最終更新日:2021/4/14

JRAシステムサービス(株)

  • 正社員

業種

  • 情報処理
  • ソフトウエア
  • 受託開発
  • 公益・特殊・独立行政法人
  • レジャーサービス

基本情報

本社
東京都
資本金
5億円
売上高
185億円(2019年12月)
従業員
700名
募集人数
16~20名

競馬ファンのために歩むIT創造カンパニー!!(日本中央競馬会 関連企業)

採用担当者からの伝言板 (2021/03/06更新)

PHOTO

2022年度卒の新規エントリー受付を開始しました。
なお、説明会予約はマイナビにて当社にプレエントリーした際に、マイナビに登録されたメールアドレス宛にご案内するマイページ(会員制ページ)にて行っていただけます。
マイページは、プレエントリーの翌日までにご案内させていただきます。

皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
主な業務としては、勝馬投票券の発売・集計・払戻し等のトータリゼータシステムの運用保守、システム開発及び設計監理を行っています。
PHOTO
また、インターネット、スマホサイトによる「JRA-VAN」競馬情報の提供や電子計算機等のリース事業等幅広く活動しています。

当社の魅力はここ!

PHOTO

日本中央競馬会(JRA)の子会社として、1968年3月に設立され2018年3月に創立50周年を迎えました。

◆JRAシステムサービスとは
わたしたち、JRAシステムサービス(株)は、1968年にその前身として設立された日本トータリゼータ(株)と、1988年に各種競馬開催用機器の安定供給のために設立された、日本レーシングリース(株)およびJRA-VAN事業の更なる拡張のために設立された(株)ターフ・メディア・システムの三社が2007年10月に合併した会社です。日本中央競馬会(JRA)の事業展開に係るトータリゼータシステムをはじめとし、WEBサイト等企画から運用、電算機関係のリースまでを行い、高品質なサービスの提供が出来る企業として、また日本中央競馬会(JRA)が施行する国民的なレジャーである競馬の意義を深く理解し、ますます大きく発展しています。

◆競馬を熟知した企業です
日本中央競馬会の情報処理システムは多岐にわたっており、各システムが密接な関わりを持っています。その上、導入されているシステムが多くのコンピューターメーカーに及んでいるので、各システムの特徴と競馬業務を熟知している当社が、新規システムの導入やバージョンアップなど必要不可欠なシステムを最適な方法で構築し、その後の管理も含めたトータルサービスを提供しています。また、現在では高度技術者集団(スペシャリスト)として、「ソフトウェア開発」や「情報処理システムに係る設計監理」も受託し、システムの安定稼動に大きく寄与し高品質なサービスが提供できるトータルソリューション企業と自負しています。

◆充実した研修プログラムで社員のやる気と技術を伸ばします
当社では、技術者を対象に独自の「社内技術者認定試験」を設けており、社員がより一層高度な技術を身につけることができるよう努めています。また、公的資格取得を目指す社員には通信研修などの惜しみないバックアップを行っており、現在では、高度情報処理技術者・電気主任技術者(2種/3種)・シスコ技術者認定(CCNP/CCDA)など多くの資格保有者が在籍しています。そして新入社員研修では、社会人としての心構えから始まり競馬業務の細部までを習得、その後も必要な時期に社内研修はもちろん外部研修なども実施し、積極的に高度技術者の育成を行っております。

会社データ

プロフィール

当社は、日本中央競馬会(JRA)の関連企業であり、勝馬投票券の発売・集計・払戻等を行うトータリゼータシステムや各種システムの運用保守、システム開発・研究及び設計監理等を行っています。また、各種競馬情報の提供(JRA-VAN)、WEBサイトの企画・開発・制作及び運用、電子計算機等のリース等多岐にわたっています。

事業内容
  • 受託開発
■JRAシステムの開発、運用、保守整備、設計監理及び施工
■競馬に関する情報提供
■JRA電話投票会員の管理
■JRA指定席予約販売制度システムの運用及び会員管理
■中央競馬の勝馬投票に係る電子計算機器のリース
本社郵便番号 135-0034
本社所在地 東京都江東区永代1-14-5
本社電話番号 03-5620-2501(受付は、水曜日~金曜日の10:00~17:00となっています。)
設立 1968年3月11日
資本金 5億円
従業員 700名
売上高 185億円(2019年12月)
事業所 日本中央競馬会競馬場内(札幌、函館、福島、新潟、中山、東京、中京、京都、阪神、小倉)
日本中央競馬会場外勝馬投票券発売所内/全国42カ所
平均年齢 40.8歳(2020年4月時点)
平均勤続年数 18.5年(2020年4月時点)
年間休日 126日(2020年実績)
沿革
  • 昭和43年
    • 日本中央競馬会(JRA)の事業展開に係るトータリゼータシステムの運用保守管理のため、日本トータリゼータ株式会社設立。
      中山競馬場及び東京競馬場にてトータリゼータシステムの運用保守管理業務開始。
  • 昭和51年
    • JRA電話投票システムの運用保守管理業務開始。
  • 昭和55年
    • JRA競走馬情報管理システム(JARIS)の運用保守管理業務開始。
  • 昭和62年
    • JRA各種情報システム開発業務の受託開始。
  • 昭和63年
    • 各種競馬開催用機器の安定供給のため、日本レーシングリース株式会社設立。
  • 平成元年
    • 東京競馬場に設置された競馬場LANシステムの運用保守管理業務開始。
  • 平成3年
    • JRAインフォメーションシステムの運用保守管理業務開始。
      PAT方式電話投票システムの運用保守管理業務開始。
  • 平成4年
    • JRA-VAN事業開始。
  • 平成9年
    • JRA-VAN事業の更なる拡張のため株式会社ターフ・メディア・システム設立。
  • 平成15年
    • ホースレースiスポット運営開始。
  • 平成16年
    • オッズカード関連業務を事業化。
  • 平成18年
    • 東京競馬場で世界最大のターフビジョンの設計監理業務受託。
  • 平成19年
    • 経営の効率化及び更なるファンサービス向上のため、日本トータリゼータ株式会社、日本レーシングリース株式会社、株式会社ターフ・メディア・システムが合併し、新たに「JRAシステムサービス株式会社」としてスタート。
  • 平成23年
    • WIN5発売の運用保守管理業務開始。
  • 平成24年
    • 地方競馬ネット投票の運用保守管理業務開始。
  • 平成28年
    • 海外競馬発売(ネット投票)の運用保守管理業務開始。
  • 平成30年
    • UMACA投票・UMAポートの運用保守管理業務開始。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 18.5年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 11.5時間
    2020年度

取材情報

先輩情報

競馬に関わるシステムの開発
A.S
成蹊大学
理工学部情報科学科
システム開発部トータリゼータ開発課
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒135-0034
東京都江東区永代1-14-5 永代ダイヤビル7F
JRAシステムサービス(株) 総務部人事室
TEL:03-5620-2501(直通)
URL http://www.jrass.jp/
交通機関 東京メトロ東西線、都営地下鉄大江戸線「門前仲町駅」下車徒歩7分
京葉線「越中島駅」下車徒歩11分
東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」下車徒歩13分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp207828/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
JRAシステムサービス(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

あなたの閲覧傾向にマッチした企業はこちらです。

JRAシステムサービス(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ