最終更新日:2021/4/13

クラカグループ【倉敷青果荷受組合・クラカアグリ(株)・クラカコーポレーション(株)・クラカフレッシュ(株)】[グループ募集]

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 商社(食品・農林・水産)
  • 農林・水産
  • 食品

基本情報

本社
岡山県
資本金
6,700万円(グループ全体)
売上高
グループ全体:178.2億円 【2020(令和2)年8月】
従業員
355名(正社員120名+パート189名+外国人実習生46名) ■2020年9月現在
募集人数
11~15名

「岡山から全国へ!農業生産、青果物・カット野菜の加工・流通で地域を、日本を支えている専門商社です!」

☆次回の会社説明会は未定となっております☆ (2021/04/13更新)

PHOTO

当社ページをご覧いただき、ありがとうございます!
次回の会社説明会は未定となっております
開催が決まりましたらマイナビ2022で公開いたします

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
「スタッフが増え、経験者も初心者も頑張っています。みんな仲が良く、休憩時間にはいろいろ教え合ったり、難しかったことを伝えたりしています」と土井さん。
PHOTO
全国から仕入れた新鮮な青果物、カット野菜やカップサラダなどの商品を地域に流通。家庭の食卓はもとより、外食や中食など幅広い業界を支えています。

野菜を育てる、それを加工する。それぞれの分野で若い女性社員が活躍しています。

PHOTO

「ケガをしないように安全指導を徹底。外国人のスタッフが多いので言葉だけでなく、実際にやってみせるなど分かりやすく伝えるように努めています」と臼井さん。

●コミュニケーションを大切に、情報の共有化を図る。
合同会社説明会で当社の説明を聞き、明るくフレンドリーな雰囲気に惹かれて入社。以来、カット野菜部に所属し、現在は商品の製造管理とスタッフ管理を担当しています。製造には多くの機械を使用するため、どうしてもトラブルが起こります。設備スタッフが不在の時もあり、臨機応変な対応が求められます。以前、朝早く機械が止まった時、社員が自分一人だったので独力で解決しました。それを上司にほめられたことがうれしく、今でも印象に残っています。機械に何の問題もなく1日の出荷が無事に終わるとよかったなと思います。一方で出荷に合わせて包装工程の時間が決まっているため、野菜の下処理とカットの工程の調整に苦労します。何から進めたらいいか、工程間でのコミュニケーションが欠かせません。また、出勤時間が異なるスタッフに早く状況を把握して仕事に取りかかってもらうには、スタッフ間のコミュニケーションが重要で、情報の共有化を図っています。自身のスキルアップに努め、上司の仕事を自分でできるようになりたいですね。
【臼井 佳那/カット野菜部製造課/2017年入社】


●スキルと知識を高めて、より良質の野菜作りを目指す。
農業大学校を出て入社し、カット野菜部に所属。入社年の9月にクラカアグリ(株)に異動しました。総社市や倉敷市などに農地を借りて野菜を栽培し、主に組合のカット野菜部に出荷しています。上司が立てた生産計画に沿って育苗ハウスで苗を育て、機械で作地に植え付けます。その後、施肥や水やり、病害虫対策などの作業を行います。現在はキャベツと青ネギ、スイートコーンを栽培。手間をかけて大切に育てた野菜を収穫する時が一番の喜びです。一方で少雨や猛暑など天候の影響を直接受けるので大変です。グループ内で試験販売したスイートコーンを「美味しかった」と言ってもらえたり、キャベツを納品した時「しっかりしたのができたな」と言われるとやりがいを感じます。作地が増えて離れた場所で作業することが多くなり、状況を確認して作業の進行を合わせるように心がけています。農機を使った作地づくりが上手くできるように、また、スイートコーンの害虫対策や収穫適期が分かるようになり、より良質なものを育てて出荷できるようになりたいですね。
【土井 友莉菜/アグリ生産部/2017年入社】

会社データ

プロフィール

当社は倉敷の地で創業し、80年を超えて地域の皆さまに愛され、中国・四国地域の「食」を支えて参りました。
Never Give Upを企業理念に、常に「食」の新たな可能性を追求し、前進しているグループです。
農業生産、野菜の加工、青果物の流通、そして、レストラン経営を通じて岡山から全国の「食」を支えます!

前向きでチャレンジ精神旺盛な社員をバックアップします!
あなたの夢を「クラカグループ」で実現してみませんか!


事業内容
《私たちの役割》
~日本の食卓を支えるサポーター~
■食品の中でも、野菜・果実に特化したプロ集団が青果物の流通を行います
■全国の産地とお得意様(スーパー・コンビニ・ドラッグストア・弁当・惣菜製造業者・外食産業等)を繋ぐ仲介役
■スーパー、外食産業、弁当・惣菜製造業界等で手間のかかる野菜の下処理はお任せ!ご要望に応じて野菜を加工(カット、袋詰めなど)して提供します
■露地野菜の栽培、遊休農地の解消、産地づくりの支援、就農者の育成などを通じて岡山の農業を元気にする
■レストラン経営

当社のお客様(得意先)は「企業(法人)」です。スーパー、コンビニ、ドラッグストアなどの小売業者のほか、外食チェーン、弁当・惣菜製造業者等の会社、そのバイヤー(仕入れ担当者)や商品企画担当者などが商談相手となります。中四国だけでなく、全国展開をしている大規模な企業に商品を提供することもあれば、地元に密着した小規模なスーパーや学校給食、個人商店や飲食店にも細やかな対応をしています。青果物流通のプロとして、産地と得意先(企業)を結び付ける、大切な役割を担っています。

本社郵便番号 710-0833
本社所在地 倉敷市西中新田525-21
本社電話番号 086-425-1110
創業 1932年
会社設立 昭和21(1946)年
資本金 6,700万円(グループ全体)
従業員 355名(正社員120名+パート189名+外国人実習生46名)
■2020年9月現在
売上高 グループ全体:178.2億円
【2020(令和2)年8月】
募集会社 倉敷青果荷受組合
クラカコーポレーション(株)
クラカアグリ(株)
クラカフレッシュ(株)
倉敷青果荷受組合 ■設立  :1946(昭和21)年
■資本金 :2,700万円
■売上高 :123.5億円(2019年12月実績)
■従業員 :261名(社員99名+パート133名+実習生29名)
■事業内容:青果物の卸売、カット野菜製造販売
■理事長 :冨本 尚作
■所在地 :岡山県倉敷市西中新田525-21
クラカコーポレーション ■設立  :1932(昭和7)年
■資本金 :1,000万円
■売上高 :41.7億円(2020年8月実績)
■従業員 :42名(社員12名+パート30名)
■事業内容:カット野菜製造販売、レストラン経営、不動産管理
■理事長 :吉田 修作
■所在地 :岡山県倉敷市西中新田525-21
クラカアグリ(株) ■設立  :2016(平成28)年
■資本金 :2,000万円
■売上高 :7,400万円(2020年3月実績))
■従業員 :11名(社員6名+パート2名+実習生3名)
■事業内容:露地野菜の栽培、就農者の育成、産地づくりの支援
■理事長 :冨本 尚作
■所在地 :岡山県倉敷市西中新田525-21
クラカフレッシュ(株) ■設立  :1982(昭和57)年
■資本金 :1,000万円
■売上高 :12.3億円(2020年6月実績)
■従業員 :41名(社員3名+パート24名+実習生14名)
■事業内容:食料品の製造・販売
■理事長 :冨本 尚作
■所在地 :岡山県倉敷市西中新田525-3
受賞履歴 <平成21年>
●第2回 国産野菜の生産・利用拡大優良事業者 表彰 「農林水産大臣賞」を受賞
●卸売市場業界日本初、食品安全マネジメントシステムの国際規格ISO22000を認証取得

<平成22年>
●おかやまIT経営力大賞を受賞
(カット野菜の受注システムの構築が評価されました)

<平成23年>
●第4回 国産野菜の生産・利用拡大優良事業者表彰 「農林水産大臣賞」受賞
●第19回 中国地域ニュービジネス優秀賞を受賞
(品質をキーワードにしたカット野菜の製造・販売システムの構築が評価されました。)

<平成25年>
●おかやまIT経営力大賞にて優秀賞を受賞
(受注から製造、納品までの一貫したシステムを構築したことが評価されました。)

<平成29年>
●経済産業省の「攻めのIT経営中小企業百選」に選定
(攻めの分野でITの利活用にに励んだ企業として評価されました)

<令和元年>
●おかやまIT経営力大賞において、地域貢献賞を受賞
(クラウドシステムを活用し、離れた農地の管理や情報の共有化を効率的に行っていることが評価されました)
沿革
  • 1932年 
    • クラカグループの原点となる「吉田商店(のちの吉田商事)」創業
  • 1946年
    • 青果物の卸売会社として「倉敷青果荷受組合」設立
  • 1982年
    • 地域密着型の提案・販売を行う、クラカフルーツ(株)とクラカフレッシュ(株)設立
  • 1989年
    • 「吉田商事」をクラカコーポレーション(株)社へ社名変更
  • 1998年
    • 新たなビジネスの可能性を求め、カット野菜工場完成
  • 2009年
    • 青果卸売市場業界初の「ISO22000(食品安全マネジメントシステム)」を認証取得。以後、現在に至るまで更新中
  • 2010年
    • 開放的なオフィスと大会議室を備えたクラカグループの新社屋完成
  • 2012年
    • ■手作りピザと美味しいコーヒーやスイーツを提供する「ピザカフェ」30周年記念 リニューアル&移転
      ■地元産の玉葱、トマトを使用したオリジナル商品、「ぼっけぇうまいドレッシング」シリーズの製造・販売開始
  • 2013年
    • ■遊休スペースを活用し、本社屋屋上と市場大屋根に太陽光発電パネルを設置。
      ■より効率的に事業を展開するため、クラカフルーツ(株)とクラカフレッシュ(株)を統合
  • 2014年
    • ■初めての試みとして、岡山県産のピオーネとシャインマスカットを海外輸出
      ■「ぼっけぇうまいドレッシング」シリーズに岡山県産のねぎ、しょうが、にんじんを使用した新ラインナップ(3アイテム)追加
  • 2015年
    • 岡山県産野菜の生産拡大を目指し、岡山県産野菜生産・利用拡大協議会設立
  • 2016年
    • ■集荷した野菜の低温貯蔵・加工を目的とした集出荷貯蔵施設の新築工事開始(2017年2月完成)
      ■農業の6次産業化を目指し、農業生産法人「クラカアグリ(株)」設立
  • 2017年
    • ■総社市清音にある自社グループの農地でキャベツと青ネギの栽培を開始する
      ■「ぼっけぇうまいドレッシング」シリーズに今話題の岡山県産の青パパイヤを使用したドレッシング新登場
      ■攻めの分野でITの利活用にに励んだ企業として、経済産業省の「攻めのIT経営中小企業百選」に選定されました
  • 2018年
    • ■カット野菜の需要増大にお応えするため、カット野菜工場を増設し、処理能力を3割高めました
  • 2019年
    • ■倉敷美観地区入口に和食レストラン「ゆうなぎ 倉敷本店」をオープン(地元の食材を提供することにこだわっています)

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 5.6年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 12.9時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 5.1日
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 倉敷青果荷受組合 
〒710-0833 岡山県倉敷市西中新田525-21
採用担当 真木(まき)

受付電話番号:086-425-1110
E-mai: maki-a@kuraka-g.com
電話:9:00~17:00(土日祝日除く平日)
URL https://kuraka-g.com/
交通機関 倉敷駅からバスで総合市場前下車徒歩3分

QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp205146/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
クラカグループ【倉敷青果荷受組合・クラカアグリ(株)・クラカコーポレーション(株)・クラカフレッシュ(株)】と業種や本社が同じ企業を探す。

あなたの閲覧傾向にマッチした企業はこちらです。

クラカグループ【倉敷青果荷受組合・クラカアグリ(株)・クラカコーポレーション(株)・クラカフレッシュ(株)】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
クラカグループ【倉敷青果荷受組合・クラカアグリ(株)・クラカコーポレーション(株)・クラカフレッシュ(株)】と特徴・特色が同じ企業を探す。

トップへ