最終更新日:2021/7/29

信越ポリマー(株)【東証一部上場】

  • 正社員
  • 上場企業

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 化学
  • タイヤ・ゴム製品
  • 半導体・電子・電気機器
  • 自動車・自動車部品
  • 精密機器

基本情報

本社
東京都
PHOTO

自ら課題をクリアし、価値あるカタチを生み出したい

A.K
2017年入社
理工学部 応用化学科 【院卒】
開発本部(製品開発|東京工場)
樹脂フィルムの開発

「志望動機」と「入社理由」を教えてください

会社としての成長性を感じたことが一つです。
私は学生時代から高分子材料に興味を持っていたため、高分子材料を用いたモノづくりを行う技術者になりたいと思っていました。当社を知ったきっかけは、所属研究室のOBが入社していたからです。信越ポリマーは、私が興味を持っていた材料を用い幅広い事業を展開する中で、高いシェアを誇る製品を有しています。これは確かな技術力がある証であり、今後も成長を遂げていく会社だと感じました。さらに、多くの産業分野に関連する製品を展開しているからこそ、入社後に多様な製品に触れ新しい挑戦ができると思い、当社への入社を決意しました。
また、福利厚生が充実していることも魅力に感じました。特に、借上社宅制度が整備されていることから、遠方出身者も安心して入社することができます。


仕事内容を教えてください

入社して約1年半は導電性樹脂板の開発を担当していました。その後、部署異動を経て、現在は絶縁性高分子樹脂フィルムの開発を担当しています。
担当製品であるShin-Etsu Sepla Film(R)は、スーパーエンプラであるPEEK樹脂を無延伸で薄膜製膜したもの。耐熱性や機械的強度に優れ、現在はスマートフォンのスピーカー部分などに用いられています。社内ではまだ若い製品ですが、優位性のある数ある特徴を活かして、幅広い産業分野への応用が期待されています。
私の業務は高分子樹脂材料の選定から配合、成形条件の検討など。その中で、どのような手順を踏めば最も迅速に進められるかを考え実行することには苦労します。また、社内で全て実験できないこともしばしば。受託試験をしてもらえる企業とのスケジュールを調整し、それに合わせた計画を練り、迅速に進められる選択をする必要があります。
こうやって課題を一つずつクリアしていくことは達成感や自分のモチベーション維持に繋がっています。なぜなら、その過程で得られた経験と知見により、自分自身の成長が感じられるからです。


大学時代の「研究内容」と「仕事に活かされていること」を教えてください

大学では応用化学を専攻し、「金属触媒を用いた有機合成反応の開発」に取り組んでいました。
大学時代の経験で仕事に活かされているのは、「化学物質の特徴を理解する力」と、その物質によって得られる「特性を予測する力」。この力を活かして、製品の試作に臨めています。より基礎的な部分で言えば、「報告書の書き方」は現在に通ずる部分がありますね。
また、この仕事に求められる力は、高分子材料の「特性知識」と「加工技術」。どちらも入社後に身に付けることができますが、習得への近道は学生時代の学業や研究にしっかりと取り組むことではないでしょうか。


最も印象に残っているエピソードを教えてください

入社1年目の夏に、私が操作担当となる加工機械を導入した経験です。
当時、その機械の操作知識を持つ人が社内にはいませんでした。機械操作のためにプログラミング言語を覚える必要がありましたが、私はそれまでプログラミング言語に触れた経験がありませんでした。そのため、私が主導でその機械動作を熟知した外部機関と密接に連絡を取り合いながら操作を一から覚えました。今では応用を利かせられるレベルまでの技術を会得するに至っています。
この経験から感じたことは、仕事は社内だけではなく会社間で助け合えること。そして、会社間の信頼関係が継続していかなければこのような助け合いはできないので、関係性を壊さないように気を付けなければならないことです。個人ではなく会社としての責任感を感じるきっかけになりました。特に外部の方と接する場合は、常に自分が会社の顔であることを意識し、失礼のないように気を付けながらコミュニケーションを取るように心がけています。


学生の皆さんへメッセージ

信越ポリマーは成形・加工のプロフェッショナル。多くの事業において、数多く存在する樹脂と配合材料を組み合わせ、それに適した成形方法を駆使して多彩な製品を巧みに生み出しています。また、研究開発投資に積極的であり、希望する実験を実現しやすいところが開発者として魅力に感じる部分です。
私の目標は、「テーマに対して自分が主体となって解決手段を模索・検討し、市場に出せる製品を開発する」こと。そして、その過程で特許出願などにより、「自分の仕事の成果を形に残す」ことです。「この製品をつくったのはA.Kだ」と会社で語り継がれるような発明を目指して、日々取り組んでいます。
最後に、就職活動は楽ではありません。焦りもあるかと思いますが、「自分のしたいこと」や「将来像」をしっかりと考え、決して妥協せずに最後まで頑張ってください。多様な製品に触れ、主体的に新しいチャレンジがしたいと考えている学生の皆さんは、ぜひ当社へ足を運んでみてくださいね。


トップへ