最終更新日:2021/9/27

東京ファブリック工業(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 建設
  • 建設コンサルタント
  • 商社(建材)
  • 建材・エクステリア
  • 機械設計

基本情報

本社
東京都
資本金
5,000万円
売上高
103億2,000万円(2020年3月期)
従業員
194名(2020年7月現在)
募集人数
1~5名

私たちは 日本の【土木技術を支える】会社です

【内々定まで最短2週間!】他社では聞けない内情までお話しします!ギャップを生まない説明会へぜひ! (2021/08/11更新)

こんにちは!東京ファブリック工業(株) の新卒採用責任者です。

新型コロナウイルスにより、多大な影響を受けられた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

その新型コロナウイルスは、多くの企業の業績に打撃を与え、給与や賞与が減少する企業もあり、採用にも影響が出ているようです。
皆さんも、将来にわたり不安が無い、経営体質が強い企業へ入社したい方も多いのではないかと思います。

そのような中、当社の業績はコロナウイルスの影響ほぼなく、令和2(2020)年度は、過去10年で最高の売上高でした。
今年度(令和3年度)の売り上げも目標達成の見通しがすでに立っています。
このように業績にも全く影響がないため、当然採用人数も減らすようなことはありません。

就職活動をされている皆さんには、できるだけ負担をかけずに、かつ、入社後のミスマッチ、ギャップが無いような会社説明会が、東京ファブリック工業の自慢の説明会です。
普通は話さない会社の内情までしっかりお話しし、学生の皆さまにもご家族の皆さまにも安心していただけるように誠実さを心がけています。

また、選考に進んでからはで内々定まで最短2週間というスピード選考もスケジュールによっては可能です。


最後に、会社と社員が安定していなければ、日本全国のインフラを支えられる会社にはなれません。

当社は知名度はありませんが、日本を支える企業としてのプライドと自信は負けません。
就職活動をしている皆さんには、いろんな会社がある中、当社に興味を持っていただけることを願っています。

大変な就職活動とは思いますが、体調を崩さないように頑張ってください!

東京ファブリック工業(株) 総務部 人事総務課 採用責任者より

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
☆誰も知らない…でも社会に絶対なくてはならない会社!だから、日本のインフラを支えるために地道に、自信をもって楽しく仕事をしたい。そして会社の成長も実感できる!
PHOTO
★土木業ではなく、日本の【土木技術を支える】会社です!日本のハイレベルな土木技術の土台となっています!

国産第1号のゴム支承開発から続く安定経営 独自の技術力と地域に密着した営業

PHOTO

当社は道路、橋、鉄道などを地震から守り、振動を抑える製品を取扱っています。

橋、道路、鉄道、トンネル…私達が生活する上で、無くてはならない「インフラ」を支えるのが当社の役割です。

"橋を支える~地震に強い安心な橋に~" 初めて国産での開発に成功した「ゴム支承」という製品で日本中の橋を地震から守り、支えています。

"鉄道を支える~静かな安定した鉄道に~" 鉄道や地下鉄の安定走行を実現する締結装置、そして走行時の振動・騒音を減らす防振装置と呼ばれる装置は、日本全国の鉄道や地下鉄を支えています。

"水の力を支える~変動を吸収し止水するトンネル・水門に~" 地下のトンネルや水門に影響する地盤の動きを吸収し、水の流入や浸水を防ぎ地下構造物を支えています。

当社の製品は、人々の暮らしに安心・安全と快適な暮らしを提供しています。

当社の顧客は、全国のゼネコンや設計コンサルタントという、構造物を施工したり、設計をしている会社です。

しかし、この構造物=社会インフラは、当会社の製品がなければ完成させることができません。

このように、インフラを支える製品の設計、製造、販売を行い、業界随一の老舗として日本の橋や道路に製品を提供しています。

また、全国14カ所に拠点を持ち、営業と技術による「地元密着」のきめ細かいサポートができるのが当会社の強みです。

今や全国の橋を地震から守っています。

当会社の技術を駆使して、信頼される製品を提供してきた実績で、創業68年、そして未来へ続いていきます。

会社データ

プロフィール

特許件数は、600以上。創業68年を超えて培ってきた技術力と対応力をもつ専門メーカー。

日本に「橋・道路」「鉄道・地下鉄」「地下トンネル・水門」がある限り、私たちの仕事は尽きることはありません。

日本国内にある「橋」は約70万橋。高度経済成長期に作られた多くの橋は2020年代前半には、建設後50年を迎え、ほとんどの橋で補修が必要となります。
また、例えば新宿駅南口の”バスタ新宿”のような最新の「橋」(あれも橋の上にある建物です)も我々の技術が生きています。

さらには地下鉄の東京メトロをはじめ、全国の地下鉄の快適な運行、実はそれを支えているのは私たちの製品であり、技術です。

これらの保守、リニューアル、架け替えは待ったなしの状況です。私たち「東京ファブリック工業」の力が、日本のインフラを支えています。

事業内容
自社製品の取付工事および開発・設計・販売を行っております。
・道路、橋梁等の免震・耐震の各種製品(地震時に橋の倒壊を防ぐ)
・鉄道軌道製品(乗車時の振動抑制装置)
・クレーン軌道製品(港湾などに配置されるクレーンの構築)
・各種構造物の耐震止水製品(地下トンネルなどの漏水防止装置)
・ビル建物免震製品

※ISO9001取得
※特許申請技術 600以上 ※健康優良企業認定
※国土交通大臣許可(特-27) 第11905号 土木工事業
※国土交通大臣許可 (般-27) 第11905号 とび・土工工事業/鋼構造物工事業

PHOTO

ゴムという特殊な材料で、ゴム支承、ゴムパッド、防振、パッキンなどの製品、装置の開発・設計・販売・施工を行い、日本のハイレベルな土木技術の土台となっています!

本社郵便番号 163-0429
本社所在地 東京都新宿区西新宿2丁目1番1号 新宿三井ビル29階
設立 1953年(昭和28年) 9月18日
資本金 5,000万円
従業員 194名(2020年7月現在)
売上高 103億2,000万円(2020年3月期)
事業所 札幌、盛岡、仙台、宇都宮、新潟、東京、横浜、名古屋、金沢、大阪、高松、広島、福岡、鹿児島
関連会社 東京ファブリック化工(株)
(株)大西鋳工所
平均年齢 44.5歳(2020年10月時点)
年間休日・休日 年間休日125日
完全週休2日制(土日)
祝日
年末年始
ファブリック休暇(土曜日が祝日の場合、前日の金曜日は当社独自の休日)
会社創立記念日 (9月18日)
時間単位有給休暇(年間40時間以内)
年次有給休暇 (入社3カ月後に10日間付与、付与数:最高20日 保有:最高40日)
特別有給休暇(結婚・出産・赴任・忌引など)
積立有給休暇(最高50日保有)
沿革
  • 昭和38年(1963年)4月
    • 東京都新宿区上落合に東京ファブリック工業(株)を設立
      国鉄のPCマクラギに「螺釘用埋込栓」採用
  • 昭和29~30年
    • 大阪府大阪市に大阪出張所(現在の大阪支店)を開設
      営団地下鉄で「絣溝付軌道パッド」採用
      東京都交通局で「路面軌道用締結装置」採用
  • 昭和34年(1959年)
    • 富士製鉄広畑工場で「クレーン軌道用締結装置」採用
  • 昭和35年(1960年)
    • 愛知県名古屋市に名古屋出張所(現在の名古屋営業所)を開設
      八郎潟干拓工事で国産第一号の「橋梁用DSFパッド」採用
  • 昭和41年(1966年)
    • 九州出張所を福岡県福岡市に移転し、福岡出張所(現在の福岡支店)と改称
      北海道で「ネオスライド沓」採用
  • 昭和42年(1967年)
    • 福岡県福岡市で「BROFジョイントII型」採用
  • 昭和49年(1974年)
    • 本店を東京都新宿区新宿(新宿大栄ビル)に移転
      香川県高松市に高松営業所を開設
      営団地下鉄有楽町線のPCマクラギに弾性袴装着
  • 昭和52年(1977年)
    • 営団地下鉄半蔵門線で「箱抜弾性軌道装置」採用
  • 昭和53年(1978年)
    • 国鉄標準ゴム支承として「KGSパッド」採用
  • 昭和59年(1984年)
    • 鹿児島県鹿児島市に鹿児島分室(現在の鹿児島営業所)を開設
      建設省信濃川下流工事事務所で「可撓性鋼矢板」採用
  • 昭和61年(1986年)
    • 岩手県盛岡市に盛岡分室(現在の盛岡営業所)を開設
      一般建設業の建設大臣許可を取得
  • 昭和62年(1987年)
    • 大成建設技術研究所J棟で「建築免震装置」採用
  • 平成元年(1989年)
    • JR九州日田彦山線で「ナブラ型締結装置」採用
  • 平成05年(1993年)
    • 建設省常陸工事事務所の勝倉第5排水樋管で「ネオカラー」採用
  • 平成07年(1995年)
    • 「免震支承(LRB)」が阪神淡路大震災復旧工事で多数採用
      神戸線第16工区で世界初の橋脚免震支承として「LRB」採用
  • 平成08年(1996年)
    • 建設省標準仕様書に「遮水矢板用可撓継手およびネオカラー」が掲載
  • 平成15年(2003年)
    • 本店を東京都新宿区西新宿(新宿三井ビル)に移転
      落橋防止装置「ネオガードII」開発
  • 平成16年(2004年)
    • 「高防錆支承金物(ST-SGN12)」開発
  • 平成22年(2010年)
    • 「地震時変位拘束装置(T型ストッパー)」開発・販売開始
  • 平成23年(2011年)
    • 「モノレール軌道桁用 落橋防止装置」開発
  • 平成27年(2015年)
    • 「高面圧・コンパクトゴム支承(CRB-Z)」開発
      「耐震連結装置(FRAC)」開発・販売開始
      「VFF型締結装置」製造・販売開始
  • 平成28年(2016年)
    • 「桁接着工法(Uウェッジフレーム)」開発・販売開始
  • 平成30年(2018年)
    • 「高耐食表面処理(MELめっき、MEL-N12)」開発・販売開始
      「箱一体型分岐用防振装置」開発
  • 令和元年(2019年)
    • 「耐震止水板(BGパッキン)」開発・販売開始
      「NEWグラウト管(ミエール・H)」開発・販売開始
      神奈川県横浜市に横浜営業所を開設
  • 令和02年(2020年)
    • 「RFジョイント」開発・販売開始

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 19年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 16.2時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.0日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 - - -
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 0名 2名
    2018年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 2.7%
      (37名中1名)
    • 2020年度

取材情報

橋の免震装置をオーダーメイドで設計。独自の技術で社会インフラに貢献!
開発、設計、販売、施工へ、スキルも視野も幅広く広げたい
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 東京ファブリック工業(株)
本店/東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル29F
総務部 人事総務課 採用担当
URL https://www.tokyo-fabric.co.jp/
E-mail saiyo@tokyo-fabric.co.jp
交通機関 JR・小田急線・京王線「新宿」駅 徒歩8分 
丸ノ内線「西新宿」駅 徒歩2分
大江戸線「都庁前」駅 徒歩1分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp111998/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
東京ファブリック工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
東京ファブリック工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ