最終更新日:2021/7/29

信越ポリマー(株)【東証一部上場】

  • 正社員
  • 上場企業

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 化学
  • タイヤ・ゴム製品
  • 半導体・電子・電気機器
  • 自動車・自動車部品
  • 精密機器

基本情報

本社
東京都
PHOTO

世界に通用するモノづくりを実現するチャンスが誰にでもある場所

M.T
2016年入社
工学部 応用化学・生物化学科 【院卒】
開発本部(製品開発|児玉工場)
シリコーンゴム製品の新規開発

「志望動機」と「入社理由」を教えてください

材料加工に興味を持ったことがきっかけです。
学生時代は有機合成や高分子合成を行っており、材料をつくる側、モノづくりにおける上流側に属していました。研究活動を通じて、つくった材料を加工することに興味を持ち始めたため、樹脂加工メーカーを志望するようになりました。さらに、加工で広範囲の製品領域を扱える方が面白いのではないかと考えました。そのため、最終製品ではなく中間材を主に扱うBtoBメーカーを調査し、信越ポリマーを知りました。当社は多くの材料を扱い製品種類も豊富で、幅広い業界を対象に活躍しています。私の興味や希望に合致していたため当社を志望しました。
また、採用面接で質問に丁寧に回答してもらえたことや、社員と話をしていく中で入社後の人間関係を良好に築けるのではないかと思ったことから入社を決意しました。そして、研究開発比率が高く、開発に力を入れていると感じられたことも大きな要因の一つです。


仕事内容を教えてください

シリコーンゴムを用いた新製品開発を担当しています。
私が所属している部門は、「ニーズ」と「シーズ」を両輪とした研究開発や、材料・加工技術の改良と開発を担っています。会社を発展させ、常にお客様に満足いただける製品を生み出すためには、既存製品のみならず、常に新製品・新技術が求められます。
新規製品ということもあり、詳しい業務内容はお話しできませんが、私は入社以来、現在の所属部署で当社の将来を担う業務に携わっています。その中で、自分の選定した材料や構成が製品に反映された時には、特に仕事の楽しさを感じます。また、年齢に関わらず意見を尊重してもらえるため、若手だからといって消極的になることなく、自ら挑戦的に仕事に取り組むことができています。これは当社の長所の一つですね。


大学時代の「研究内容」と「仕事に活かされていること」を教えてください

大学では、「DNAなどで見られる決まった相手とのみ相互作用する特殊な水素結合を利用して、高分子を合成する研究」を行っていました。
これは自ら発案したテーマで、1つの実験に対する実験計画から結論や次の方針までのいわゆるPDCAサイクルのスパンが長いものでした。よって、在籍期間内に検討数を多くこなすことができませんでした。この経験を踏まえて、現在はなるべくシンプルかつ短期間で結果が出るように考えてから行動するよう心掛けています。仕事ではほぼ全てのことに「期限」が設けられています。課題に対して最適解にたどり着けるとは限らず、場合によってはその日の間に結論を出さなければなりません。この点は大学と仕事との大きな差の一つです。
さらに、仕事上求められるのは「誤解がないように論理的に相手に伝える技術」です。全員が自分の培ってきた専門知識に合致したテーマを担当していたり、その道に精通したスペシャリストとは限りません。話の内容が学術的に正しいかよりも、誰が聞いても一つの解釈ができるように、自分の意見を筋道立てて説明する技術が必要。この点は、大学の研究活動で基礎を身に付けることができる能力の一つです。


仕事のモチベーションを教えてください

自分の携わった製品が日本国内だけでなく、海外で販売されることです。
当社の海外売上比率は約50%。単純に考えて、製品の半分以上は海外で売れるということです。当社はBtoCメーカーではないため、皆さんが日常的に目にする製品とは言えないものの、モノづくりを通して世界中の人々の役に立つことができる。そう考えると、より完成度の高い製品に仕上げられるよう知識や技術を習得したり、業界の知見を広げる努力へのモチベーションが高まります。
また、海外拠点からの電話の対応や海外出張を経験し、日本語以外でのコミュニケーションの難しさを感じることは多々あります。しかし、将来、世界規模で活動できるということを身近に感じることができるので、反省と成長を実感できる環境もモチベーションに繋がっています。


学生の皆さんへメッセージ

信越ポリマーはチームの和を大切にする会社。そして、必要な投資を惜しまず、開発を重視する会社です。年齢を問わず挑戦できる環境がありますし、世界に通用するモノづくりを実現するチャンスが誰にでもあります。
現在、私が取り組んでいるのは全くの新規製品。私の目標は、「今開発している製品を量産化に繋げ、開発した製品の魅力を技術者として国内外のお客様に説明できるようになる」こと。それをいち早く実現できるよう、日々取り組んでいます。
会社に入ると学部や専攻の全く異なる同期や先輩後輩と接することになります。それぞれ異なる独自の視点を持っていることから、自分では想像しえない意見を聞くことも多く、非常に興味深く感じます。
この経験から、学生の皆さんは視野を広げて様々な業界や職種に目を向けることをお勧めします。例えその道に進まなくとも、少なからず自分の考え方や業界観に良い影響があるでしょうし、やりたいことが新しく見つかるかもしれません。また、企業との相性判断は実際に人に会うことが一番の近道だと思います。できる限り説明会や面接で様々な社員と交流し、価値観の合った企業を見つけてください。


トップへ