最終更新日:2021/7/29

信越ポリマー(株)【東証一部上場】

  • 正社員
  • 上場企業

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 化学
  • タイヤ・ゴム製品
  • 半導体・電子・電気機器
  • 自動車・自動車部品
  • 精密機器

基本情報

本社
東京都
PHOTO

自分で設計した設備が「カタチ」になる面白さ

H.N
2017年入社
工学部 機械システム工学科 【院卒】
生産本部(生産技術|東京工場)
量産設備の設計/新規導入など

「志望動機」と「入社理由」を教えてください

多種多様な製品を生み出している点に魅力を感じたからです。
就職活動では建築材料メーカーに絞って企業を探していました。その中で、当社製品の塩ビパイプを知ったことが志望のきっかけです。信越ポリマーを調べていく中で、シリコーンや樹脂の加工を行って、自動車用スイッチから医療機器、フィルムなど多くの製品を生み出すことのできる技術力に惹かれました。
また、当社は海外に生産工場を多く有しています。それぞれの海外工場で同じ品質を保つためには、機械や金型が重要であると思いました。私は大学で機械工学を専攻していたため、学んだ知識や経験が活かせるのではないかと考えたのです。そして、それらを活かして多種多様な製品に携わる仕事ができたらきっと面白いだろうと思い、当社への入社を決意しました。


仕事内容を教えてください

私が所属するエンジニアリング部では、新製品を量産するための設備の導入や、既存設備の改良、それに伴う設備の設計などを行っています。
今現在の担当業務は、コピー機や複合機に内蔵されるOAローラという部品の新しい生産設備導入です。治具の設計など装置導入の準備を行っています。装置の仕様を決定するためには、開発部門と成形条件や生産スピード、作業条件等の打ち合わせを行います。そして、ヒアリングから狙った品質の製品がつくれるよう、装置の構想案の検討やテストなどを行います。さらに、機械メーカーと打ち合わせを行いながら装置の仕様を決定し、設計・製作を進めていきます。設備の導入時期は予め決まっているため、装置導入までのスケジュール管理も重要な仕事の一つです。
エンジニアリング部は社内外の多くの人たちと関わり合いながら仕事を進めていきます。そのため、疑問に思ったことを全て洗い出して不明点がないようにしておくことは、意識している点の一つです。


大学時代の「研究内容」と「仕事に活かされていること」を教えてください

大学では機械工学を専攻し、「フォーム材の気泡形状と力学的特性の関係」について研究していました。
当時、解析モデルの作成が上手くいかず、何度も条件を変えて欲しいデータが取れるまで研究を繰り返し、課題を解決した経験があります。この経験から、諦めずにできることをコツコツと進めることの大切さを学びました。また、「最後には必ずうまくいく」と、前向きに取り組む姿勢が身に付きましたね。これらは私のベースの一つとして、現在の仕事に活かされています。
エンジニアリング部の仕事には、「機械に関する知識」はもちろん、図面を描くことが多いので「CADの操作」や「製図の知識」が必要です。私は学生時代にCADの経験がなく、手書きの製図に少し触れただけであったため、実務で通用するレベルになるよう日々勉強しています。私と同じような職種を希望する方は、学生時代に基礎を身に付けておくと仕事の理解や取り組みがスムーズになるかもしれません。


最も印象に残っているエピソードを教えてください

中国にある東莞工場で新しい設備の立ち上げを担当し、四苦八苦しながら期日内に設備導入を達成させたことです。
これは、私にとって初めての装置の立ち上げ経験で、前半は他のメンバーとともに、後半は私一人で対応を行ったものです。国内で作業スケジュールをしっかりと組んで臨みましたが、装置のトラブルや予想外の問題などが発生し、作業が予定通りに進まずにとても苦労しました。
この経験を通して特に感じたことは、その日にできること、その日にやらなければならないことの優先順位づけ。自分の中で優先順位を整理しながら作業を進めることの重要性を痛感しました。なかなか思い通りにいかず大変な経験でしたが、それまで経験できなかった製造現場での臨機応変な対応力など、多くの学びを得ることができました。とても貴重な経験になったとともに、この様に課題を一つひとつ乗り越えられたことが、自分の自信に繋がっています。


学生の皆さんへメッセージ

私は機械装置に関する仕事を行っています。当社のような材料加工メーカーでこの仕事を行う醍醐味は、自分のアイディアが反映された装置が国内外の工場で稼働し、実際に製品をつくる光景を自分の目で見られること。その姿を見ると、とても誇らしく思います。
現在の私は上司や先輩社員に指示やアドバイスを受けながら仕事をすることも多く、技術者としてまだまだ駆け出しです。機械に関する幅広い知識や、担当製品とその製造工程に対する理解を日々深めながら、より主体的に考えて仕事を進められるようになりたいと思っています。
また、当社は風通しがよく、仕事の相談や自分の意見を伝えやすい環境です。私の部署では、決められたスケジュールの中で自ら裁量を持ちながら仕事を進めることができるので、様々なチャレンジがしたい方に特に適しているのではないでしょうか。
学生の皆さんは自己分析をしっかり行い、仕事をするうえで譲れない部分を考えてください。企業は数多くあるので、時には周りの友人と情報交換することで、自分に合った会社を見つけるきっかけになるかもしれません。


トップへ