最終更新日:2021/4/15

小西化学工業(株)

  • 正社員

業種

  • 化学

基本情報

本社
和歌山県
PHOTO

新しい材料を開発!人命救助に役立つ製品にも挑戦したい

I.T
2020年
富山大学 大学院
理工学教育部 生命工学専攻
研究部
既存製品の製造プロセス改良

就職活動について教えてください

研究が忙しく、就職活動を始めるのが遅れ2月後半からのスタートとなりました。バイオ系を専攻していたので、最初は製薬企業を回ったのですが、私が学んだ有機合成は製薬会社では古い分野で、活かせる範囲が限定されています。「もっとクリエイティブなことをしたい」と改めて化学メーカーに目を向けることにしました。

そこで出会ったのが当社。新しいことにリスクを取ってでも挑戦している、将来性のある会社で働きたいと思い入社を決めました。ラボにこもるだけでなく製造にまで踏み込み、すべてに関われるところも魅力でした。


入社しての感想は?

想像通り、というよりそれ以上ですね。1年目社員のアイデアもすぐ実行させてくれるし、とても話しやすく自由な感じの社風です。

最初は既存製品の製造プロセスをラボスケールで検討し、次に工場でサンプル製造。1年目でスケールアップまで経験できるなんて、大企業では難しいのではないでしょうか。


印象に残っている出来事はありますか?

福井工場に出張し、自分が検討した製品のスケールアップに立ち会いました。製造スタッフと打ち合わせして、実際にやってみると想像もしない結果が。次のスケールアップに向けて、今、詳細なデータを解析中です。

この製品については再度、チャレンジということになりましたが、問題を発見して解決していくことそのものが私には楽しい!難しい課題ほどクリアする喜びがあります。まさに自分がやりたかったことなので、うまくいかなくても苦にはなりません。


ご自身の強みはなんですか?

学生時代からそうだったのですが、独特の直感力が私の強み。他の人が「いったい、何をしてるの?」と不思議に思うことでも、私には道筋が見えていて、思い通りに進んでいるんです。その特徴のおかげで入社後、前例のない方法で試してみたらうまくいった、ということもありました。膨大な量の論文を読み解くより、自分で解を見出していく方が得意なんですよね。

そんな私のことを「めちゃくちゃやな」と言いつつ、怒ることなく自由にさせてくれるのが小西化学工業。社員を成長させてくれる環境なので、やりがいがあります。


これからの目標はなんですか?

いろんな製品で技術革新を起こすようなプロセスを見つけたい。完璧なプロセスにして、収率も品質も上げていきたいと思っています。

それから人命救助的なことにも興味を持っています。たとえば、発展途上国で長持ちするような材料を開発することができたら、多くの人に喜んでもらえるのではないでしょうか。当社が扱っていない材料も、自分の手で開拓してみたいですね。


トップへ