最終更新日:2021/7/7

藤本化学製品(株)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 化学
  • 薬品
  • 化粧品
  • 受託開発

基本情報

本社
大阪府
資本金
8,740万円
売上高
113億7,900万円 (2020年3月)
従業員
202名 (2020年10月1日現在)
募集人数
6~10名

高薬理活性製造では、国内トップクラスの設備を有しています!

採用応募を締め切りました【新型コロナウイルス対策へ対応】 (2021/07/07更新)

PHOTO

医薬品製造に興味ある方は【Web会社説明会】を是非ご視聴下さい。
採用活動再開時にはHPにてご案内いたしします。

会社紹介記事

PHOTO
淀屋橋エリアに位置する当社。新入社員を対象に仕事内容や職場環境に対する意見をヒアリングする場を設けるなど社員一人ひとりを大切にする環境が整っています。
PHOTO
2017年に開設した海外からも高い評価を受ける研究施設。社員の安全を確保しながら、最先端の医療に必要な「高薬理活性物質製造設備」を導入。

プロセス化学で新薬開発に貢献。国内有数の設備・技術で国内外の製薬会社の信頼を獲得

PHOTO

今年から新たに社長に就任した藤本社長。「難易度が高い分野でも、当社独自の技術・ノウハウを活かして、業界の未来と医療を必要とする人のためにチャレンジし続けます」

●新薬開発に欠かせない、医薬品原薬・中間体量産プロセスを確立
当社の主力事業は医薬品原薬・中間体の研究開発、受託生産です。新薬開発では大量生産体制の確立が不可欠。合成プロセス開発などの研究段階から、製造管理、品質管理、品質保証などの商用段階までの原薬製造プロセスの開発全般を担っています。高い技術力を持つ研究・生産力と品質保証力を両立させながら、原薬量産化体制の確立を安全操業と低コストを実現しながらトータルプロデュースできることが当社の強み。現在は、抗がん剤をはじめとするアンメットメディカルニーズにも注力し、一般医薬品から高い薬理活性を持つ医薬品まで幅広い新薬の誕生に貢献しています。

●医薬品事業のグローバル化と化粧品事業の国内市場参入
当社は新薬開発を行う製薬会社のニーズに応えるべく、実験室レベルでの研究開発体制から、商業化に向けた本格製造を可能とするトン単位の生産体制を確立してきました。2017年に建設した新プラントには、社員の安全と外部環境への飛散防止を高いレベルで確保すべく、国内ではまだ数少ない“二次封じ込め技術”を採用した「高薬理活性物質製造設備」を導入し、国内外の当局や製薬企業による監査や査察で高い評価を受けています。当社は世界で販売されている新薬の原薬や中間体の製造を行っており、また積極的な設備投資により生産効率だけでなく安全性も強化することで、今後はより一層取引の拡大が期待できます。近年では医薬品と親和性の高い化粧品事業にも本格的に参入しました。2019年度から化粧品原料専門の部署を立ち上げ、新製品の拡販に注力しています。さらに、事業拡大と同時にCSRにも真摯に向き合っています。医療分野で健康の維持や人命を救うのみならず、国連が掲げるSDGsの達成に向けて、目標に取り組み、企業としての存在感を示していきたいと考えています。

●継続力とチャレンジ精神のある方へ
業務を継続する力も大切ですが、それだけが仕事ではありません。時には、担当業務の幅を広げる上で、ひらめきやチャレンジも必要。実際に、中分子医薬品領域へ取り組んでいるのは社員の一声のおかげでした。当社は社員の声を聞き、能力を正当に評価する文化があり、若手も着実に成長できる環境が整っています。

代表取締役社長 藤本 和将

会社データ

プロフィール

当社は医薬品メーカーの一員として、主に医薬品の中間体や原薬の製造、開発、研究を行っています。国内では数少ない高薬理活性物質製造設備を所有し、多くの製薬メーカーから高い関心をいただいております。

事業内容
  • 受託開発
主な事業は、医薬品原薬、医薬品中間体並び化粧品原料等の受託生産、開発です。
60年を超える合成技術の蓄積により、開発品での豊富な受託研究・生産実績を誇っております。

PHOTO

最新鋭設備を持つ泉北第4工場

本社郵便番号 541-0045
本社所在地 大阪市中央区道修町4-5-13
本社電話番号 06-6222-0147
創業 1933年
設立 1953年
資本金 8,740万円
従業員 202名 (2020年10月1日現在)
売上高 113億7,900万円 (2020年3月)
自己資本 121億円
事業所 東京支店/東京都中央区日本橋本町4-1-12
研究所・金楽工場/兵庫県尼崎市金楽寺町1-2-38
泉北工場/大阪府泉大津市臨海町1-24
特殊反応設備 低温反応(-80℃)設備
高温反応(230℃)設備
自動カラム分離設備
精製水製造設備
主な取引先 アステラス製薬(株) 、大塚製薬(株) 、小野薬品工業(株) 、塩野義製薬(株) 、中外製薬(株)、第一工業製薬(株) 、武田薬品工業(株) 、(株)資生堂など
平均年齢 39.5歳
沿革
  • 1933年
    • 藤本商店開業
  • 1953年
    • 藤本化学製品(株)  創立
  • 1966年
    • 金楽工場新設・稼動
  • 1970年
    • 泉北工場工場新設・稼動
  • 1974年
    • 泉北工場 第2工場稼動
  • 1990年
    • 研究所新設
  • 1998年
    • 泉北工場 第3工場稼動
  • 2003年
    • 金楽工場 第2工場稼動
  • 2008年
    • 金楽工場 第2工場内に高薬理活性物質製造設備(カテゴリー4対応)を新設・稼動
  • 2014年
    • 泉北工場 第3工場内に高薬理活性物質製造設備(カテゴリー4対応)を新設・稼動
  • 2017年
    • 泉北工場 第4工場を新設・稼働(高薬理活性物質製造設備:カテゴリー4対応)

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 14.2年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 13.3時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9.4日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 4名 5名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 総務部 採用担当者
TEL:06-6222-0147
URL https://www.fujimoto-chem.co.jp/
E-mail f-saiyou@fujimoto-chem.co.jp
交通機関 地下鉄:御堂筋線 淀屋橋駅より徒歩5分
    四つ橋線 肥後橋駅より徒歩5分
京 阪:淀屋橋駅より8分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp111376/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
藤本化学製品(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ