最終更新日:2021/7/29

信越ポリマー(株)【東証一部上場】

  • 正社員
  • 上場企業

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 化学
  • タイヤ・ゴム製品
  • 半導体・電子・電気機器
  • 自動車・自動車部品
  • 精密機器

基本情報

本社
東京都
PHOTO

多くの知識や技術を蓄え、製品を複合的に捉えられる技術者へ

W.K
2015年入社
理学部 化学科 【院卒】
開発本部(製品開発|東京工場)
機能性フィルムの開発

「志望動機」と「入社理由」を教えてください

多彩な製品を生み出す会社であるからこそ、自分を大きく成長させながら複合的な製品開発ができると思ったからです。
私は大学で学んだ化学の知識と他分野の知識を複合して、新たなモノを生み出したいと考えていました。就職活動をしていた当時、県内に当社の子会社(現在は当社と合併しています)があったことが、信越ポリマーを知ったきっかけです。当社は多種多様な製品を開発しています。たくさんの製品開発に携わることで多様な知識や技術を吸収し、スキルアップできる環境があると感じました。
また、会社説明会や採用面接では、先輩社員たちが自分の作っている製品を活き活きと紹介していました。そんな姿を見て、自分もこの会社であればひたむきに製品開発に挑めるのではないかと思ったのです。信越ポリマーならば、お客様に満足いただける複合的な製品開発ができる、そう感じられたことが入社の決め手になりました。


仕事内容を教えてください

私は電磁波シールドという機能性フィルムの開発を担当しています。
電磁波シールドは、パソコンやスマートフォンの中で情報を伝達するFPCなどの回路基板に貼り付けるもの。外部からのノイズを遮蔽したり、内部からのノイズの発生を防止して、回路基板の情報を正確に伝える役割を持っています。
私はそんな電磁波シールドの樹脂設計の検討を行っています。電磁波シールドの樹脂層には柔軟性や耐熱性、難燃性など多くの特性が求められます。それらを満たすために、ベースとなる樹脂の選定、複数の樹脂のブレンド、機能性添加剤の配合などを考え、サンプルの作製と評価を繰り返し行います。私はこれまでにフィルムの押出成形や導電性塗料の配合業務も経験しています。このことから、過去の経験を活かして、お客様の求める特性が得られないかと検討を重ねています。
また、樹脂設計を検討する際に念頭に置かなければならないことは製造工程について。実験室でのサンプル作製と実機での製造では、様々な違いからうまく製造できないことがあります。過去の失敗経験から、実際に製造する際の樹脂の状態や加工条件などを含めて、様々な角度から検討するように心がけています。


大学時代の「研究内容」と「仕事に活かされていること」を教えてください

大学では有機合成を専攻し、超分子と呼ばれる構造が特徴的な分子の合成を行っていました。そのため、「分子の構造と発揮される機能の関係に関する知識や経験」が現在の開発業務に役立っています。具体的には、担当製品の樹脂層に配合する樹脂やモノマー、添加剤の分子の構造から、最終的にどのような特性が出るかイメージすることができます。よって、多面的に実験結果を考察でき、より効率的な開発方針を導くことに繋がっています。
また、仕事を行ううえでは、知識のあった小さい分子の性質の他に、「分子量の大きい樹脂特有の性質に関する知識や技術」を深める必要がありました。参考書やインターネットによる調査のほか、先輩社員に教えてもらったり、セミナーに参加することも多いです。特殊な材料の場合はメーカーに問い合わせたり、展示会で聞き取りを行ったり、特許検索も行っています。
さらに、論点を外さずに全員が正確に理解できるよう「相手に伝える技術」も必要です。大学の研究室では発表の機会が多くあるかと思いますので、意識的に取り組んでおくとその後の役に立つかと思います。


仕事のやりがいを教えてください

試行錯誤を重ねて開発した設計が要求された特性を満たし、お客様から良い評価をいただけるとやりがいを感じます。
担当している電磁波シールドの樹脂層は複数の層が積層されていますが、それぞれの樹脂層で要求される特性が異なります。よって、それぞれの層で特性を満たしていても、実際に積層しようとすると樹脂層同士の相性の悪さから積層できないことがあります。また、単層では満たせていた要求特性が積層することによって十分に発現しない場合もあるのです。積層時の相性や特性をそれぞれの樹脂層の設計にフィードバックし、繰り返し調整を行う。時には、単層で特性が得られた樹脂層をベース樹脂の検討からやり直したり、全く新しい素材に置き換えたりと、試行錯誤の連続です。そうしてなんとか完成した製品をお客様へ提出し、お客様から直接「この性能はいいね」と言われると、大きな達成感とやりがいを感じます。
また、開発を進めれば進めるほど新しい経験ができるため、日々自分の成長が実感できる。これは自分のモチベーションや仕事のやりがいにも繋がっています。


学生の皆さんへメッセージ

信越ポリマーは様々な成形技術と化学的知見に基づく樹脂配合技術などを組み合わせた製品展開を行うとともに、導電性塗料のような材料系の新製品開発にも積極的に取り組んでいます。多彩な製品開発を支えるのは、自分の得意分野を活かして活躍する多くの社員。開発業務は少数精鋭チームで行うことが多く、一人ひとりが主役となって製品開発に取り組めます。
さらに、多くの製品開発に携わる機会があるので、自分を高められる環境である点が当社の良いところ。一人ひとりの意見がしっかり通るので、自分で思いついたアイディアが製品に直結することもやりがいに繋がります。
私の現在の目標は、「現在携わっている製品のスペシャリストになる」こと。その後は全く別の製品開発に携わることで経験を重ね、最終的には先輩たちや上司のような「製品を複合的に捉えられる」ようになりたいと思っています。
当社はやりたいことに挑戦させてもらえる会社。知らないことにどんどん挑戦してみたいと思う学生の皆さんは、ぜひ当社に足を運んでみてください。


トップへ