最終更新日:2021/9/13

九州林産(株)【九電グループ】

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 建設
  • 農林・水産
  • 設備工事

基本情報

本社
福岡県
資本金
4億9,000万円
売上高
30億7,100万円(2019年度)
従業員
91名
募集人数
若干名

【林業部秋採用開始!】九電グループの一員として、緑化や造林など環境関連の事業を展開。「自然と緑を愛し、何事にもチャレンジする、元気溢れる人材」が活躍しています。

【ES募集終了】林業部秋採用の募集を終了しました (2021/09/09更新)

PHOTO

こんにちは!
九州林産(株)採用担当の豊福です。

当社のページをご覧いただき、ありがとうございます。
興味を持っていただけた方はエントリーをお願いします。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
【緑化事業】主に九電グループの施設・敷地の緑化や環境保全対策を施工しています。また、官公庁や民間企業の造園、土木工事・工場緑化も多数手がけています。
PHOTO
【造林事業】FSC認証を受けた九州電力社有林の育成管理や国有林・民間林の間伐などの受託事業を通して持続可能な森林管理を行っています。

緑でネットワークをスローガンに、自然を守り緑豊かな環境づくりを通して社会に貢献。

PHOTO

写真左から「人と人とのつながりが深く和気あいあいとした親しみやすい会社です」と岩松さん。「少数精鋭でアットホーム。経験豊富な先輩から多くを学べます」と松本さん。

自然が好きで大学では環境学を専攻。土壌や水質学に関する勉強を深め、自然を扱う仕事がしたいと当社を志望しました。
ビル外構の緑地管理を経験後、昨年1月から延岡作業所へ異動。大分県と宮崎県の間に約300基の鉄塔を建設して送電線をつなぐ大掛かりな工事の一翼を担っています。具体的には、鉄塔の敷地の地盤崩壊を防ぐために芝生を張るほか、傾斜での山水で流速が強まると土砂や崩壊の危険性があるため、流速を弱める目的で編柵などを設置する工事を行います。自然災害などの万が一の時でも県を越えて送電することができる鉄塔工事を通じて、社会インフラに貢献できる喜びを感じています。
まずは、経験豊富な先輩から設計や植栽について学び、敷地保全に関する知識を深めたいですね。そして、一人でも調査できる技術を身に付け、最適な敷地保全対策を提案したいと考えています。さらに将来は、緑化事業でもIoT技術などのテクノロジーを活用できるはず。例えば、動物の食害により鉄塔の足もとの芝生に被害が出ることもありますが、カメラによる監視を行うなど最新技術を使ったアイデアを提案していきたいです。
(緑化部 計画グループ 延岡作業所 松本 崚汰/鳥取環境大学卒/2017年入社)

大学で森林計画や測量学を学んだ私は、環境教育など幅広い事業を手掛ける当社に惹かれて志望しました。木を植え、育て、伐採し、販売する“川上から川下まで”一貫して携われる環境も魅力でしたね。
私が担当するのは、広大な九州電力の社有林のうち4つの山林、約1300haの管理業務です。60年かけて山を育てる計画や国立公園の管理を通じて、その将来の景観まで見据えながら木が十分に育つよう間伐するなど、山林を維持するための森林管理を行います。難しいのは、何十年後の山の姿を想像すること。施業前と施業後では日の入り具合や木の成長まで変わるため、自分自身の目で見てまわることを大切にしています。山林の現状を確認し、作業者の方と話しながら日々取り組んでいます。
今後はドローンやレーザー測量など現在検討を重ねている林業のICT化を確立し、現地の情報を共有できる体制を作っていきたいですね。とはいえ、作業を進めるのは人の手ですから、周囲とのコミュニケーションを大切にしながら会社の発展に貢献したいと思います。
(林業部 森林経営グループ 岩松 昂佑/鹿児島大学卒/2017年入社)

会社データ

プロフィール

当社は、九州電力(株)の前身である九州配電(株)の林業部門から分離独立した九電グループ企業として、1949年3月、大分県くじゅう地域一帯の九州電力社有林(水源かん養林)の育成管理と自然環境保全を目的に設立し、持続的で適切な森林の育成を目指した森林管理を行っています。

その後、1965年からは、九電グループの施設や敷地の緑化及び環境保全対策を主に施工するとともに、官公庁や民間企業の造園工事・工場緑化なども多数手がけてまいりました。近年では、長年培った技術を活かし、皆さまに安らぎの空間を提供するため、指定管理者制度を活用した自治体の公園・農園の管理も手がけ、緑豊かな地域・社会づくりに寄与できるよう努めております。

私たちは、これからもお客さまの声を大切にし、「緑でネットワーク」のスローガンのもと、自然を守り、緑豊かな環境づくりを通して、地域や社会のお役に立てるよう更なる努力を重ねてまいります。

事業内容
1. 九州電力(株)の水源かん養林の受託経営
2. 森林管理事業
3. 木材、その他林産物の生産、加工及び販売
4. 土木工事、建築工事、造園工事、とび・土工工事の企画、設計、施工、監理及びコンサルティングに関する事業
5. 緑化事業及び林業に関する受託事業
6. 園芸用樹木・草木類の生産及び園芸用品・材料の販売
7. 不動産の賃貸
8. 駐車場の経営
9. 環境保全にかかる産業廃棄物の有効利用および資源の再生利用に関する事業
10. 温泉を活用した事業
11. 宿泊施設・公園施設等の運営事業
12. 前各号に附帯関連する事業

PHOTO

本社外観:福岡市南区野間

本社郵便番号 815-0041
本社所在地 福岡市南区野間3-7-20
本社電話番号 092-562-3013
設立 1949(昭和24)年3月30日
資本金 4億9,000万円
従業員 91名
売上高 30億7,100万円(2019年度)
事業所 ・本店・福岡営業所  福岡市南区野間
・北九州営業所    北九州市小倉北区米町
・佐賀営業所     東松浦郡玄海町
・長崎営業所     西彼杵郡長与町
・松浦事業所     松浦市志佐町
・大分営業所     大分市大字青崎
・玖珠事業所     玖珠郡九重町
・熊本営業所     熊本市東区健軍
・苓北事業所     天草郡苓北町
・宮崎営業所     宮崎市江平西
・延岡作業所     延岡市塩浜町
・鹿児島営業所    鹿児島市下荒田
・林業部       由布市湯布院町
業績  決算期    売上高    経常利益
────────────────────
2019年度     3,071     191
           (単位:百万円)
株主構成 九州電力(株) 100.00%
主な取引先 九州電力(株)
九電グループ会社
官公庁・民間企業
平均年齢 42.9歳(2019年度末)
沿革
  • 1949年3月
    • 九州林産(株)設立
  • 1950年
    • 南由布製材工場開設
  • 1965年
    • 造園事業参入
  • 1968年
    • 造園工事業大分県知事登録
  • 1970年
    • 造園工事業建設大臣登録
  • 1973年
    • 造園工事業建設大臣(一般)許可
  • 1976年
    • 造園工事業建設大臣(特定)許可
  • 1985年
    • 土木工事業建設大臣(特定)許可
  • 1991年6月
    • CI導入
  • 1999年7月
    • 本社ビル(福岡市南区野間3丁目)竣工
  • 2001年10月
    • ISO9001認証取得
  • 2003年2月
    • 建築工事業大臣(特定)許可
      とび・土工工事業大臣(特定)許可
  • 2005年3月
    • FSC(森林管理認証)取得
  • 2009年2月
    • エコアクション21認証取得(本店及び福岡営業所)
  • 2010年2月
    • エコアクション21認証取得(全社)

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15.3年
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10.4日
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒815-0041
福岡市南区野間3-7-20
九州林産(株) 総務部総務グループ 採用担当 豊福
TEL:092-562-3013 
URL ホームページ
http://www.q-rin.co.jp/

採用ページ
https://recruit.q-rin.co.jp/
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp206634/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
九州林産(株)【九電グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
【有力企業グループ特集】九電グループ

トップへ