最終更新日:2021/5/10

信越ポリマー(株)【東証一部上場】

  • 正社員
  • 上場企業

業種

  • 化学
  • タイヤ・ゴム製品
  • 半導体・電子・電気機器
  • 自動車・自動車部品
  • 精密機器

基本情報

本社
東京都
PHOTO

当社を魅力的な会社へと導き、その魅力を広めるスケールの大きさ

M.K
2015年入社
総合政策学部 国際政策文化学科 【学部卒】
社長室(事務管理|本社)
IR

「志望動機」と「入社理由」を教えてください

信越ポリマーの高い技術力に魅力を感じたからです。
私は、「社会の当たり前に変化を与えられるか」という軸を持ち、メーカーを第一希望に就職活動を行っていました。当社は幅広い分野で製品を展開しています。これは高い技術力がある証であり、信越ポリマーであれば自分の軸が叶えられるのではないかと考えました。また、会社説明会で先輩社員から「若手から仕事を任せてもらえる環境である」と聞き、自分の描くキャリアプランと合致していたことも理由の一つです。
就職活動ではつい自分を良く見せたいと思いがちです。しかし、当社はありのままの自分で採用面接に臨むことができました。面接官が学生である私の拙い話を丁寧に聞き、受け止めてくれているように感じました。採用面接を通して、信越ポリマーで働きたいという気持ちが強まり、入社を決意しました。


仕事内容を教えてください

IR(investor relations)担当として、株主や投資家向けの広報活動を行っています。入社後、自動車のスイッチなどに用いられる製品の営業を担当し、本社から名古屋支店への転勤を経て、現在の仕事に就いています。
IRの仕事のミッションは、経営に関する情報開示と双方向のコミュニケーションを通じて、企業価値向上を導くこと。営業職に就いていた頃は担当製品やその市場に関する深い知識が求められましたが、IR担当はそれだけでなく、資本市場や会社全体など幅広い知識の習得が必要です。また、株主や投資家に対しては迅速かつ正確な情報発信が必須となります。そのため、日々の業務にも緊張感が伴いますが、入社以来仕事をするうえで大切にしている「誠実さ」は、IR業務を行ううえでも重要だと感じていますね。
IR担当になってまだ日は浅いですが、会社を背負って立つ仕事のスケールの大きさにやりがいを感じています。これまではベテラン社員が担当してきた仕事なだけに苦労することも多いですが、気付きやアイディアはどんどん発信し、より良いIR活動に繋がるように努めています。


印象的なエピソードを教えてください

IR担当として初めてアニュアルレビューを作成した経験です。アニュアルレビューとは、株主や投資家向けに1年間の経営成績や財務状況などを一冊にまとめたレポートです。
創立60周年という節目に、「信越ポリマーの過去・現在・未来」をテーマに、新たな特集記事の作成にも挑戦しました。どうすれば当社の魅力が伝わるのかを徹底的に考え、経営層や関係部署の意見も取り入れながら作成を進め、約半年かけて完成した時には大きな達成感を得ました。読んでいただいた方からも、「今までになく画期的」「分かりやすく良くまとまっている」との評価を得ることができ、当社への理解を深めていただけたのではないか、と感じています。
IRの仕事に携わるようになり、「自分一人で完結できる仕事はないこと」を一層強く感じています。会社全体に関わる仕事が多いため関係部署は多岐にわたり、また、社内だけではなく社外との連携も不可欠です。たくさんの人の協力を得ながら取り組むからこそ、大変さを感じるとともに、良いIR活動に繋がった時の達成感もひとしおに感じられます。


今後の目標を教えてください

現在の目標は3つあります。
1つ目は「仕事の対応力を磨く」こと。営業で培った経験を活かすとともに、ハードルの高い仕事にも挑戦することで自らの糧とし、IR担当としてのスキルを向上させていきます。
2つ目は「当社をさらに魅力的な会社にし、その魅力を広める」こと。当社は世間や株主・投資家からの認知度や評価がまだ低いと感じています。企業理念でもある”暮らしや社会と産業に貢献する”会社としてその価値を高めていけるよう、日々努力しています。
最後に「女性がさらに活躍できる職場づくりをする」こと。当社の考え方や体制も世の中の変化に対応しつつありますが、まだ全てに追いついたわけではないと感じています。働き方の多様性が求められる今、みんなで助け合いながら仕事ができる体制・関係づくりに貢献できるよう、自分の気付きや意見を積極的に発信していきたいと考えています。


学生の皆さんへメッセージ

信越ポリマーはオープンでフラットな雰囲気を持つ会社。上司や先輩と日頃のコミュニケーションが密で相談しやすい環境です。また、若手でも「こうしたい」と言えば、その挑戦を応援しくれます。そして、同じチームでなくても困っている人がいたら手を差し伸べてくれる、世話焼きな人が多いことがいいところ。
人生で一度の新卒での就職活動。まずは業界や規模にこだわらず多くの企業に興味を持ち、「学生」という立場を利用して情報収集してみてください。そして、会社説明会や採用面接、内定後の会社の対応から意識的に社風を読み取ることが、入社後に気持ちよく働くことができる会社との出会いに繋がると思います。
メーカーの仕事は人々の生活に直接繋がることのできる非常にやりがいのある仕事です。当社は性別や年齢に関わらず、グローバルに活躍できるチャンスがあります。入社前に業界や理系の知識がなくても心配ありません。バイタリティ溢れるあなたにお会いできることを楽しみにしています!


トップへ