最終更新日:2021/7/29

信越ポリマー(株)【東証一部上場】

  • 正社員
  • 上場企業

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 化学
  • タイヤ・ゴム製品
  • 半導体・電子・電気機器
  • 自動車・自動車部品
  • 精密機器

基本情報

本社
東京都
PHOTO

お客様と信越ポリマー、どちらにとっても「良い製品」を開発する

M.I
2018年入社
工学部 応用化学科 【院卒】
開発本部(製品開発|東京工場)
導電性塗料の開発

「志望動機」と「入社理由」を教えてください

モノづくりを通して多くの人々の役に立つ仕事がしたいと思ったからです。
信越ポリマーは医療や半導体、情報機器分野など、汚染の許されない厳しい分野で活躍できる技術力が強みだと感じました。私もその技術力の一端を担い、社会に貢献したいと思い当社を志望しました。
就職活動では他社からの内々定も複数いただいていましたが、これからの人生が決まると思うと、情報の比較だけではなかなか就職先を決断することができませんでした。そんな中、当社の採用担当者と会う機会があり、話をする中で「当社に来て欲しい」と私に直接伝えてくれました。信越ポリマーには、このように言葉で直接伝えてくれる人としての暖かさがあるのだなと感じ、これが入社を決める決定打になりました。


仕事内容を教えてください

導電性ポリマーを用いた機能性導電塗料SEPLEGYDA(R)を開発しています。
導電性ポリマーと様々な材料を配合することで、導電性とその他の機能を合わせ持った塗料を生み出します。当社のSEPLEGYDA(R)は、表立って目立つことはありませんが、社会に必要とされる無くてはならない製品。様々な分野に使用され、お客様からの要望も多種多様です。
新製品の開発は「実験」、「評価」、「考察」、「実験」・・・の繰り返し。その中で新しい知見を開拓し、自分に蓄えられることに楽しさを感じます。お客様対応においては、それまでに蓄えてきた知識や経験の見せ所。お客様の要望を満たす開発品を素早く提案するために、それらを総動員して取り組みます。そして、お客様の要望を満たせたときに感じられる達成感はひとしおで、大きなやりがいを感じます。
また、開発テーマをいくつか経験する中で感じたことは、物事は必ずどこかで繋がっていて思わぬところにチャンスが隠れている、ということ。そのチャンスを逃さないよう視野を広く持ち、勝ち癖を持った開発者になりたいと思っています。


大学時代の「研究内容」と「仕事に活かされていること」を教えてください

大学では、「新規水溶性ピロール多量体の合成およびその水溶性のコントロール」に関する研究を行っていました。
仕事に活かされているのは、研究室生活で身に付けた「新しいことに挑戦し続ける力」です。当時、手が空いた際に研究テーマとは別に興味を持った反応や未知の化合物の合成実験を行っていました。そのため、研究テーマの枠にとらわれず、多くの成功・失敗を経験しました。失敗した際にはその原因を考察し、諦めずに実験に取り組むことでこの姿勢が身に付きました。
仕事を行ううえでは有機化学から電気化学、材料化学、分析化学など、「化学全般の知識」が必要となり、一つの分野だけでは不十分です。様々な知識を吸収していくうえで、この「新しいことに挑戦し続ける力」が役立っています。さらに、知識を身に付けていくうちに好奇心が湧きあがり、他分野への興味が高まることで、より楽しんで開発業務に取り組めます。
また、「短い時間でも的確に情報を伝える技術」も必要。短い時間で的確に情報を伝達できれば、開発のスピードが上がり、相手の時間も余分に奪いません。そのため、話をする際には短い時間で相手に伝わる言葉を選ぶよう意識しています。


大学時代の「研究」と「仕事」の違いは何でしょうか

解決策を素早く見つけなければならないことです。
大学の研究室では在籍期間を通して研究を行います。結果の良し悪しに関わらず、結果までの過程が重要視されていました。しかし、会社ではその過程はもちろんですが、スピーディーに結果を出すことも求められます。なぜならば、仕事の先には常にお客様がいるからです。
私がお客様対応をする中で、要望を満たすものがなかなかできずに時間がかかり過ぎてしまった経験があります。その際に上司から、「完璧でなくてもいい。しかし、お客様を待たせすぎてはいけない。」とアドバイスを受けました。大学時代の研究と会社における開発との違いを痛感しました。この経験から、お客様の要望の中で特に重要なものは何かを見極め、それを満たした開発品を素早くお客様へ提供することの大切さを学びました。
まだまだ上司や先輩社員から学ぶことばかり。失敗から学び成功体験を積み重ね、大きく成長していきたいです。


学生の皆さんへメッセージ

所属部署の先輩や上司は30~60代と年代が様々。私のような若手社員にもみんな優しく接してくれ、変な気を遣わずに会話できる環境です。さらに、仕事では年齢に関わらず意見を出し合い議論ができるので、自分の視野が広がります。
また、当社はワークライフバランスを取りやすい会社。所属部署では決められた開発スケジュールの中で実験計画が自己の判断に任されているため、計画性を持って取り組めば公私のバランスが取りやすい環境です。
私の目標は、「自分の開発品を製品として世の中に送り出し、会社の売上に貢献する」こと。それを学生時代から抱いていた、多くの人々の役に立つことへ繋げたいです。この目標を叶えるために、目の前の目標を着実にクリアし、技術力を磨いていきます。
就職活動はこれからの人生を考える時期。まずは自分自身を理解し、自分はどんな人間なのか、自分にできることは何か、自分がしたいことは何か、今後の人生をどうしたいかを考えてください。そして、それを実現できる会社はどこか。たくさん悩み、その先に自分で導き出した答えは確固たるものになるでしょう。悔いのない納得した就職活動になることを願っています。


トップへ