最終更新日:2021/10/14

(株)富樫組

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 建設
  • 建築設計
  • 住宅
  • 不動産

基本情報

本社
新潟県
PHOTO

文系出身でも活躍できる会社です!

太田 貴己
2020年入社
23歳
文系私立大学
経営学部 経営学科
土木部
施工管理業務

当社に決めた理由

自分が建設業の仕事に興味を持ち始めたのは大学生の時でした。
自分の通っていた大学がある場所は過去に大きな災害を受けている土地、いわゆる被災地でした。大学4年間の間に建物、道路、海岸などの様々な復旧工事が行われ、地域の人々の暮らしが豊かになっていくのを間近で見ていく中で、自分も実際に現場に出て建設業に携われる仕事がしたいと思うようになりました。
建設業の会社説明会へは何社か参加しましたが、自分は高校、大学と文系だったこともあり、就職できても実際にやっていけるか不安を拭えないままでしたが、そんな不安を払拭してくれたのが当社の説明会でした。
実際に自分と同じ文系出身の先輩がいて実績を残していることや、出身大学や学部よりも一個人のやる気や内面の良さを見てくれる会社だと思えました。また会社が全力でサポートしてくれるという言葉か当社を選んだ決め手となりました。


就活でやってよかったこと

分からないことや不安に思っていることは、説明会などで聞いていました。
実際に働いてから後悔するのだけは嫌だったので、自分が思っていることを聞けるチャンスがあれば、小さいことから大きいことまでなんでも積極的に聞いた方がいいと思います。
また、多くの説明会に参加することで、企業を比較することができるので業種や企業などに縛られないことも大事だと思います。


学生時代に努力したこと

学生時代に所属していた運動部ではキャプテンを務めていました。
チームスポーツでもあったため、チームがいい方向に向かうにはキャプテンである自分が信頼されることが重要だと思い、誰にでも出来ることや、みんなが嫌がることを率先して行うよう心掛けていました。ただ全体を見て指示を出すだけでなく、相手が今思っていることや求めていることを感じとれるように、普段からの会話やコミュニケーションも大事にしていました。人と人との対話は、部活以外のゼミ活動やバイトなどでも心掛けていました。


今後の目標

1年目は右も左も分からない状態だったため覚えることで精一杯でした。
自分で「もう大丈夫!」「仕事の流れもバッチリ!」と思えるようになることも大事なことですが、会社の先輩や一緒にお仕事をする他社の方からも「1人前になってきた」と感じてもらえることが大きな目標です。
また、現場での仕事と並行して施工管理技士の資格を取得するための勉強も進め、学科試験は無事合格しました。今は実技試験に向けて日々勉強中です。資格を取得することで、自信をもって仕事に取り組むことが出来るので、現場経験を積みながら日々成長していきたいと思っています。


トップへ