最終更新日:2021/2/22

旭洋造船(株)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 輸送用機器

基本情報

本社
山口県

仕事紹介記事

PHOTO
巨大な船を造る中でも、大西さんたちが受け持っているのは船の心臓部分。進水前も後も100分の1ミリ単位で芯を扱うなど、高度な技術が必要とされる特殊な部門でもある。
PHOTO
速力やスタビリティ(復元性)を意識することが初期計画の鍵になると日浅さん。貨物の積載量に影響してくるため、計算や実験をしながら結果をクリアしていくことが重要だ。

仕事データ

募集職種・分野 総合職
 技術系(設計、製造)
 事務系(営業、調達、総務)
仕事内容 ■総合職 技術系 
設計:建造する船舶の計画・設計
   ゼロの状態から船型を開発し船が造り上げられるよう図面を作成する
   部署です。
   受注前の段階では船型開発と見積もりを作成し、受注後は建造仕様書
   や一般配置図と呼ばれる図面を基に詳細な図面を作成する他、建造に
   必要な材料や部品の種類や数を割り出していきます。
   基本、船体、配管、機械、電気、生産など係に分かれて担当します。
   
製造:船舶の建造中における製造管理
   船を実際に造っていく部署です。
   図面に基づき、工場に搬入された材料を使い、職人さんの手を借りて
   船を建造していきます。
   仕事は、お客様が求める品質で安全に効率よく船を造っていく為の
   管理をしていきます。
   船体を造る係、船体に着く部品を取り付ける係、エンジンルームの中
   の装置を取り付ける係、電気工事を担当する係、など専門に分かれて
   仕事をしていきます。


■総合職 事務系
営業:建造/修理工事の受注活動
   船の建造工事や修繕工事の受注活動を行います。
   国内のお客様(船主・商社)への訪問だけでなく、案件の照会があれば
   世界中どこへでも訪問して受注活動を行います。
   グローバルなフィールドで活躍できる部署です。

調達:資機材の購買活動
   船の建造や修理に必要な資機材の購買を行う部署です。
   如何に高品質のものを安く購入するか、また、購入が決定した資機材が
   納期通りに納入されるか等の活動をしています。
   海外調達の比重の高まりに伴い、これからは海外取引が多くなります。

総務:総務、経理
   他の部署が取り扱わないが、会社にとって大切な業務を司る部署です。
   給与計算や金銭出納のような一般事務が主な仕事と見受けられますが、
   社内のルール作り、広報、決算と納税、などの他、数値に基づく経営
   層への提言なども行う部署です。

募集要項・採用フロー

エントリー方法・採用フロー
  1. 会社説明会

    対面/WEBにて実施

  2. 面接(個別)

    1回実施予定

  3. 内々定

内々定までの所要日数 1カ月半程度
応募書類を受け取ってから最終面接での採用決定までは約1カ月以内です。
選考方法 筆記試験、適性検査、面接
選考の特徴
  • 選考でエントリーシートなし
  • 選考でグループワーク・グループディスカッションなし

提出書類 履歴書(写真貼付)、卒業見込証明書、成績証明書
募集対象
  • 理系大学院生
  • 理系学部生
  • 文系学部生
  • 高専生

募集人数 1~5名
募集学部・学科
  • 全学部・全学科

総合職
 技術系(理系学部学科)
 事務系(全学部全学科)

募集内訳 技術系 2~3名
事務系 1~2名
募集の特徴
  • 総合職採用あり
  • 海外留学経験のある学生を積極採用
  • エリア限定勤務(エリア限定職採用)あり

採用後の待遇

基本給 総合職
 院修了 : 220,000円
 専攻卒 : 210,000円
 大学卒 : 200,000円
 高専卒 : 180,000円
※いずれも2019年4月入社の新卒社員に適応。

試用期間は3カ月 待遇に変更はございません。
  • 試用期間あり
  • 固定残業制度なし
モデル月収例 《 時間外勤務(普通残業)が20時間あった場合の月収例 》
院修了 : 約 260,400円
      基本給 220,000円 住宅手当 4,700円 残業手当 約 35,700円
専攻卒 : 約 248,800円
      基本給 210,000円 住宅手当 4,700円 残業手当 約 34,100円
大学卒 : 約 237,200円
      基本給 200,000円 住宅手当 4,700円 残業手当 約 32,500円
高専卒 : 約 214,100円 
      基本給 180,000円 住宅手当 4,700円 残業手当 約 29,400円
※住宅手当は、単身者の月額を示しています。
※その他に通勤手当として規定に従い支給される。
※固定残業代制度ではありません。
諸手当 住宅手当、家族手当、役付手当、時間外手当(残業・早出・休日出勤等)、通勤手当
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(7月、12月)
休日休暇 休日
 週休2日(土日祝休み 但し、年に数回祭日がある週に土曜日の出勤あり)
 年間休日120日(当社カレンダーによる)
年次有給休暇(4月入社の場合)
 入社時5日付与し、半年後5日を追加。
 その後は当社規程により、年次に応じて最大21日まで付与
待遇・福利厚生・社内制度

各種社会保険
住宅支援として、独身寮または手当て等の補助あり。
(入居及び手当支給については、当社規定による)

  • 年間休日120日以上
  • 福利厚生が充実
  • 教育・研修制度が充実
  • 資格取得支援制度あり
  • 産休・育児休暇取得実績あり
  • 完全週休2日制
  • 社宅・家賃補助制度あり
就業場所における受動喫煙防止の取組 敷地内禁煙あり
屋内禁煙あり

屋外喫煙可(20歳以上:喫煙スペースでの業務が必要なため)

勤務地 山口県下関市
勤務時間 8:00~17:00(休憩:60分)
教育制度 新入社員研修(コミュニケーション、ビジネスマナー、工場実習)、リーダーシップ/マネージメント研修、ビジネススキル、英会話、専門領域教育等
研修制度 制度あり
■入社時
1.社内研修
入社約1カ月間は、船造りに関わる職場をすべて回り、その職場の先輩社員より、果たす役割や仕事内容等を座学と現場見学で学ぶ他、それぞれの職場でのエピソードを紹介されて人間らしい一面も知る。
2.外部研修
(1)新入社員研修
外部研修機関を利用して、社外にて2泊3日の日程で新入社員研修に参加を予定。ビジネスマナーや心構え等、社会人一歩を踏み出す為に必要な項目を学ぶ。
(2)舶用海洋工学研修
理系大卒の初任技術者を対象とした研修。 約15日間、県外の研修会場に泊まり込み、舶用海洋工学の基礎知識を学ぶ。

■若手技術社員
配属3年目以降の社員を対象に、下記2つのプログラムを用意している。 すべて、若しくは社員のレベルや必要性に応じて選択し受講。 造船技術の理論を学び日々の実践に活かせるようにする。
(1)造船技術者社会人教育(通信教育 スクーリングあり)
カリキュラムが10コースあり、そのうち1コースを選び、約1年かけて学ぶ。
(2)造船技術講座(通信教育 スクーリングあり)
7科目9教科の造船に関する科目を、約1年かけて網羅的に学ぶ。


■中堅社員
技術系社員は、次の学会・業界団体が主催するセミナーや会に参加し、最新の技術や動向を学ぶ。
(1)西部造船会技術研究会
(2)日本マインエンジニアリング学会
(3)中小型造船工業会主催の各技術部会

■その他
仕事に直結した資格の取得の為に、様々な研修を受講させ取得の支援を行っている他、中堅社員に対しては外部研修機関を利用して若手社員の育成方法を学ぶ研修を受講させている。
自己啓発支援制度 制度なし
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
横浜国立大学、山口大学、九州工業大学、九州大学、佐賀大学、鹿児島大学
<大学>
桜美林大学、津田塾大学、近畿大学、広島大学、山口大学、水産大学校、下関市立大学、梅光学院大学、北九州市立大学、長崎大学、宮崎大学
<短大・高専・専門学校>
宇部工業高等専門学校、鹿児島工業高等専門学校

上記の大学院、大学、高専は、過去10年間の新卒採用実績校です。
それ以外、当社に在籍する社員の出身校は以下の通り。
東京大学、神戸大学、下関市立大学、山口東京理科大学、青山学院大学、亜細亜大学、慶應義塾大学、名城大学、関西大学、徳島文理大学、大島商船高等専門学校、福岡大学、久留米工業大学、長崎総合科学大学

採用実績(人数)      2018年 2019年 2020年
-------------------------------------------------------
修士了    ー     ー    1名
専攻科卒  1名    ー     ー
大学卒    ー     ー    4名
採用実績(学部・学科) 工学府システム統合工学専攻、理工学研究科機械工学専攻、理工学研究科感性デザイン工学専攻、工学府先端機能システム専攻、工学府海洋システム工学専攻、工学系研究科循環物質化学専攻、理工学研究科ナノ構造先端材料工学専攻、専攻科舶用機関課程、経済学部・経済学科、学芸学部・英文学科、工学部・システム工学科、海洋機械工学科、工学部・感性デザイン工学科、人文学部・人文社会学科、工学部・第4類、工学部・構造工学科、海洋生産管理学科、工学部・物資環境化学科、外国語学部・英米学科
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2020年 5
    2019年 0
    2018年 1
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2020年 0
    2019年 0
    2018年 1
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(男性 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2020年 0 5 5
    2019年 0 0 0
    2018年 0 1 1

問い合わせ先

問合せ先 旭洋造船(株)
総務部 採用担当
〒752-0953
山口県下関市長府港町8番7号
TEL:083-246-2501
URL http://www.kyokuyoshipyard.com/index.html
E-MAIL saiyo@kyokuyoshipyard.com
交通機関 JR長府駅から徒歩28分(2.3km)
旭洋造船(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ