最終更新日:2021/6/15

長野日本無線(株)

  • 正社員

業種

  • 半導体・電子・電気機器
  • コンピュータ・通信機器

基本情報

本社
長野県
PHOTO

先輩社員

S.J
信州大学
無線システム技術部
交通系の無線システム装置の基板設計開発

現在の仕事内容

交通系の無線システムの開発を担当しています。1枚1枚の基板設計はもちろん、何枚もの基板の機能が統合して完成する装置の最終形まで担当しています。また、設計だけでなく、学生時代には使うことがなかった様々な測定器を使って評価試験も行います。そのとき設計時に検討した機能が自分の思った通りに動作すると、喜びと面白さを感じます。そして、1つのプロジェクトは機構、ソフトウェア、製造、検査など様々な担当者と協力して進めます。その取り纏め役となるのも私たち電気技術者の仕事なのですが、全て敷地内にいる方々なので相談や質問によく行って、試行錯誤を重ねています。電車は多くの人が利用し、日本中を駆け巡る身近な乗り物です。大勢の人の役に立てるのでやりがいや責任感を感じられて、自分の技術力の成長にも繋がります。


今の仕事のやりがい

入社3年目の頃、設計から最終形まで担当した無線システムの通信装置が無事出荷されたことです。そのとき自分でプログラムしたFPGAが初めて搭載されました。装置の正常動作やイレギュラー動作などあらゆる状態遷移を整理していくと、評価項目は1500項目以上になりました。タイミングによっては何回に1回NGになるという厄介なケースもあり、原因調査と解決に苦労した場面もありました。しかし、チームで協力して問題点を解決し、無事出荷したときは達成感で満たされて嬉しかったです。また、チームで協力する中で学んだことは、コミュニケーションの重要さです。私は伝えている気でいても、勘違いをさせてしまうことがあると思います。1回で全て伝えることは難しいので、何度もコミュニケーションを取ることを心掛けたいと思いました。


この会社に決めた理由

私は出身も大学も長野県内なので、長野県で社会に貢献できる電気機器メーカーを中心に就職活動を行いました。また、一部のみではなく、完成品を設計できる会社に勤めたいと思っていました。理由としては、電気だけでなく、機械、ソフトウェアなど、あらゆる知識を必要とするので、自分の技術の幅を広げられると思ったからです。そんな自分にぴったりだったのが長野日本無線でした。また、説明会の際に明るい挨拶を交わしてくれる社員がいたので、雰囲気の良い会社だと思い、働きやすさを感じたのも決め手でした。当社では、大学で習った内容をそのまま生かすことができ、分からないことも上司が丁寧に教えてくれるので安心して働けます。また、年の近い上司が第一線で活躍しているので、ちょっとした質問から根の深い質問まで聞けて頼りやすいです。


就活アドバイス

就職活動は、様々な企業を訪問できるいい機会です。その際に重要なことは3つです。熱意と元気、そして相手を見て話をよく聞くことです。緊張すると思いますが、相手の話をしっかり聞いて、一呼吸おいてから、声のトーンを上げて(聞き取りすいため)表情豊かに(印象を良くするため)自分の思いや、やりたいことを伝えてみてください。長い学生生活で培ってきたことは必ず企業で役立ちます。自分の強みに自信を持って就職活動に取り組んでください。応援しています。


トップへ