していただけるパートナーになれるように心がけています。

◇ プラスチックのリサイクル

産業廃棄物処理のコスト削減、Co2削減による環境保全活動のお手伝いができるよう、お客様のもとで排出されたプラスチックの成形不良品などを買い取り、自社工場でリサイクルします。

また、現状ではリサイクル不可能な資源に関しても、学術機関との共同研究等により、資源の循環利用を推進していきます。

◇プラスチック原料販売

お客様に、プラスチック原料のコストダウン、またはグレードアップを前提とした「コンパウンド調合品」の提案を行っています。小ロットでの購入にも対応しているので、低コストで提案できるのもウリです。

また、国内だけでなく海外で生産された再生品の取り扱い実績も多数。海外での原料調達も行っています。

PHOTO

海外のプラスチックを日本国内に輸入し、国内で出た廃プラスチックを海外に販売するメーカー兼商社の役割を担っています。

本社郵便番号 431-3113
本社所在地 静岡県浜松市東区大瀬町1844番地
本社電話番号 053-433-1933
創業 1971年 プラスチック再生のための粉砕加工業 開始
設立 1975年 (有)中部日本プラスチック(資本金300万円)に法人化
資本金 3,000万円
従業員 81名(2019年10月現在)
売上高 137億円(2019年8月)
事業所 本社   :〒431-3113 静岡県浜松市東区大瀬町1844
関東支店 :〒329-4401 栃木県栃木市大平町牛久258
西日本支店:〒714-0045 岡山県笠岡市港町1-9
主な取引先 三井化学(株)、三菱化学(株)、旭化成(株)、デュポン(株)、双日プラネット(株)、丸紅(株)、リスパック(株)、豊田合成(株)、浜名湖電装(株)、日東電工(株)、
関連会社 Central Asia Plastics Pte. Ltd. (シンガポール子会社)
平均年齢 34歳
新社屋 2020年 静岡県浜松本社 新社屋完成予定
沿革
  • 1971年
    • 静岡県浜松市龍禅地町でプラスチック再生のための粉砕加工業開始
  • 1972年
    • 現在地にて操業開始
  • 1972年
    • ナカタニ式押し出し機を購入、ペレット加工業開始
  • 1975年
    • (有)中部日本プラスチック(資本金300万円)に法人化
      プラスチックリサイクルに関する事業を総合的に展開
  • 1978年
    • 台湾向け輸出業務開始
  • 1994年
    • プラスチック原材料の輸出業務を本格的に開始
  • 1995年
    • 産業廃棄物収集運搬業資格取得
  • 2003年
    • (株)中部日本プラスチックに組織変更(資本金1,000万円)
  • 2003年
    • CHUBU HONG KONG(香港支社)開設
  • 2004年
    • 貿易事業部 事務所(浜松市常盤町)に移設
  • 2005年
    • ISO14001認証取得
  • 2006年
    • 本社新社屋竣工、貿易事業本部に統合
  • 2008年
    • (株)中部日本プラスチック 関東支店を開設
  • 2008年
    • 輸入(バージン原料、リサイクル原料)を本格的に開始
  • 2010年
    • 東南アジアにリサイクル協力会社確立
  • 2011年
    • 自社ブランド ラ・チュール 販売開始
  • 2012年
    • ヨーロッパよりリサイクル材料輸入開始
  • 2013年
    • シンガポール支社設立
  • 2015年
    • 西日本支店(岡山県)設立

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 22時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 7.5日
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒431-3113 静岡県浜松市東区大瀬町1844
TEL : 053-433-1933 / FAX : 053-433-4140
Email: matsuo@cnp.co.jp
採用担当:亀井 悦奈(かめい えつな)
URL http://cnp.co.jp
E-mail etsuna@cnp.co.jp
交通機関 下記ページをご覧ください。
https://www.cnp.co.jp/company/profile/
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp107879/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)中部日本プラスチックと業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ