最終更新日:2021/4/16

日本紙管工業(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 紙・パルプ
  • 化学

基本情報

本社
大阪府
資本金
8,000万円
売上高
104億9,300万円(2020年5月期)
従業員
150人
募集人数
若干名

シンプルな見た目に反し、実は技術の結晶。日用品から最新機器まで、幅広い産業を根幹から支える歴史ある紙管メーカーです。

  • 積極的に受付中

【5月中旬頃説明会開催】多くの産業界を支える歴史と実績のある紙管メーカーです! (2021/04/16更新)

PHOTO

当社ページをご覧いただき、ありがとうございます。

当社は日用品から最新機器まで、
幅広い産業で使用されている「紙管」メーカーです!

製造業に興味のある方、
陰ながら産業界を支えることに魅力を感じる方、
自分で限定せずに様々なことにチャレンジしたい方、
お気軽にエントリーしてください。

近日中に次回開催の説明会の予約を開始します。
5月中旬頃の開催を予定しています。
エントリーしていただいた方には
予約を開始しましたらメッセージをお送り致します。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
当社は、『人間尊重』を基本理念としています。「愉快に楽しく!」をモットーに、社員と共に成長し、更に「強い会社」を目指している会社です!
PHOTO
お客様とのふれ合いの中からさまざまな声に耳を傾け、「気配り」と「心配り」を持ってものづくりに励んでおります。

紙管を通じて、幅広い産業を支える人財に!

PHOTO

「当社の基本理念は『人間尊重』です。人間のふれ合いを大切に思いやりを基本とし、最大よりも最良たれを目標としています。」と語る、社長の竹本治男

●見えないところで私たちの暮らしを支える紙管
紙管にはいくつかの用途がありますが、その多くは様々な素材の巻き付けに使用されています。巻き付けられる素材は紙であったり、繊維であったり、スマートフォンのような最新機器に使われている光学フィルムであったり、食品用のラップフィルムであったり。巻き付けられる素材の種類はとても幅広く、実は私たちの身の回りには、紙管に巻かれていた製品がたくさんあるのです。日本紙管工業は、そのような表舞台に立つことはほとんどなくても、私たちの暮らしを陰ながら支えている紙管を製造している会社です。

●自分の可能性を限定しない総合職採用
当社の採用職種は総合職採用となっています。これは、どの部門でも活躍できる可能性があるということです。当社には営業、購買、生産管理、品質管理、技術開発、総務・経理、製造等複数の部門があります。総合職ですので、自分の希望とは異なる部門に配属されることもあります。しかし、どの配属先でも、思いもよらなかったやりがいや面白さ、自分自身の新しい可能性に気づくはずです。

●安定した財務基盤
当社の自己資本比率は60%を超えています。大きな景気変動にも揺らぐことのない、常に安定した経営を行っていますので、安心して働いていただけます。

会社データ

プロフィール

日本紙管工業(株)は、『紙管』や『紙製梱包材』をお客様のニーズに合わせて設計し、製造販売する会社です!

紙管は、家庭用品から産業用途、溶鉱炉温度測定用、製品保護材料など、あらゆる分野の「巻く」「包む」「支える」をサポートしています。
サランラップ、クレラップなどの各種家庭用ラップや食品包装用フィルム、新聞紙、ティッシュペーパーなどの日用品を始め、スーツやスポーツウェア、印刷物、包装などありとあらゆる素材の巻取に使用されています。
また昨今では、金属箔やアルミニウム、スチール、光学フィルムなどの素材の巻取にも使用され、巻き取られた素材は航空機・船舶・新幹線の構造材、自動車の部材、さらにはスマートフォンや液晶テレビ、PCなどに使用されています。
このように、わたしたちの生活に使われているありとあらゆるモノは「もともとは巻かれている」ことがほとんどです。

ユーザーの目には留まらずとも、確実に社会や生活を支える重要な役割を担っています。

事業内容
各種産業用紙管の製造及び販売

・フィルム用紙管
 OPP、CPP、ナイロン、ポリエステルを素材とする汎用フィルムや、
 食品包装用フィルム、医療品・薬品包装用フィルム、半導体用銅箔、
 超薄膜フィルムなどの異物混入防止が求められる製品に使用されています。

・製紙用紙管
 印刷紙・新聞紙・クラフト紙・板紙に使用されています。

・情報用紙用紙管
 インクジェット紙・感熱紙・ノーカーボン紙に使用されています。

・特殊用紙管
 溶鉱炉などの温度測定器の保護材として使用されています。

上記の他にもまだまだ多くの紙管が様々な用途で使用されています!

PHOTO

紙管は、「巻く」「包む」「支える」の3つを主な用途とし、家庭用品から産業用途、溶鉱炉温度測定用、製品保護材料など、あらゆる分野で活躍しています!

本社郵便番号 535-0002
本社所在地 大阪市旭区大宮1-11-3
本社電話番号 06-6952-0674 
創立 1946年7月4日
資本金 8,000万円
従業員 150人
売上高 104億9,300万円(2020年5月期)
事業所 ■大阪本社
大阪市旭区大宮1-11-3
■東京支店
東京都中央区京橋3-6-17(京橋大栄ビル3F)
■四国工場
香川県善通寺市弘田町1943-1
■滋賀工場
滋賀県湖南市日枝町3-6
主な取引先 大王製紙(株)、王子製紙(株)、王子エフテックス(株)、王子イメージングメディア(株)、旭化成(株)、東洋紡(株)、(株)クレハ、フタムラ化学(株)、レンゴー(株)、ヘレウス・エレクトロナイト(株)、川惣電機工業(株)、菅原電気(株) 他
平均年齢 41.4歳
平均勤続年数 16年4カ月
沿革
  • 1946年7月
    • 竹本紙器工業所創業
  • 1954年12月
    • 日本紙管工業(株)と改称
  • 1960年8月
    • 東京工場開設
  • 1966年11月
    • 四国工場開設
  • 1973年6月
    • 茨城工場開設
  • 1974年11月
    • 滋賀工場開設
  • 1981年6月
    • 東京営業開発部開設
  • 1994年3月
    • 四国工場新改築
  • 1996年7月
    • 創立50周年
  • 1997年12月
    • Paul社と業務提携締結
  • 2002年11月
    • 滋賀新工場開設
  • 2006年7月
    • 創立60周年
  • 2011年11月
    • 東京営業開発部を移転し、東京支店へ名称変更
  • 2016年7月
    • 創立70周年
  • 2017年7月
    • 竹本治男が代表取締役社長に就任

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 10.5時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10.3日
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 5.0%
      (40名中2名)
    • 2020年度

    役員10名中、女性0名 管理的地位にある者30名中、女性2名

問い合わせ先

問い合わせ先 〒535-0002
大阪府大阪市旭区大宮1-11-3 
日本紙管工業(株) 本社総務部/採用担当
TEL:06-6952-0674
URL http://n-shikan.co.jp/
E-mail soumu@n-shikan.co.jp
交通機関 1.地下鉄谷町線 千林大宮駅 3番又は4番出口から徒歩7分程
2. 京阪本線 森小路駅 西出口から徒歩7分程
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp112063/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
日本紙管工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

あなたの閲覧傾向にマッチした企業はこちらです。

日本紙管工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ