最終更新日:2021/7/8

日本IBMグループ[グループ募集]

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 情報処理
  • ソフトウエア
  • 専門コンサルティング
  • サービス(その他)

基本情報

本社
北海道、広島県

特集記事

女子学生ナビ

マネージャーと若手エンジニア。2人の女性社員が語った、日本IBMグループの魅力に迫る

女性エンジニア・研究開発者のシゴトスタイル

PHOTO

好きな街で、素敵にキャリアアップしていく先輩たち

広島で生まれ育った丸川さんと、広島の魅力に取りつかれた都築さん。好きな土地に住み続けながらも、グローバル企業で社会基盤を支える仕事に携わる2人。日本IBMグループの魅力や仕事のやりがいについて伺った。

■丸川 咲子さん
日本アイビーエム中国ソリューション株式会社(IGSCH)
デジタルビジネスソリューション推進部
アドバイザリーITスペシャリスト
2003年入社

■都築 瞭さん
日本アイ・ビー・エム共同ソリューション・サービス株式会社(CSOL)
業務統括開発第一部
ITスペシャリスト
2019年入社

生まれ育った広島から、世界を駆けるグローバルな仕事に挑戦!

丸川さんの趣味は海外旅行で、コロナ禍以前は、毎年欠かさずどこかの国に出かけていたそうだ。今は近場の温泉を訪れてリフレッシュしているという。

私の勤務するIGSCHは、大手自動車メーカーを対象としたシステム構築、運用業務を手がける会社です。お客様企業の内部で使われるシステムや、自動車のユーザーに向けたサービス提供を行うためのシステムを手がけています。例えば、自動車の生産管理システムや販売会社に自動車を届けるための物流システム、エンジニアが自動車の設計を行うためのシステムなど、その内容は多岐にわたっています。

私が現在携わっているのは、コネクテッド・ビークルに使用されるアプリケーション設計です。コネクテッド・ビークルとは、自動車をネットワークにつなげることで、より便利な車の利用、安全な運行、メンテナンスなどに役立てようというもの。私はモバイルアプリケーションを利用してエンジンを始動させたり、エアコンのオン・オフなどを行うためのアプリケーション開発・運用に関わっています。

取引先の自動車会社はヨーロッパ、オーストラリア、アメリカなどに販売網を持つため、各国の拠点にいる方々と、こまめにコミュニケーションを取りながら仕事を進めていく必要があります。業務開始に先立っては現地取引先を訪れ、これからどんなことをしていくのか、お互いどんな開発スタイルをとっているのかなどについて膝を突き合わせて話し合います。開発段階に入るとスタッフは長期出張の機会も多くなりますね。こうしたコミュニケーションを通して視野を広げていくことができる点に、グローバルな仕事の面白さを感じています。一方、難しいのは、主に電話やメールでのやりとりになるため、言語の壁を乗り越えなければならないことです。私は広島で生まれ育ち、学生時代も広島で過ごしました。大好きな地元で働きたいという思いから、地域限定で勤務できる当社を選択したのですが、広島を拠点にしながらも想像以上にグローバルな働き方ができていますね。

昨年8月、マネージャーに就任し、約30人のメンバーを率いる立場となりました。勤怠管理や年間計画の立案・実行、若手の育成など、管理職者としての業務は多岐にわたっています。まだまだ不慣れなところも多いのですが、いろいろな分野の方々から多くの知見が得られる点に楽しさを感じています。
(丸川さん)

システムを利用する多くのユーザーを意識。社会を支える責任ある仕事に大きな手応え

都築さんのオフタイムの楽しみは、大学の頃に好きになった野球観戦。広島、福岡のチームを応援するため、よく球場に駆けつけていたが、いまはテレビ観戦を楽しんでいる。

当社の存在を知ったのは、マイナビを通じてです。特に注目したのは、研修制度が充実している点でした。最低でも半年間という長い研修期間が設けられていたため、ここなら初心者もじっくり学んでいくことができると考えました。その予想通り、半年の研修と実務を通して、2年目ながら大きく成長することができたと思います。

CSOLが手がけているのは、九州地方と中国地方、それぞれの地域で展開する2つの主要銀行間におけるシステムの共同化です。私が担当しているのは、銀行員の方が使用するシステムの開発・運用保守業務。例えば、お客様に向けて金融商品を提案したり情報提供を行う際、お客様にとって、より満足度の高い商品・情報の選定をサポートするものです。

仕事をしていて手応えを感じるのは、金融システムという、世の中になくてはならない仕組みを手がけている点です。例えば昨年、取引先のフィナンシャルグループ内において、銀行同士の統合がありました。これに関連して、大規模なシステム統合を行ったのですが、私も入社2年目ながら、この大型プロジェクトに参加することができました。この時、両行が業務展開している九州では、テレビCMなどを使って大々的なシステム移行についての告知を行っていました。

システム移行を実施する半年前から着々と準備を進め、さまざまな問題をクリアしながらついに完了。本年1月4日から、エンドユーザーの方々が、ATMを使って引き出しなどができるようになったのです。この時、以前までと同じように、何事もなく引き出しや送金などの処理が行えることの大切さを、あらためて実感しました。また、自分のやっていることが、確かに世の中を支えているんだと、確認することができました。こうして、多くの人々の暮らしに貢献できることにやりがいを見出すとともに、日々、影響力の大きな仕事に取り組む難しさも感じています。

実は、私は岐阜県の出身で、広島に来たのは大学に入ってからなのですが、この街がとても好きになり、この街で働き続けたいと思うようになりました。広島にゆかりがなくても、この街が好きで当社を選んだという人は多いですね。好きな場所に住み、世界のIBMグループの一員として、スケールの大きな仕事に取り組めるところは、当社ならではの魅力だと実感しています。
(都築さん)

日本IBMグループの社風と2人の今後のビジョン

やりがいのある仕事と、理想のライフプランを手に入れた2人。着実に実力をつけながら、安心して働き続けられる環境が、モチベーションを根底で支えている。

IBMグループらしさということであれば、ダイバーシティーを尊重する社風が挙げられます。LGBTの方々への理解を深める活動など、全ての人たちが、その持てる能力を最大限に発揮できる環境づくりに努めています。また、育児休職などの休みが取りやすい点も、IBMグループの特徴ではないでしょうか。福利厚生については、制度があってもなかなか使いにくいというケースもあるようですが、当社では気兼ねなく利用することができます。産休・育休に入る際も「安心して休んでください、帰ってくるのを待っています!」とみんなで声を掛けて快く送り出したり、私と同期入社の男性社員も育児休職を取得しています。仕事もプライベートも、みんなで助け合っていこうという意識が浸透しているので、安心して休みを取得することができるのだと思います。
今後はマネージャーとして、チームの力を最大化するためにはどうすべきかという部分を、突き詰めていきたいと思います。そのためにも、みんなのモチベーションを高く保つ方法を考えるとともに、一人ひとりが、働きやすい環境づくりにも取り組んでいきたいと思います。
(丸川さん)

日本IBMグループの魅力は、なんといっても、充実した教育研修制度にあると思います。事実、私もゼロからのスタートでしたが、ふり返ってみると、想像以上に成長することができたと思います。入社2年目にして、少し難易度の高いプログラミングができるようになりましたし、内部設計のみならず外部設計も任せてもらっています。また、当社では業務に関わる知識を深めたい場合、その都度、希望する外部研修を受けることもできます。
社内は和気あいあいとした雰囲気で、一人ひとりのやりたいことを尊重してくれる社風があります。自分のキャリア設計や挑戦してみたい案件などについて、上長と定期的に面談する機会も設けられています。私が次に取り組んでみたいのは、お客様との折衝業務です。これまで設計・開発に関わってきましたが、今後、外に出て仕様決定や要件定義などの上流工程から手がけてみたいと思います。また、技術については、「これは私に任せて!」と言えるような、自分の得意分野を見つけていきたいですね。
(都築さん)

学生の方へメッセージ

仕事は広島を拠点として、さまざまなバックグラウンドを持つ方々と協業しながら進めています。多くの人と連携し、一つのモノをつくり上げていくITスペシャリストの仕事はとてもやりがいがあり、自分自身の成長を実感できるでしょう。また、文系出身者でIT未経験の方でも活躍のチャンスが広がっています。私自身、文系出身でITについては知識ゼロからスタートしましたし、当社における割合も文理半々となっていて、実は文系出身者も多いのです。当社は研修制度が充実しているため、心配はいりません。お客様と会話してご要望の具体的な内容を引き出したり、ドキュメントをまとめたりするなど、文系出身者の真価が発揮できる部分も多くある仕事です。
(丸川さん)

当社は研修制度が整っているので、プログラミングを学んだことのない人でも、着実に修得していくことができます。学生時代の専攻分野についても気にすることはありません。実際、私の同期社員でも、12人中7人がIT未経験者でした。今では、ITを学んできた人たちに引けを取ることなく、バリバリと仕事をしています。
女性の方には、出産・育児などのライフイベントを経ても復帰しやすいかどうかという部分もしっかりチェックしてほしいですね。広島や福岡で社会インフラを支える仕事に取り組みたいという方には、当社は特に魅力的な会社だと思います。
(都築さん)

PHOTO
広島が好きで、この街で働くことにこだわった2人。グローバル企業であるIBMグループならではの多様性を重んじる企業文化が、彼女たちの願いをしっかり受け止めている。

トップへ