最終更新日:2021/5/14

(株)グレープストーン(東京ばな奈・シュガーバターの木・ねんりん家)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 食品
  • 専門店(食品・日用品)
  • 外食・レストラン
  • 商社(食品・農林・水産)

基本情報

本社
東京都
PHOTO

品質保証は会社全体に関わる特権がある部署

E.T
2012年新卒入社
筑波大学大学院
生命環境科学研究科 生物資源科学専攻
浦和工場 品質保証部 セクションリーダー

入社動機

就活をしている時、食品に関わる仕事をしたいと思って就職先を探していました。
ざっくりした考えしかもっていなかったので、逆に自分のやりたい仕事は何か探しながら就活をしているかんじでした。
いろんな食品関係の仕事がありましたが、当社を受けたきっかけは、お菓子を食べることが好きだったからです。私の就活時期はちょうど東日本大震災があってなかなかスケジュールが予定通りにいかない状態でした。そんな中で当社の会社説明会を受けて、社長の社会への考えに感銘を受けました。それから自分も知っているお菓子をあれもこれもたくさん作っていることを知って、自分もこの会社の製品作りに関わりたいと思い、就職先として選びました。


仕事内容

品質保証部は製品に関係することにはほとんど関わって仕事をしているので、多くの部署と連携して仕事をしています。仕事の内容が多すぎて説明が難しいので、よく『「検食」と「お客様対応」をしている部署』、と言われてしまいます 笑
もちろん、製品の検食は毎日複数回行っていますし、お客様対応も接客クレーム・品質事故も含めて、基本的に品質保証部が対応しています。
しかしそれだけではなく、各製品製造工場の現場確認や、初回生産の立会いを行い、事故が起こらないよう作業内容の確認を実施しています。工場所在地によっては、飛行機を利用した遠方出張もあります。
他にも、製品表示の作成も品質保証部が担当しています。
店舗とも、店頭にてお客様から品質に関する質問があった場合に回答したりしています。


思い出に残るエピソード

初めて新しい製品の立ち上げに関わった時です。
製品を作っているのもお取引先の工場で自社工場ではないので、先方のご都合も考慮して相談し、安全にお菓子を作る為の一連の流れを考えたり、仕組みを作り上げたりしました。
出来上がったものを先輩にみてもらうと、あれが足りないこれはどうなっていると全然内容として不足していて、当日までとても慌ただしかったです。実際に製品を作り始めても、やってみて初めてわかる不具合もいくつかでてきて、それを改善したりすることも大変でした。初回生産が終わったら終わりではなく、製品を作っている以上、継続して事故が起こらないように現場を改善していかなければいけません。初回生産の立会いを行った製品がお客様のお手元に届いて、美味しいと言ってもらえるととても嬉しいです。


こんな人と一緒に働きたい!

今は発生していないけれど、そんなトラブルも発生するのか!ということがよくあります。
そういったことを事前に予防する為に、予定が立ちあがった時点で、あらゆる可能性を考える力が求められます。考える為には、いろんな情報に対して、「どうして?」と思える、「気付ける力」が、当社の品質保証部として働くには必要なのではないかと考えています。どうしてどうしてと考えて、調べてみてわからなければいろんな人に聞いてみて、予定通りに動いたとしたらどんなトラブルが発生するかもしれないか、それを防止するには事前にどんな対策をとったらいいのか、多くの部署から相談を受けたり相談をしたりして解決につなげていきます。
他には、品質保証部はとにかく仕事の内容が多岐に渡って複雑なので、臨機応変に考えて対応できるといいと思います。


学生へ就職活動アドバイス

実際私が就活していたときは、食品関係の仕事をしたいと思いつつ、品質保証という名前があることから、化粧品や文房具の企業も受けました。就活をしながら、香料を作る会社があること、コーヒーやチョコレート原料そのままに関係がある仕事も、世の中にはあるということを知りました。他の企業の様々な種類の仕事内容を見学できる機会はなかなかないので、就活を活用してどんな仕事が世の中にはあるのか勉強したらいいと思います。同じ名前の部署でも、会社によって仕事内容が全然違ったり、世の中にはそんな仕事もあるのか。と、いままで自分が知らなかった仕事と出会えたりするかもしれないです。


トップへ