最終更新日:2021/6/29

(株)ジェイ・ミッション【カーブス寝屋川緑町、ベル大利、香里園、萱島】

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • フィットネスクラブ

基本情報

本社
大阪府

特集記事

女子学生ナビ

トレーニングを通じて笑顔の輪をつなぎ、みんなでハッピーに!

充実のシゴトスタイル

PHOTO

スタッフ、お客様、そこに集うみんなを笑顔にするカーブスの魅力

女性専用フィットネスクラブ、Curves(カーブス)のFC店を、大阪府寝屋川市を中心に展開するジェイ・ミッション。そんな同社で活躍中の3名に、お話をお聞きしました。


川満 未有名さん
カーブスアルプラザ香里園 店長
2017年入社

竹内 奈那さん
カーブス寝屋川萱島 リーダー
2017年入社

三宅 小春さん
カーブスアルプラザ香里園
2019年入社

店長として奮闘しながら、笑顔溢れるハッピーな空間で、充実した毎日を送っています。

「あなたのおかげで体調が良くなった」そんなメンバーさんの言葉が本当に嬉しい!成果も見せていただけて、そのうえ感謝もされて。メンバーさんがいるからがんばれます。

私は高校生の頃からダンスをしていて、大学時代にはインストラクターとしても活動していました。また、アルバイトで接客業の経験もあったので、運動と接客を掛け合わせた仕事に就きたいと思っていました。そこで、就活の際にカーブスを見学したんです。そこではお客様にもスタッフにも笑顔が溢れ、活気があり、ポジティブな空気が満ちていて。なんてハッピーな空間なんだろう!と感動し、入社を決めました。

私は2017年の寝屋川萱島店の新規オープン、そして2019年のアルプラザ香里園への店舗移転に伴うリニューアルオープンと、2回の店舗立ち上げに携わっています。2店舗とも店長というポジションでの立ち上げでしたので、とても大変でしたが、その分やりがいも大きく、いい経験となりました。特に、1回目の立ち上げ時はまだ入社して3カ月ほど。戸惑うことも多くありましたが、もともとスポーツが好きでしたし、人と話すのも、チームプレイも苦手ではありませんでした。だからカーブスの業務自体にはすぐ慣れましたし、やりがいや楽しさを感じていました。ですが店舗の立ち上げや店長の仕事は、初めて経験することばかり。
店長となると、自分のことだけではなく、お店やスタッフのことも考えなくてはいけません。考えることの多さに、時にはくじけそうになりましたが、必死になって取り組みました。いま考えてみると、入社間も無い社員に大きなチャンスをくれる会社に、懐の深さを感じていますし、良い体験をさせていただき感謝もしています。ですが、当時はそんなことを考える余裕もなく、目の前のことをこなしていくのに精一杯でした。

今現在はオープンから2年経ち、よくやくひと段落したのですが、落ち着いて考えられるタイミングになったからこそ、店長職の責任の重さを実感しています。マネジメントの難しさを感じ、自分の力のなさにヘコむこともありますが、それ以上にやりがいを感じています。毎日、充実していますし、大変なことがあっても、がんばろう!と思える。それは、スタッフとお客様の存在があるから。就活時の見学で目にした、笑顔と活気溢れるハッピーな空間の中で、楽しい時間を共有するスタッフやお客様にいつも力をもらっています。そして、その一員でいられることに大きな喜びを感じています。
(川満さん)

お客様と距離が近く、自分の存在意義を実感できるから、いつも前向きでいられます。

カーブスのメンバーさんはもちろん、カーブスに来られていない方にも、身体を動かすことの大切さを伝えたい。健康な人が一人でも増えたらと願っています。

私は大学時代、チアリーディング部に所属し、部活動が生活の中心になるほど熱中していました。部長として活動し、日本代表として世界大会に参加するという貴重な体験もさせていただきました。
チアリーディングの活動を通じて身体を動かすことの楽しさを知り、そしてそんな中で身につけたのが笑顔でした。チアリーディングのパフォーマンスにおいて、笑顔は基本です。最初は意識して笑顔を作るのですが、チームみんなの笑顔を見ているうちに、いつの間にか自然に笑顔が出るようになり、そして笑顔になると気分も楽しくなるんです。そんな経験を活かし、笑顔になれるお手伝いがしたいと思ったのが、この会社に入社を決めた理由です。

就活の際にカーブスの店舗を見学したのですが、スタッフの人たちはみなさん笑顔でお客様をサポートしていて、お客様たちも笑顔で一生懸命トレーニングに取り組まれていました。そんな光景を見て、ここなら私にも貢献できることがあるんじゃないかと感じました。
カーブスではお客様をメンバーさんと称し、お声がけする際は下の名前で呼ぶのがルール。最初は、初対面の方に対しても下の名前で呼ぶことに、少し戸惑いました。ですがそれもすぐに慣れました。下の名前でお呼びするからこそ、グっと距離も近くなりますし、親近感が湧きやすくなるんですね。身近に感じられるからこそ、がんばっているメンバーさんを見ると心を打たれますし、もっともっとお役に立ちたいと思える。そして「いつもありがとう。おかげで体調が良くなったよ」というお言葉をいただくたびに、本当に嬉しく、やりがいを感じます。

メンバーさんたちは、ウエストが引き締まった、体重が減った、痛みがやわらいだなど、成果を報告してくださるので、私たちも「よし、もっと良い変化を感じていただこう!」と、常にモチベーションを保つことができます。私はもともと人見知りだったのですが、メンバーさんたちとのコミュニケーションのなかで、いつの間にか人見知りが克服でき、初対面の方とも気負うことなくお話できるようになりました。
まだまだカーブスのことを知らない方もたくさんいらっしゃると思います。だからもっとカーブスの素晴らしさを広めたい。身体を動かすことの楽しさを知っていただきたい。そのために、自分にできることを考え、取り組んでいきたいと思っています。
(竹内さん)

人の人生をより良く変えることができる、やりがいのある素晴らしい仕事です。

さまざま年代の方と接することで、自分の知識もどんどん増えていく素敵な職場です。メンバーさんはもちろん、スタッフのみんなからも頼りにされる存在になりたいです。

私は大学時代に健康・スポーツ学科で学び、将来は健康やスポーツに関する仕事に就きたいと考えていました。子供の頃から水泳や少林寺拳法など、常にスポーツ系の習い事をしていて、何をするにしてもいつも考えていたのが、指導者になりたいということでした。そのため大学では保健体育の教員免許を取得。高校から大学卒業まではソフトボール部に所属し、全国大会への出場経験もあります。だから身体を動かすことは、私にとって日常。目標を設定し、そこに向かって取り組むことも、自分自身の中に浸透していたので、仕事にもすぐに馴染めました。
教師になるという選択肢もありましたが、就活時にカーブスを見学し、即決しました。私はあまり迷わないというか、直感で行動するタイプ。何事もすぐ決断する性格なんです。家族はいつも私の意思を尊重し、やりたいことをやりなさいと言ってくれていたので、すぐに賛成してくれました。祖母に至っては私の薦めでカーブスに入会し、以来ずっと運動を楽しんでいます。

筋トレは正しく継続すると、必ず成果を得られます。例えば痛みがある場合、痛みを感じたくないから動かさないようにするというのは、よくあることです。ですが痛みがあっても正しくトレーニングすることで、痛みが緩和されたり、取り除けたりすることがあります。だから実践していただくことによって、「痛いから動かしてはいけない」という考えを「痛いけど動かせば痛みがなくなる」に変えられるんです。そんな風に、今までずっと持っていた考え方を変えらること、人生をより良い方向に変えられることに、大きな意義とやりがいを感じます。

カーブスに通われているメンバーさんは、運動をあまりしてこなかった方が多くいらっしゃいます。ですがしんどいことを乗り越えた時には、成功体験が待っています。その成功体験で得られる充実感を感じていただきたい!そんな想いでメンバーさん一人ひとりに寄り添っています。カーブスでの仕事は、人の人生をより良く変えることができる、素晴らしい仕事です。メンバーさんの成果を目にし、自分が人の役に立てたことを日々、実感することができます。
スタッフ同士も仲が良く、みんながメンバーさんのお力になりたいと思いをひとつにし、取り組んでいます。スタッフとメンバーさんが力を合わせ、同じ目標に向かっている。そんな一体感を感じられるのも、この仕事の魅力です。
(三宅さん)

学生の方へメッセージ

何がしたいのかわからなかったり、どんな仕事に就きたいのか決まっていない場合は、とにかくたくさんのセミナーや会社見学に行くのがおすすめです。いろいろな場所でさまざまな人に会うことで、ヒントが見つかるかもしれません。当社にもぜひ見学に来て欲しいです。笑顔やありがとうの言葉が溢れてる場所。この会社、そしてカーブスは、そんな素敵な職場です。
(川満さん)

自分に何ができるのかやどんな仕事が合っているのかなど、焦って考える必要はないと思います。私も卒業ギリギリまで何をするのか、何がしたいのか決められませんでした。じっくり考えて、そしていろんなことにチャレンジしてみることで、興味が持てたり、楽しいと思えることに出会えると思います。だからまわりの人と自分を比べず、そして流されず、自分らしさを大切にして欲しいと思います。
(竹内さん)

身体を動かすことや人と話すことが好きな人には、当社の仕事は向いていると思います。また、トレーニングのサポート技術だけではなく、営業や事務にも取り組め、マネジメントも学べるので、さまざまなスキルを身につけられます。いろんなことにチャレンジできるから、飽きずに仕事を続けられますし、自分の成長を感じることができます。さまざまな年代のお客様との交流も持てるので、知識が増え、視野も広がりますよ。
(三宅さん)

PHOTO
お客様はみなさん楽しんでトレーニングに取り組んでおられ、そしてスタッフもみんな楽しんで仕事をしています。だから雰囲気がとにかく良く、それが当社の自慢です。

トップへ