最終更新日:2021/3/1

一般財団法人東北電気保安協会

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • サービス(その他)

基本情報

本社
宮城県
PHOTO

当たり前を支える

市川 伸彦
2018年
31歳
富山高等専門学校 
専攻科 海事システム工学専攻
仙台東事業所 保安グループ
自家用電気工作物の保守(ビル、工場、学校等の電気設備保守)

職場の雰囲気はどんな感じですか?

 担当者は現場やお客さま対応等で忙しくしていますが、困っている人がいれば放っておかず助けてくれる人が多いです。また、現場や事務処理で分からないことがあれば、頼れば経験豊富な先輩方が丁寧に教えてくれます。現場ではきっちり、それ以外は和気あいあいとメリハリのある職場です。上司の方も親身に相談に乗ってくれるので、ホウレンソウが浸透しており、風通しも良いです。


この仕事をしていて嬉しかったエピソードは何ですか?

 事故対応でお客さまに感謝の御言葉をいただいたときです。
 台風の影響で浸水被害に遭われたお客さま事業所へ出動した時のことです。浸水により、工作機械を動かすためのモーターが水没し、絶縁不良で使用できない状態となっていました。当初、専門業者に依頼をするようお願いしておりましたが、メーカー技術者の手配がつかず、その間使用を休止せざるを得ない状況となっていました。しかし、メーカー修理までの間、工作機械をどうしても仮稼働したいとの要望があったため、考えた末に絶縁不良のモーターを分解し、水分を除去することにしました。学生時代に実習でモーターの分解・整備を行ったことを思い出しながら慎重に作業を進め、ケーシングや巻線等の水分を丁寧に除去・乾燥させ、20分程で絶縁不良も解消したことから、仮稼働させることとしました。
 作業後、お客さまから「機械が稼働できて助かりました」との感謝の御言葉をいただいた時にはこの仕事をやっていて良かったと思います。また、自分のこれまでの経験や知識が現場で活かされたことで、今後の業務への自信とモチベーションにもつながります。


仕事のやりがいは何ですか?

 今や”電気は使えて当たり前”ですが、その”当たり前を支える”ことがやりがいであり、私たちの使命だと思っています。どちらかというと裏方で陽の当たらない仕事かもしれませんが、電気安全と省エネルギーのプロフェッショナルとして、誇りをもって業務にあたっています。


トップへ