最終更新日:2021/7/29

信越ポリマー(株)【東証一部上場】

  • 正社員
  • 上場企業

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 化学
  • タイヤ・ゴム製品
  • 半導体・電子・電気機器
  • 自動車・自動車部品
  • 精密機器

基本情報

本社
東京都
PHOTO

長寿命・安定生産・利便性・高品質に寄与する金型設計を!

S.S
2016年入社
農学部 応用生物科学科 【院卒】
生産本部(生産技術|東京工場)
電子部品包装材の金型開発/生産技術

「志望動機」と「入社理由」を教えてください

世の中を裏から支えている製品群に魅力を感じたからです。
私は生物系でしたが、もともと化学が好きだったため、化学系メーカーを志望していました。就職活動の中で偶然知った信越ポリマーの取り扱う製品は、私たちの生活に密接に関わっているものばかり。その中でも特に、自動車などに用いられるタッチスイッチに魅力を感じました。私は設計業務に興味を持っていたのですが、企業研究や採用面接を進めていく中で、設計業務に携われることを知り、より志望度が増しました。
また、当社は生産販売拠点をグローバルに展開しています。私も海外で活躍できる人材になりたいと思ったことも理由の一つです。そして、採用面接などを通して出会った社員から、仕事や人に対する誠実さを感じことで入社を決意しました。


仕事内容を教えてください

電子部品やデバイスを収納する「キャリアテープ」と呼ばれるパッケージ材を担当しています。
キャリアテープはプラスチックでできたテープ状の製品。例えば、スマートフォンに使用されるような電子部品をテープ上のポケットに収納し、部品の保護と基盤実装用途で使用されます。対応する電子部品やデバイスのサイズは様々で、電子部品などを保護するための静電対策や寸法精度の高さが必要です。私はそんなキャリアテープの製品開発、既存設備の改善業務などを担当しています。
キャリアテープの製造には金型を用いますが、目に見えないレベルの金型の仕上がりや傷が製品の出来栄えを大きく左右します。そのため、不具合が生じた際に、その原因を探ることにはひときわ苦労します。また、原因が一つ発見されたとしても、複数の要因が関連している場合も。何が原因で問題が生じたのか論理的に考え、改善のために必要な金型や治具の設計を行い、うまく改善できたときには喜びとやりがいを感じます。


大学時代の「研究内容」と「仕事に活かされていること」を教えてください

大学では生物科学を専攻し、「土壌細菌がつくる毒素の構造と毒性の相互関係」に関わる研究を行っていました。
知識面では、大学の研究内容と現在の業務に直接的な関わりはありません。しかし、研究活動を行う中で培った「一つ一つ課題を解決していくための取り組み方や考え方」は、現在の業務を行ううえで活かされていると感じます。
私の業務では「金型や材料、設計の知識」が求められますが、会社に入ってから学ぶ環境が整っています。実際に私はほぼゼロからのスタートでしたが、OJTや関連セミナーへの参加などを通して徐々に身に付けている最中です。知識面は向上心ややる気次第で後から身に付けることができますので、学生の皆さんにまず求められることは、日々の研究活動に目的意識を持ってしっかりと取り組むことだと思います。


最も印象に残っているエピソードを教えてください

開発部門と連携して取り組んだとある金型の起型です。
その金型の規格は従来に無い高いレベルの規格でした。起型した金型を用いた試作の際に、製品の寸法が安定せず製品に傷が発生していまい、なかなか満足なサンプルをつくることができませんでした。原因を一つ一つ考察し、部品の改善や条件変更を何度も繰り返しながら、問題を一つずつ解決していきました。
さらに、サンプルづくりの際に意識しなければならないことは、量産移管についてです。試作段階でよいサンプルができても、その後の量産で問題が発生してしまっては意味がありません。製品規格にぴったり当てはまり、その規格を保ちながら量産できるような金型が求められます。また、時間は無限ではありません。お客様の求める納期を必ず意識しなければなりません。その点で、技術・開発部門だけではなく、営業部門との連携も必要です。
広い視点でモノづくりを捉え、課題を一つずつクリアし、チームで連携し合いながら無事に金型の起型を成功させたことで、仕事に対する姿勢や責任感がより強まったと感じています。


学生の皆さんへメッセージ

信越ポリマーは一見地味な会社に見えるかもしれません。しかし、社会を裏側から支える多様で魅力的な製品を生み出していて、知れば知るほど味が出る会社。責任感と優しさを兼ね備えた人が多く、それが製品にも反映されていると感じます。そして、一から製品づくりに携わることができ、モノづくりの喜びとやりがいを感じられることが当社の魅力です。
現在の私の目標は、知識や経験を増やし、「長寿命かつ安定生産が行える金型設計ができるようになる」こと。そして、ただ設計するだけではなく、「製造現場の目線に立ち、使用しやすく問題が生じない生産技術を確立する」こと。まずはこの目標に向けて日々邁進しています。
学生の皆さんは、企業の製品や業務内容をよく確認し、入社後に具体的に何がやりたいか、どのようになりたいかをイメージしてみてください。そうすれば、自分の興味が明確になり、自分がその会社に合っているのかが見えてくるでしょう。そして、疲れた時は趣味に取り組んで気分転換を図り、その後再び全力で就職活動に取り組んでください。気分転換や切り替えも大切ですよ!


トップへ