最終更新日:2021/9/15

新川センサテクノロジ(株)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 重電・産業用電気機器
  • その他電気・電子関連
  • 精密機器
  • 輸送用機器
  • その他メーカー

基本情報

本社
広島県
資本金
5,000万円
売上高
17億3,000万円(2021年1月)
従業員
140名(2021年2月1日現在)
募集人数
若干名

【選考直結×広島勤務】年間休日125日、有給休暇の取得率70%以上、働き方改革認定企業!

採用担当者からの伝言板 (2021/05/20更新)

PHOTO

こんにちは。新川センサテクノロジ(株)の採用担当者です。
採用ページにアクセスして頂き、ありがとうございます。

上流から下流まで幅広く携わることができ、自分の得意分野を伸ばすことや新たな分野にどんどんチャレンジすることも可能です。
是非、当社までお越しください。
随時、会社説明会を実施しております。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
2015年「愛・地球博」で日本初の浮上式リニアモータカー(愛称:リニモ)が運用されましたが、我が社の変位センサが浮上ギャップ制御用として現在も活躍してます。
PHOTO
低温高圧用変位センサは、JAXAが打ち上げるロケットエンジンのターボポンプ軸振動計測に使われ、過酷な環境下でも、ミクロン単位の変化を正確に検出します。

当社の魅力はここ!!

◆事業優位性:発電機やエネルギープラントの安定稼働に欠かせない
高速なタービンの回転で、電気を生み出す発電機。あるいは貴重な資源を取り出すエネルギープラントや、多岐に渡る製品を作る石油化学プラント…。安定稼働が求められるこれらの設備・機械は、常に万全を保つよう適切な制御や保全・管理が行われています。そんな分野で価値を発揮しているのが、新川センサテクノロジのセンシング技術なのです。当社が提供する【回転機械状態監視システム)】は、発電機用タービンを始めとするあらゆる大型回転機械について、振動計測から解析・診断まで一貫対応します。プラントの保全に欠かせない存在となっており、国内ではトップシェア(2014年/販売台数)。海外での実績も年々増加しています。

◆事業・商品の特徴:宇宙ロケット、新幹線、リニアモーターカーの分野でも活躍
当社製品のもう一方の柱が【産業用応用変位・振動計】。「低温高圧用センサ」というJAXAが打ち上げるロケットのエンジン監視を行うもので、摂氏-250度、圧力25MPaという過酷な環境下でも、機器の変化をミクロン精度で検出します。又、リニアモーターカーの浮上量計測の際は、当社の「浮上制御用センサ」が導入されています。新幹線などのレールを保守する車両に取り付けられ、高速走行中に非接触でレールを計測する「レール変位センサ」というものもあります。当社製品に共通するのは、いずれも「社会インフラを支える技術」であること。当社のセンシング技術は、産業の発展や暮らしの豊かさに貢献しています。

◆社風・風土:入社後3年の定着率100%。有給取得率71.6%
当社では機械系、電気・電子系出身のエンジニアが、それぞれの専門を活かしながら機械設計や回路設計にあたっています。若手エンジニアの定着率も良く、直近5年の入社3年後の定着率は100%。また、有給休暇の取得率が高いのも当社の特徴の一つです。取得率は71.6%で、厚労省発表の全産業平均と比較して約1.5倍になっています。休暇を自身のリフレッシュに有効活用することで、また新たな気持ちで自らの課題にチャレンジできるようになるわけです。あるエンジニアは「世の中を変える、革新的センサを開発するためこの会社を選んだ」と語ります。働きやすい環境の中、全員が社会に貢献したいと意欲を持って、開発に取り組んでいます。

会社データ

プロフィール

計測・制御のソリューションを提供する新川電機(株)の開発・製造部門として長年培ってきた技術をベースに、変位・振動センサから振動監視、解析診断システムに係わる製品・サービスを提供、1994年に新川センサテクノロジ(株)として分社し、更なる技術開発と品質向上に向けて躍進する振動監視計器の専門メーカです。

私たち新川センサテクノロジ製品の大きな柱の一つであるタービン監視計器(TSI*)は、各種センサ~監視~解析・診断まで広がり、タービンのみならず大型回転機械を代表とするあらゆる重要な機械の状態監視と解析・診断に使われています。
また、もう一つの柱である変位計は、新幹線の検測車、ロケットエンジン、原子力発電、半導体製造、磁気軸受などの特殊分野をはじめ、各種産業機械の触角として、また試験研究用として広く使われています。

新川センサテクノロジは、卓越したセンサ技術と解析・診断技術の上に新しい創造と製品開発に取り組んでおり、その技術は国内のみならず、広く海外でも活躍の場を広げています。

*TSI…Turbine Supervisory Instrument

事業内容
【回転機械状態監視システム】領域
開発・設計から製造、サービス・修理に至るまで一貫したサービスを提供しています。
主に3つの部分で構成されます。

○1つ目は「センサ・トランスデューサ」で、振動・回転・位相などの情報を検知するもの。回転機械の状態監視に用いられます。
○2つ目は「状態監視モニタ」。センサの収集した信号を振動振幅に変換、解析側に波形信号を出力します。振動・軸位置・偏心など多様な監視に対応します。
○3つ目は「振動解析・診断システム」です。センサやモニタで取得した振動波形信号を受け取り、周波数や位相を高速で解析します。

発電プラント、エネルギープラント、石油化学プラントなど国内外のプラントで幅広く活用されています。

【産業用応用変位・振動計】領域
産業用応用変位・振動計の開発・設計から製造、サービス・修理に至るまで
一貫したサービスを提供しています。
回転機械だけでなく、多様な設備の監視に使える渦電流方式の変位・振動計です。
非接触で計測できるため、どんな状況の監視・計測でも応用できるという利点があります。
温度特性や長期安定性、耐環境性の点でも優れており、鉄道、リニアモーターカー、ロケットなどと幅広い分野で導入されています。

【テクニカルサポート】
<振動解析・診断サービス>
スペシャリストにより、回転機械の振動解析や診断のサービスを行っています。
プラントのトラブルの40%は、回転機械から生じる振動に起因すると言われます。トラブルの際、振動モニタだけでは異常原因を特定できません。また振動監視だけで判断できない異常もあります。
こうした状況でも、過去の知見を結集して異常の原因を特定。プラントの安定操業につなげる解析・診断サービスを提供しています。

<技術者養成サポート>
安全に対する要求が高まる中、「機械状態監視診断技術者」資格への注目度が高まっています。当社は、この資格の全カテゴリに対応した国内唯一の認定訓練機関でもあります。長年培った振動監視に関するノウハウを活かし、振動診断のスペシャリストを養成しています。

〈主な取引先〉
(株)東芝
三菱日立パワーシステムズ(株)
(株)日立製作所
(株)シンコー
(株)IHI回転機械エンジニアリング
本社郵便番号 102-0083
本社所在地 東京都千代田区麹町4丁目3-3新麹町ビル3F
本社電話番号 082-429-1118
第二本社郵便番号 739-0153
第二本社所在地 広島県東広島市吉川工業団地4番22号
第二本社電話番号 082-429-1118
設立 1994年2月16日
資本金 5,000万円
従業員 140名(2021年2月1日現在)
売上高 17億3,000万円(2021年1月)
売上高推移 18億8,000万円(2019年1月)
17億2,000万円(2020年1月)
17億3,000万円(2021年1月)
事業所 東京本社:〒102-0083 東京都千代田区麹町4-3-3 新麹町ビル3F
広島工場:〒739-0153 広島県東広島市吉川工業団地4-22
主な取引先 (株)東芝
三菱日立パワーシステムズ(株)
(株)日立製作所
(株)シンコー
(株)IHI回転機械エンジニアリング
関連会社 新川電機(株)
新進電機(株)
(株)エス・ワイ・シー
(株)イー・アダプター
SEC of America, Inc.
SHINKAWA Electric Asia Pte, Ltd.
SHINKAWA Electric of Shanghai Co., Ltd.
SHINKAWA Electric of Malaysia Sdn. Bhd.
平均年齢 44.0歳
平均勤続年数 18.2年

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 18.2年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 20.9時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13.2日
    2020年度

先輩情報

必要とされる人材になりたい
K.Y
2017年度入社
28歳
広島市立大学大学院
情報科学研究科 情報工学専攻 卒業
開発・技術本部 センサ・モニタ開発Gr
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒739-0153 東広島市吉川工業団地4-22
TEL 082-429-1118
管理本部 管理グループ
URL http://www.shinkawa.co.jp/sst.html
E-mail recruit@sst.shinkawa.co.jp
交通機関 吉川工業団地(芸陽バス) 徒歩1分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp207767/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
新川センサテクノロジ(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ