最終更新日:2021/8/4

大末建設(株)【東証一部上場】

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

業種

  • 建設
  • 建築設計
  • 不動産
  • 建設コンサルタント
  • 住宅(リフォーム)

基本情報

本社
東京都、大阪府
PHOTO

建築施工に関しての知識、技術、人間性を高める場

池上 拓三
2014年入社
関西大学
環境都市工学部建築学科
東京本店工事部作業所
施工管理(現場監督)

現在の仕事内容

現場監督として、基本的には朝礼にて本日の作業内容・搬入車両確認する。昼には、昼礼を行い翌日の作業内容確認、作業人員、搬入車両確認する。
主担当は鉄筋工事に携わっていいるため、梁・柱・床配筋の管理を行い写真に収め、書類整理を行う。職人さんへの段取りとして、コンクリート型枠上に墨(印)を出し配筋の位置を出すとともにしっかりと配筋ができているかの確認を行う。ということを今やっています。


大末建設に入社してよかったことや仕事のやりがい

働く場として大末建設は、職人さんと共に考え、高めあって作り上げていくところが良いところだと考えます。
自分の考えを通すのも大切ですが、人それぞれに考えを持っているので職人さんと腹を割って話し合いを行い、建て方を考えていくところだったり、職人さんから道具の使い方、施工方法等を教えてもらいながら良い建物作り上げていく、そういうところに仕事のやりがいも感じます。


今まで関わった仕事の中で一番印象に残っていること

二年目でまだ一年しかこの仕事に携わっていないですが、やはり建物の出来上っていく姿を見るのが一番印象的でした。
自分が出した墨(印)を基準に職人さんが施工し、コンクリート打設を行い立上った時のうれしさ、出来上がった時の外観を見た時の感動は印象に残っています。
建物がどのように建てられていくのか、どのように仕上げられていくのかを知った時も同様に感動的でした。


学生へ向けて一言

施工管理という仕事は、施主さん・設計事務所の先生・職人さん・住居購入のお客さんなど、あらゆる方々と接して、色々な要望を聞いたり、それを答えたりする事も多い仕事ですが、その分その方々に喜んでいただけると、私自身も喜びをもらえる仕事です。ぜひ、大末建設でこの仕事を一緒にしましょう。


トップへ