最終更新日:2021/11/25

東京信用金庫

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合

基本情報

本社
東京都
出資金
62億823万円(2021年9月)
当期純利益
41億2,639万円(2020年4月~2021年3月)
役職員数
696名(2021年9月)
募集人数
31~35名

池袋を中心とした東京の城北地区と埼玉の南部を基盤とする、地域の中小企業や個人のお客様にとって“最も身近で、最も頼りにされる金融機関”

  • My Career Box利用中

エントリー受付開始のお知らせ (2021/11/25更新)

PHOTO

【エントリー受付開始について】
2023年3月卒向けエントリー受付を開始しました。
皆様のご応募お待ちしております。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
得意先課担当の栗原さん。野球で培ったコミュニケーション力と明るさを売りに、お客様から愛されている。どんな相談にも応じられるよう、日々、勉強中。
PHOTO
後方事務担当の柴倉さん。さらに成長するために証券外務員等の資格を取得し、今後はテラー業務や融資業務を視野に入れて勉強中。

地域の価値を未来へつなぐ、東京信用金庫。お客様とともに成長できる舞台です。

■本店営業部 得意先課 栗原知徳さん(2016年入庫・政経学部卒) 
 就職活動は、民間企業だけでなく公務員も含め幅広い業界に興味を持ち活動しました。東京信用金庫を選んだのは、地域貢献活動に積極的に取り組んでいるところに惹かれたからです。また、人事部の職員が温かく、丁寧な対応をしてくれたことも決め手の一つでした。
 4月の入庫研修では、社会人としてのマナーや金融に関する基礎知識を学びました。配属後、本店で出納や融資業務を経験し、2018年2月から得意先課で渉外の仕事をしています。東池袋エリアを中心に、先輩からお客様を引き継ぎました。
 お客様の中にはお話し好きな方や、そうでない方など様々で、渉外業務の難しさを感じることもしばしばあります。しかし、明るさとバイタリティーで、地域の方々の信頼をさらに獲得できるよう努力していきたいと思います。
 また、野球が趣味なので休日に地元の仲間と汗を流しリフレッシュしています。育児も一生懸命取り組むように心がけています。仕事もプライベートもより充実させていくことが今後の目標です。

■本店営業部 事務課 柴倉茜さん(2020年入庫・社会学部卒)
 大学時代は主に文化社会学の勉強に励み、就職活動では地域やお客様の身近な存在である信用金庫に興味を持つようになりました。なかでも東京信用金庫は地域とのつながりを大切にしていて特に魅力を感じました。また、女性職員の活躍や働きやすさについての説明を聞き安心して働ける職場だと思い、当金庫を選びました。
 入庫研修では、座学の他にお札の数え方を練習する時間がありました。初めは、早く・正確に数えることがなかなか出来ませんでしたが、練習を重ねるうちに上達していったことが印象に残っています。その後、本店に配属され、事務課で後方事務を担当しています。預金通帳や証書の作成、各種変更手続等、正確さや丁寧さに加えてお客様をお待たせしないための迅速さが求められています。
 入庫当初は戸惑うことも多かったですが、担当業務への理解も深まり少しずつですが「自分が成長している」と実感できるようになりました。今はまだお客様とお話する機会は限られていますが、成長した自分をイメージして日々の業務に励み、自己研鑽に励んでいきたいです。

会社データ

プロフィール

 東京信用金庫は1956年の設立以来、池袋の本店を核に、東京を代表する商業地域である城北地区と、東京のベッドタウンとして発展した埼玉県南部を営業基盤として、地域の中小企業や個人のお客様に金融サービスを提供してきました。
 2021年9月末時点では、預金量1兆1,858億円、融資量7,454億円の、財務内容健全な信用金庫です。
 地域社会やお客様から『最も身近で、最も頼りにされる金融機関』となることを目指し、“地域とともに”さらなる発展、繁栄をすべく活動しています。
 2013年10月には、埼玉県の新座市に、29店舗目となる新座支店がオープンし、2015年5月には30店舗目となる土支田支店が練馬区にオープン、現在大きな発展・成長の時期にあります。
これまで以上にお客様の利便性の向上やお取引先企業の課題解決を推進していきます。
 東京信用金庫というフィールドで、地域の企業やそこに暮らす人々の発展や幸福の実現を支援し、ともに活躍してくださる、バイタリティーあふれる皆様との出会いを楽しみにしています。

事業内容
信用金庫法に基づく金融業務
(預金業務、融資業務、内外国為替業務、証券業務、保険業、信託業務、各種代理業務、公金取扱業務など)

PHOTO

東京信用金庫 本店

本部郵便番号 170-0013
本部所在地 東京都豊島区東池袋1-12-5
人事部電話番号 03-3984-9114
設立 1956年1月
出資金 62億823万円(2021年9月)
役職員数 696名(2021年9月)
当期純利益 41億2,639万円(2020年4月~2021年3月)
事業所 [都内24店3出張所、埼玉6店]
豊島区/本店、要町、椎名町、東長崎
新宿区/中井駅前、新宿、高田馬場、江戸川橋
板橋区/板橋、大山、志村、志村坂下、成増、上板橋
練馬区/中村橋、練馬、大泉、武蔵関、土支田
中野区/中野坂上
杉並区/下井草
台東区/浅草
中央区/日本橋
西東京市/田無
埼玉県/志木、蕨、朝霞、戸田、浦和白幡、新座
関連会社 (株)東信ビルディング
役員 理事長  半澤 進
平均年齢 37歳8カ月(2021年9月末時点・正規職員)
業績推移 決算期    預金量  融資量
─────────────────
2017年3月   8,747  5,880
2018年3月   9,225  6,409
2019年3月   9,650  6,749
2020年3月   10,164  6,908
2021年3月   11,543  7,430
           (単位:億円)
沿革
  • 1956年
    • 3金庫合併により設立
  • 1989年
    • 外国為替公認銀行に認可
  • 1992年
    • (株)東信ビルディング設立(100%出資子会社)
  • 1995年
    • 信託業務開始
  • 2001年
    • 損害保険窓口販売業務開始
  • 2002年
    • 生命保険窓口販売業務開始
  • 2003年
    • 個人向け国債窓口販売業務開始
  • 2006年
    • 投資信託窓口販売業務開始
  • 2010年
    • 豊島区と「業務連携・協働に関する覚書」を締結
  • 2011年
    • 豊島区の「ワークライフバランス推進企業」に認定
  • 2012年
    • ATM手数料の365日無料化
  • 2013年
    • 新座支店開設
  • 2014年
    • 豊島区と「帰宅困難者対策の連携協力に関する協定」を締結
  • 2015年
    • 土支田支店開設
  • 2016年
    • 豊島区の「としまイクボス宣言」に参画
  • 2018年
    • 板橋区の「いたばしグッドバランス会社賞」を受賞

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 11時間
    2020年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-12-5
TEL:03-3984-9114
人事部 人事研修課 採用担当
URL https://www.tokyo-shinkin.co.jp/
E-mail jinji@tokyo-shinkin.co.jp
交通機関 JR各線、西武池袋線、東武東上線、東京メトロ丸の内線・有楽町線・副都心線 池袋駅下車、徒歩3分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp2063/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
東京信用金庫と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ