最終更新日:2021/3/29

入間川ゴム(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • タイヤ・ゴム製品

基本情報

本社
埼玉県
資本金
1億円
売上高
23億円(2020年3月期)
従業員
130名(2021年2月1日現在)
募集人数
若干名

業歴は長い会社ですが、「世代交代」を推進中。積極的に若い社員を募集しております。

  • 積極的に受付中

採用に直結した工場見学を中心とした会社説明会開催します。 (2021/02/15更新)

PHOTO

皆さん、こんにちは!
入間川ゴム(株)採用担当です。

弊社の採用ページをご覧いただき、ありがとうござます。
今年度は営業職及び技術系職の募集を行います。

新型コロナウィルス感染予防の対策を十分に行ったうえで、3月から7月に掛けて対面での会社説明会を複数回開催します。具体的なスケジュールは、セミナー画面でご確認ください。少人数かつ短時間での実施で、工場見学が中心となります。仕事内容の説明は、営業部と技術部の若手社員が行います。また、工場見学の案内は技術部の若手社員が行います。様々なご質問にお答えします。ぜひ会社説明会へのお申込みをご検討ください。

弊社にご興味を持たれましたらマイナビからエントリーのうえで、会社説明会申込みを行ってください。

皆さんとお会いできることを、社員一同楽しみにしています。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
若手社員は仕事を通じて学びながら、一歩一歩成長していく。ゴムの知識は入社後にしっかり学べるので、入社時点では基礎的な科学の素養と探求心があれば問題ない。
PHOTO
本社敷地内の自社工場。身近な日用品からロケットの部品まで、ここからさまざまな製品が生み出され、世に送り出されていく。

80余年の歴史と無限の未来への挑戦

PHOTO

「弾力性・耐久性に優れたゴムは、配合設計によって様々な特性を持たせることができる無限の可能性を秘めた素材」と語る清水社長

入間川ゴムは1933年の創業以来、「一流の信用、一流の品格、一流の商品」との社是のもと、80年以上にわたり、一貫してゴム製品の製造と開発に従事して参りました。

今日では、ゴムシート及び工業用ゴム製品のメーカーとして、その技術と品質が評価され、あらゆる産業において社会に貢献しています。国産ロケットなどの国家規模のプロジェクトから身近な車両・機械まで、幅広い領域において弊社製の高機能ゴムが部品として採用されております。

企業を取り巻く環境は日々厳しさを増しており、これまで以上のスピードで変革していくことが求められる時代です。現在、弊社は中期経営計画「NexTreme2022」に取り組んでおり、80年以上にわたって培ってきた技術を武器に、30代前半の若い社長のもと、若手社員が中心となって、新たなビジネスの創出に向けてチャレンジしています。一緒に会社の未来を創っていく仲間をお待ちしています。

(代表取締役社長 清水佑樹)

会社データ

プロフィール

1933年(昭和8年)創業。創業以来一貫してゴムに取り組んできた会社です。

「一流の信用、一流の品格、一流の商品」この社是のもと、ゴム製品の製造・開発の仕事をしております。

日々、変化するお客様のニーズに応え、「一流のクオリティ」をめざし、現在も成長し続けている会社です。その結果、私たちのつくる品質は、国内だけでなく海外でも高く評価されています。

「ISO-9001:2015」に認証・登録、継続して品質改善に取組んでいます。
「エコアクション21」に認証・登録、環境に配慮した経営を行っています。

今後も「一流主義」を徹底し、愛される企業として日々精進しています。

事業内容
(1)ゴム製品、合成樹脂製品の製造及び販売
(2)以上に付帯関連する一切の事業

PHOTO

1933年の創業以来、80年以上にわたり、ゴムのエキスパートとして、生活用品から自動車・鉄道車両・宇宙ロケット・ITまで、あらゆる分野の製品を製造しています。

本社郵便番号 350-1305
本社所在地 埼玉県狭山市入間川1-15-40
本社電話番号 04-2953-3131
創業 1933(昭和8)年8月
設立 1941(昭和16)年4月
資本金 1億円
従業員 130名(2021年2月1日現在)
売上高 23億円(2020年3月期)
事業所 ◆埼玉本社
 〒350-1305 埼玉県狭山市入間川1-15-40(西武新宿線狭山市駅徒歩8分)
◆大阪支店
 〒577-0006 大阪府東大阪市楠根1-8-3(地下鉄中央線長田駅徒歩15分)
◆名古屋営業所
 〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山3-12-13(JR・地下鉄金山駅徒歩10分)
業績            売上高      営業利益
2020年3月期   22億5,700万円    5,154万円
2019年3月期   24億4,033万円   10,488万円
2018年3月期   24億5,300万円   16,800万円
2017年3月期   21億9,800万円   16,500万円 
平均年齢 男性:34.4歳 女性:40.6歳 全体:35.5歳
平均勤続年数 男性:13.1年 女性:12.9年 全体:13.0年
沿革
  • 1933年
    • 創業者故清水逸平が埼玉県狭山市入間川に創業、入間川ゴム製作所と称し医療用、運動用、玩具用ゴム製品を製造。
  • 1940年
    • 政府指令ゴム企業第一次整備に当たり、被整備7工場を買収し、(有)入間川ゴム製作所を設立。
  • 1942年
    • 陸・海・軍需3省の共同管理工場となり、大型電槽、防弾ゴムなどの軍需製品を製造。
  • 1945年
    • 入間川ゴム(株)に改称。民需生産に切り替え、医療用、工業用ゴム製品、自転車タイヤを製造。
  • 1947年
    • ホース、ゴム板を製造開始。
  • 1948年
    • 皮貼球技ボール製造に着手。
  • 1950年
    • 東京都千代田区丸の内、三菱仲11号館に東京事務所を開設。
  • 1960年
    • 東京都千代田区丸の内、交通公社ビルに東京事務所を移転。
  • 1963年
    • 名古屋営業所、大阪営業所を開設。清水逸平会長、清水夏樹社長に就任。
  • 1964年
    • バレーボール、バスケットボールが世界的スポーツイベントの使用球となる。
  • 1973年
    • 完全週5日制を実施。(年間250日、2,000時間)
  • 1977年
    • 難燃性ゴム「FR-100」がUL94V-Oに認定される。
  • 1984年
    • 本社を東京事務所に移転登記。BRH工場を新設。
  • 1989年
    • スポーツ用品事業部を分離、独立。
  • 1990年
    • RS工場新設。
  • 1994年
    • 立体自動倉庫竣工。労働時間短縮。(年間245日、1,960時間)
  • 1995年
    • 清水夏樹会長に、清水秀樹社長に就任。
  • 2002年
    • ISO-9001:2000の認証・登録。執行役員制度導入。
  • 2004年
    • CO2排出削減のためボイラーを重油から天然ガスに切替。
  • 2008年
    • エコアクション21認証・登録。
  • 2009年
    • 東京本社を本社工場に移転。ISO-9001:2008に更新。子会社4社を吸収合併。
  • 2010年
    • 東京分室を本社営業部と一体化し、本社工場に移転。
  • 2013年
    • 細井達男社長に就任。
  • 2016年
    • 清水佑樹社長に就任。
  • 2018年
    • ISO-9001:2015に更新

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 13.0年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 12.3時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13.0日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 0名 1名 1名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 0名 0名 0名
    2019年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 4.0%
      (25名中1名)
    • 2019年度

先輩情報

若手でも多くを経験できる
K.I
2018年入社
27歳
東京農工大学
工学部
技術部
設計開発
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 入間川ゴム(株)(IRUMAGAWA RUBBER CO.,LTD.)
 総務部
〒350-1305 埼玉県狭山市入間川1-15-40
TEL:04-2953-3131
FAX:04-2954-0260
URL http://www.irumagawagomu.co.jp/
E-mail sohmu@irumagawagomu.co.jp
交通機関 西武新宿線「狭山市駅」西口より徒歩8分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp205323/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
入間川ゴム(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

あなたの閲覧傾向にマッチした企業はこちらです。

入間川ゴム(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ